手取り30万の年収とは?生活レベルや家賃目安なども徹底解説!

手取り30万の年収とは?生活レベルや家賃目安なども徹底解説!

生活するにあたってお金は必要不可欠であり、そのために人間は働きます。給与面は就職・転職において重要ですが、なかでも額面だけでなく手取りを意識して仕事選びをすべきでしょう。

ひとつの目標として手取り30万を意識する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、手取り30万の年収はいったいどれくらいなのかを紹介します。

この記事でわかること
  • 手取り30万の年収
  • 手取り30万の生活レベル
  • 手取り30万を目指せる仕事

年収アップを目指す方法や、年収アップを目指す人におすすめの転職エージェントについても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

手取り30万の年収とは?

手取り30万の年収とは?

手取りとは、簡単に言うと給与を受けた際に手元に残る金額です。つまり、給与明細に記載されている額面とは異なります。

手取り30万円の場合は額面がおよそ38万円になるため、年収に換算するとだいたい450万円ほどでしょう。なお、こちらにはボーナスを含んでいません。

 給与は社会保険料・所得税・住民税など諸々が引かれるため、額面よりも手取りは少なくなります。就職・転職をする際は、手取りがどれくらいかをイメージすることが重要です。

社会保険料は勤務先が加入する保険組合や業種により異なるため、事前にチェックしておきましょう。

なお、所得税は5%から45%の7段階に区分されており、所得金額により税率が決められています。

住民税も市区町村により異なる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

参照:国税庁

手取り30万の生活レベルは?

手取り30万の生活レベルは?

実家暮らしの場合

実家暮らしをしている場合、仮に家にお金を10万円を入れていたとしても手元には20万円程度残ります。つまり、残ったお金は自身の娯楽や交際費などに活用可能です。

 平日は仕事をしていて土日など休日はたまに出かけるなど、普段からあまりお金を使わない人にとっては、毎月十分な貯金ができるでしょう。

手取り30万円の人で無理に実家を出る必要がない場合は、貯金をしておき将来に備えるという選択肢も頭に入れておくことをおすすめします。

一人暮らしの場合

手取り30万の生活レベルは?

一人暮らしの場合は、実家暮らしと違い家賃の支払いなど出費は多くなります。そのため、生活レベルは実家に比べて水準は低くならざるを得ないでしょう。

家賃等を含めた出費のイメージ
  • 家賃:80,000円
  • 食費:20,000円~25,000円
  • 光熱費:5,000円
  • 通信費:4,000円
  • 交際費・娯楽費:20,000円

合計134,000円となり、手取り30万円から引いたとして手元に166,000円が残るためそれなりに余裕のある生活ができる金額になります。

仮に、さらに自分で使える金額を残すのであれば、家賃を抑えることも一つの手段です。また、交際費や食費を抑えることで自分に使うお金も増えるでしょう。

夫婦の場合(2人暮らし)

手取り30万の生活レベルは?

夫婦で暮らしている場合、一人暮らしよりも出費は多くなります。だいたいの目安として生活費に以下が必要と想定して計算してみましょう。

夫婦での生活費想定
  • 家賃:120,000円
  • 食費:40,000円
  • 光熱費:10,000円
  • 通信費:4,000円
  • 交際費・娯楽費:20,000円

上記の合計が194,000円となるため、手取り30万円とすると106,000円が手元に残ることになります。貯金できる金額が残ることから、将来を見据えた生活を送れるとも言えるでしょう。

配偶者の給料もプラスされれば、さらに生活にはゆとりがうまれます。

ファミリー世帯の場合

手取り30万の生活レベルは?

ファミリー世帯となれば、配偶者だけに比べて子どものためのお金も必要になるため、より出費は増えます。

 総務省による発表では、2人以上の世帯で1ヶ月の生活費がおよそ26万円(※)と発表されているため、一つの目安にしておきましょう。

手取り30万円とすると26万円必要であれば残りは4万円しか残りません。それだけで交際費・娯楽費はまかなえる金額ではありますが、貯金に回すとすれば若干余裕はない印象です。

生活費による出費に余裕を持たせる場合は、配偶者の収入と合算することも念頭に置いておきましょう。

参照:総務省統計局「家庭調査報告」

手取り30万の家賃目安はどれくらい?

手取り30万の家賃目安はどれくらい?

実家暮らしであれば必要ないかもしれませんが、手取り30万円ともなれば一人暮らし、あるいは結婚をして二人暮らしといったケースも十分考えられるでしょう。

 家賃は手取りの3分の1を目安として考えると、食費や他の生活するうえで必要なお金に余裕を持たせられます。つまり、手取り30万円だと10万円程度が一つの目安となります。

なお、さまざまなお金がかかってくることを想定すると、10万円以下に抑えて8万円~9万円程度であれば無難です。

住む地域により家賃相場は異なるため、事前に入念なリサーチをしておくことが重要になります。

手取り30万の仕事とは?

手取り30万の仕事とは?

