20代薬剤師の平均年収は?男女別の違いや年収アップのコツも解説

20代薬剤師の平均年収は?男女別の違いや年収アップのコツも解説

薬剤師は国家資格が必要な専門的な仕事であり、他の職種と比較しても給与水準は高い傾向にあります。特に20代でも年収が高いイメージを持つ人は多いでしょう。

将来的に薬剤師を目指している人であれば、どれくらいの年収になるか気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、20代薬剤師の平均年収や年収アップのコツについて紹介します。

この記事でわかること
  • 20代薬剤師の平均年収
  • 20代薬剤師と他職種における平均年収の違い
  • 20代薬剤師が年収をアップさせるコツ

年収アップを目指す薬剤師におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

20代薬剤師の平均年収

薬剤師

20代の薬剤師の平均年収は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると「404万7200円」です。

薬剤師全体の平均年収は「565万1300円」であるため、まだまだ年収の伸びしろがあるといえるでしょう。

●薬剤師全体の平均年収の内訳

  • きまって支給する現金給与額:39万4200円
  • 所定内給与額:37万1500円
  • 年間賞与/その他特別給与額:92万900円

薬剤師になるためには国家試験を受ける必要があり、その受験資格を得るためには大学・大学院での薬学課程を6年間修了する必要があります。

そのため、薬剤師になる最短ルート(※高校卒業後に薬学部に入学、順調に薬学課程を修了した場合)でも、働き始められるのは24歳からです。

 20代前半の数値では年間賞与の金額が極端に低いですが、これは就職1年目の実績であることを考慮する必要があるでしょう。

20代全体として平均を取った場合の年収は「404万7200円」ですが、実質の20代の平均年収は20代後半の数値である「456万7300円」とも考えられます。

きまって支給する現金給与額 年間賞与/その他特別給与額 想定年収
20代全体 30万6900円 36万4400円 404万7200円
20~24歳 28万9400円 5万4300円 352万7100円
25~29歳 32万4400円 67万4500円 456万7300円

出典:賃金構造基本統計調査(2020年)

なお、定年前である50代までの平均年収は以下の通りです。

  • 30~34歳526万2200円
  • 35~39歳588万5300円
  • 40~44歳609万5300円
  • 45~49歳657万8400円
  • 50~54歳656万700円
  • 55~59歳640万7800円

30代に突入することで年収は500万円を超えて、40代後半から50代前半まで上がり続けます。

30代全体の平均年収で考えると「557万3750円」になるため、20代と比較すると150万円ほど平均年収が高くなることが分かるでしょう。

【男性・女性別】20代薬剤師の平均年収

薬剤師

20代の薬剤師の年収を、男女で比較してみましょう。20代の男性の平均年収は「416万3150円」で、女性は「427万5750円」です。

20代だけで比較すると、男性よりも女性の方が平均年収は10万円ほど高いことが分かりました。

男性の全年齢の平均年収が「623万8500円」、女性は「527万2400円」であるため、30代以降で差が大きくなっていくと考えられるでしょう。

 さらに細かく見ていくと、20代前半だと男性は「336万2400円」、女性は「391万0200円」であり差額は約55万円と大きいです。

20代後半になると男性は「496万3900円」、女性は「464万1300円」であり男性の年収が逆転します。

●男性

きまって支給する現金給与額 年間賞与/その他特別給与額 想定年収
20代全体 31万3400円 40万2350円 416万3150円
20~24歳 27万8300円 2万2800円 336万2400円
25~29歳 34万8500円 78万1900円 496万3900円
全年齢 43万4800円 102万0900円 623万8500円

出典:賃金構造基本統計調査(2019年)

●女性

きまって支給する現金給与額 年間賞与/その他特別給与額 想定年収
20代全体 32万7700円 34万3350円

427万5750

20~24歳 32万5100円 9000円 391万200円
25~29歳 33万300円 67万7700円 464万1300円
全年齢 36万8000円 85万6400円 527万2400円

出典:賃金構造基本統計調査(2019年)

薬剤師の平均年収は勤務先によって変わる?

薬局

薬剤師の年収は年齢だけでなく、勤務先によっても変わります。厚生労働省の同調査によると、従業員の人数の規模が大きくなるほど、平均年収は低くなる傾向にあることが分かりました。

また、従業員の規模から該当する職場は次のように考えられるでしょう。

●企業規模の目安

  • 従業員数10~99人:中小規模調剤薬局・ドラッグストア
  • 従業員数100~999人:中規模・全国チェーンの調剤薬局・ドラッグストア
  • 従業員数1000人以上:全国チェーンの調剤薬局・ドラッグストア

薬剤師の平均年収は40代前半にピークを迎え、「657万8400円」になります。この調査では1,000人以上の規模の平均年齢が低いこともあり、年収が低くなっていると考えられるでしょう。

また、従業員の規模が「10~99人」の場合、平均年齢ときまって支給する現金給与額が最も高いですが、年間賞与は最も低い結果となりました。

平均年齢 きまって支給する現金給与額 年間賞与/その他特別給与額 想定年収
10~99人 48.4歳 43万6300円 86万4500円 610万0100円
100~999人 43.4歳 39万1600円 97万9800円 567万9000円
1,000人以上 36.1歳 37万4600円 90万9400円 540万4600円

出典:賃金構造基本統計調査(2020年)

薬剤師の平均年収は職場だけでなく、働く地域によっても大きく変わります。平均年収が高い都道府県は以下の通りです。

●薬剤師の平均年収が高い都道府県TOP5

  • 山口県780万円
  • 福島県737万4000円
  • 宮城県677万9000円
  • 長野県676万8000円
  • 青森県:661万5000円

最も年収が低い都道府県は沖縄県の「461万4000円」であるため、エリアにより年収に300万円近い差が生まれます。

薬剤師として自分の年収を引き上げるのであれば、働く場所と地域を考えることが大切です。

20代薬剤師の平均年収は他職種に比べて高い?低い?

薬剤師

20代の薬剤師の平均年収が高いかどうか、他の職種と比較してみましょう。今回は、資格が必要なものや一般的な職種をピックアップしています。

次の表から資格が必要な職種の中でも、薬剤師の平均年収は比較的高いといえるでしょう。

きまって支給する現金給与額 年間賞与/その他特別給与額 想定年収
公認会計士・税理士 29万8600円 76万5350円 434万8550円
看護師 29万9100円 62万2750円 421万1950円
薬剤師 30万6900円 36万4400円 404万7200円
介護職員 23万5100円 51万6950円 333万8150円
保育士 22万545円 60万2850円 330万8250円
販売店員 22万5600円 32万9100円 303万6300円
理容・美容師 23万450円 2万9250円 279万4650円

出典:賃金構造基本統計調査(2020年)

また、先程の説明の通り、薬剤師として仕事を始めるのは最も若くても24歳になるため、他の職種よりも経験が少ない点も考慮する必要があります。

 薬剤師の1年目の数値を除いた平均年収は「456万7300円」であるため、この表で最も高い公認会計士・税理士よりも高額になることが分かるでしょう。

また、薬剤師の資格は6年の薬学課程を修了し国家試験に合格する必要があるため、取得の難易度は比較的高いです。

専門性が高いだけでなく、資格の取得難易度の高さから薬剤師の人数が少ないことが、高い年収に繋がっていると考えられます。

20代の薬剤師が年収をアップさせるコツ

薬剤師

キャリアアップを目指す

今の環境で年収をアップさせるためには、キャリアアップを目指すのがおすすめです。20代の若いうちでも、管理薬剤師・エリアマネージャーなどの役職に就くことで、役職手当がもらえます。