各種専門職種

専門職種とは、資格やスキルを活かして手に職がつけられるものです。主に、士業事務所やコンサルタントなどが挙げられます。

職種名 主な仕事内容
弁護士 法律知識を活かし問題を解決する
コンサルタント
  • 企業が抱えている課題を見つける
  • 経営・会計・人事といったさまざまな側面からアドバイスをする
警察官 個人の生命・財産・社会の安全と秩序を守る
薬剤師
  • 薬を薬局で販売する
  • 医師が指示した処方箋に基づいて薬を調合する

給与がそれなりに安定している特徴があり、かつ経験を積めば起業あるいはフリーランスとして活躍できる仕事も少なくありません。

将来的に高年収が期待できる仕事もあり、就職・転職先として視野に入れている人は多いでしょう。

管理職

手取り30万の仕事とは?

管理職とは、一般的には成果への責任と決裁権を持ち、社員を指揮・管理する役割を担う立場にあるです。企業で言うと、部長や課長などは管理職に該当します。

 今までの経験や実績が評価され管理職に就いている、かつ一般社員よりも責任を負うことなどから手取り30万円相当の給与がもらえる場合は少なくありません。

会社の未来を創るためのビジネスリーダーに位置付けられる人材であることから、仕事へのやりがいも感じられるでしょう。

不動産

手取り30万の仕事とは?

不動産業界は、高収入が期待できる仕事の一つです。業界的に個人の成果が給与に反映されやすいことから、手取り30万円を確保できる可能性が期待できます。

大手不動産会社として知名度がある三井不動産の場合、有価証券報告書による平均年収は2019年3月31日現在で12,634,000円(※)です。

あくまで平均ではありますが、毎月手取り30万円は優に超えているため安定した生活を送れるでしょう。

(※:三井不動産株式会社 有価証券報告書

各種大手メーカー

大手メーカーは高収入を得られる可能性があるため、手取り30万円を確保できる期待が持てます。なかでも医薬品メーカーは若いうちから高収入となるケースが少なくありません。

 国内大手となる武田薬品工業の有価証券報告書によると、2021年3月31日現在で平均年収は10,766,000円(※)となります。

インセンティブにより多くの収入を得られる企業があるため、転職の際はチェックしておきましょう。

(※:武田薬品工業株式会社有価証券報告書

各種大手総合商社

手取り30万の仕事とは?

大手総合商社とは、輸出・輸入貿易ならびに国内での物資販売を主な業務とする企業です。就職や転職において高収入という特徴があるため、入社を希望する人は少なくありません。

 国内大手となる伊藤忠商事では、有価証券報告書にて2021年3月31日現在の平均年収が16,278,110円(※)と報告されています。

営業や事務、あるいはエンジニアなどさまざまな仕事があり、各企業で平均年収1,000万円超えとなることから手取り30万円は優に超えられる期待が持てます。

参照:伊藤忠商事株式会社「有価証券報告書」

都市銀行・地方銀行

手取り30万の仕事とは?

銀行員も安定した収入が得られることから、就職・転職先として希望する人は少なくありません。顧客のお金を預かり管理する、企業に融資をするなどが主な仕事内容です。

都市銀行に該当する三井住友銀行の有価証券報告書によると、2021年3月31日現在の平均年収は8,422,000円(※1)となります。

また、地方銀行に該当する池田泉州銀行の場合は、有価証券報告書によると2018年3月31日現在の平均年収は6,361,000円(※2)です。

都市銀行・地方銀行ともに、手取り30万円は十分得られる年収を確保できます。

※1:株式会社三井住友銀行 有価証券報告書
※2:https://www.senshuikeda-hd.co.jp/ir/e-koukoku/securities_report/pdf/180628_02.pdf

手取り30万円を目指すには?

手取り30万円を目指すには?

資格を取得してスキルアップする

手取り30万円を目指すにあたって、資格を取得して就職・転職のためスキルアップを図りましょう。

おすすめ資格
  • TOEIC
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記
  • 医療事務
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

あくまで一例となりますが、転職に活かせる資格を取得しておくことで即戦力とみなされ、内定獲得率もアップする期待が持てます。

副業をする

手取り30万円を目指すには?

副業をすればメインとなる仕事での収入以外にプラスでお金を手にできるため、手取り30万円を目指しやすくなります。

最近では副業を認めている企業も多く、自宅で気軽に取り組める仕事もあるため副収入を得ることは決して難しくありません。

 クラウドソーシングは企業案件となるため副業として稼ぎやすく、取り組む人が多いです。PCがあれば自宅やカフェなど、好きな場所で仕事ができる点も特徴となります。

その他、ブログによる広告収入や配達、動画投稿による収益の確保といった方法もあるため自分に向いている方法を見つけましょう。

転職する

現在の仕事で手取り30万円に届かない場合は、今よりも収入を得るために転職することもおすすめです。

その際、転職エージェントを利用することでプロからのアドバイスを受けながら活動できるため、自分の理想とする働き方を実現しやすくなります。

転職活動のプロであるキャリアアドバイザーが年収交渉もしてくれるなど、サポート体制は手厚いものがあります。

年収アップを目指して転職する際のポイント

年収アップを目指して転職する際のポイント

将来性のある業界を選ぶ

転職する際は、将来性のある仕事を選ぶことで長きにわたり安定した収入の確保が期待できるでしょう。

将来性を判断するポイント
  • テレワークが可能
  • 業界が継続的に成長している
  • 社会的ニーズは低下しにくい
  • AI等に代替されにくい

テレワークを導入する企業が多いことから、出社することなく自宅で仕事ができる職種はおすすめです。

また、業界的に成長しており社会的ニーズも高い職種も、安定して収入を得られる可能性があるでしょう。AIに代替できない仕事も、活躍の場を失いにくいため将来性があると言えます。

エンジニアや医療・介護関連、Web広告関連の仕事は、将来性がある部類に該当するでしょう。

これまでの経験・スキルを活かせる仕事を選ぶ

年収アップを目指して転職する際のポイント

過去に経験したこと、そこで得たスキルを活かせる仕事を選ぶと、転職成功率は高くなります。

企業としては即戦力となる人材を求めている傾向にあるため、うまくアピールすることで内定獲得への期待が持てるでしょう。

応募条件として、経験者優遇とする求人は少なくありません。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用すれば、プロによるサポートを受けながら仕事探しができます。自分だけでは見いだせない魅力やスキルなどを採用担当者に伝え、内定獲得への支えとなってくれるでしょう。

内定獲得後に、キャリアアドバイザーが企業担当者と年収交渉を実施してくれる場合もあるため、年収アップを図るうえで転職エージェントは活用すべきサービスと言えます。

年収アップを目指すなら適正年収を調べてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            年収アップを目指す人におすすめの転職エージェントは?
            大手となるリクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどは求人数が多く、選択肢が広いためおすすめです。在籍するキャリアアドバイザーも経験・実績豊富なことから、より良いアドバイスやサポートをしてくれるでしょう。
            手取り30万の年収とは?
            手取り30万円の場合は額面がおよそ38万円になるため、年収に換算するとだいたい450万円ほどです。額面金額からは社会保険料や住民税、所得税など諸々が引かれるため、手取りと違うことを理解しておきましょう。
            手取り30万の生活レベルは?
            実家暮らしの場合は、仮に10万円を入れていたとしても20万円は残るため、ある程度好きなようにお金を使えます。一人暮らしになると家賃や食費など諸々が13万円ほどかかったとして、だいたい手元には16万円ほど残る計算です。夫婦の場合は生活費として19万円~20万円ほどかかったとして、手元には約10万円~11万円が残ります。子どもがいる家庭では、総務省によると生活費として約26万円かかると発表されているため、手元には4万円程度残る計算です。これらを踏まえ、手取り30万円では、実家・一人暮らし・配偶者ありでは貯金もできてそれなりに過ごせますが、子どもがいる場合は配偶者の収入が必要となる可能性があります。
            手取り30万の家賃目安は?
            家賃目安は手取りの3分の1とされているため、30万円だとすると約10万円が一般的です。より生活費に余裕を持たせる場合は、8万円~9万円程度が妥当でしょう。
            手取り30万の仕事とは?
            各種専門職や管理職、不動産などがおすすめです。また、総合商社や各大手メーカーなど、一般的に高年収が期待できる仕事に就くと手取り30万円を得られる可能性は高まります。
            手取り30万円を目指す方法は?
            転職をして今よりも収入アップを図る、資格を取得して転職等の際に役立たせる、副業をして収入を増やすといった方法があります。
            年収アップを目指して転職する際のポイントは?
            将来性がある仕事を選ぶことで、長きにわたって働けることに繋がるでしょう。テレワークが可能な仕事や社会的ニーズが低下しにくいもの、あるいはAI等に代替されにくい職種がおすすめです。また、これまでの経験やスキルを活かせる仕事を選ぶことで、即戦力とみなされやすく転職成功率がアップする可能性があります。転職エージェントを活用し、プロによるサポートを受ける方法も外せません。

            まとめ

            この記事では、手取り30万の年収はいったいどれくらいなのかを紹介し、生活レベルや家賃目安なども解説しました。

            社会保険料や住民税など、額面から諸々引かれることを踏まえると、だいたい年収450万円が手取り30万円の目安となります。

            手取り30万円の生活レベルとしては、実家や一人暮らしはもちろん、配偶者ありでもそれなりに余裕を持った生活が送れるでしょう。

            ただし、子どもがいると生活費を差し引いて手元に残る金額は少なくなるため、転職あるいは副業をするなどして収入アップを図る必要性が出てきます。

            家賃は一般的に手取りの3分の1を目安にすると考えられているため、30万円の場合は10万円程度と理解しておきましょう。

            収入アップを目指したい人は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

            記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、上手く活用しながら年収アップ実現を目指して一歩を踏み出してみましょう。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事