 役職手当の金額は職場によって変わりますが、管理薬剤師になることで月額3万円から5万円ほどの手当がつくため、30万円から60万円ほど年収が変わってきます。

しかし、管理職になるにはスキル・技能だけでなく、経験・実績も必要であるため、希望する役職に就くまでに時間がかかるでしょう。

また、管理職のポストが空いていないと就けないことも注意点です。

20代の中でもできる限り高い役職に就けるように努力すれば、年収アップを実現しやすくなるでしょう。

資格を取得する

薬剤師には専門性の高さを証明する資格も存在します。このような資格を取得することで、資格手当が支給されることもあります。

こちらも、職場によって資格手当の有無が異なるため、注意してください。薬剤師が取得できる主な資格は以下の2つです。

  • 認定薬剤師、専門薬剤師
  • 研修認定薬剤師

認定薬剤師・専門薬剤師は、がん、感染制御、精神科、妊婦・授乳婦、HIV感染症の5つの領域において、専門的な技能を持つ薬剤師のことです。

研修認定薬剤師は、研修を受けて自己研鑽した成果について認定された薬剤師資格のことです。認定されることにより、自身のスキルを証明し他の医療従事者や患者からの信頼を高められます。

このような資格を取得している薬剤師は専門性が高い仕事を行えるため、職場で重宝されるでしょう。

このような資格を取得することで、転職する際にも有利に働くことも大きなメリットです。

薬剤師の知識を活かし副業をする

薬

薬剤師の専門知識があれば、アルバイトや派遣でも時給が高くなりやすいです。そのため、本業とは別に薬剤師の知識を活かして副業することで年収を上げることもできます。

本業の仕事が終わった後や、土日など休日に調剤薬局やドラッグストアとして働くことで、その分収入を増やせるでしょう。

 現在の職場で年収が頭打ちになっているときにおすすめの方法です。しかし、副業を禁止している職場があるため事前に確認するなど注意しなければいけません。

就業規則で副業を禁止している企業は存在するため、副業を始める前に会社の規則を確認してください。

また、副業として働くことで休む時間が少なくなるため、体力的にきつくなることも覚悟しなければなりません。

副業するときは体力・体調面と相談しながら、無理のない範囲で実践するようにしましょう。

転職をする

今の職場で年収を高めにくいのであれば、転職をすることも有効な手段の1つです。薬剤師の年収は年齢とともに高くなりやすいですが、職場や地域によっても大きく変わります。

 例えば、従業員規模が小さい調剤薬局などの方が平均年収が高くなる傾向にあります。また、地域にこだわりがないのであれば、給与水準が高いエリアで働くのもおすすめです。

例えば、山口県の薬剤師の平均年収は「780万円」と非常に高く、次に高い福島県より40万円以上も高いです。

給与水準が高い職場・エリアへ転職することで、年収を高められるでしょう。

20代薬剤師が年収アップのために取っておきたい資格

資格

ここでは、20代薬剤師が年収アップのために取っておきたい資格を紹介します。

薬剤師が年収アップのために所得したい資格
  • 認定薬剤師
  • 専門薬剤師

それぞれ、解説しますね。

認定薬剤師

認定薬剤師とは、「認定薬剤師制度」による一定期間の集合研修や自己研修を通して、定められた単位を取得することで、最新の技術や知識を有していると認められた資格のことです。

 自己研鑽に励んでいることを証明する資格であり、20代のうちから認定薬剤師を取得することで、キャリアアップに繋がります。

認定薬剤師は各分野で専門的な研修が受けることができ、3年ごとに更新しなければいけません。

例えば、以下のような種類があります。

認定薬剤師の種類
  1. 漢方薬・生薬認定薬剤師

  2. がん薬物療法認定薬剤師

  3. プライマリ・ケア認定薬剤師

  4. 小児薬物療法認定薬剤師制度

  5. 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

上記の専門分野から自分のキャリア形成において、取得したいものを選択して、認定専門資格を取得していくのです。

どの分野も膨大な時間と費用がかかるので、「本当に必要なのか」よく検討してから行動するようにしましょう。

専門薬剤師

専門薬剤師とは、「特定の分野で薬物療法などの十分な知識と技術を有する者」として認められた薬剤師です。

特定の分野で専門的な知識と技術を認められた薬剤師という点では、認定薬剤師と大きな違いはありません。しかし、専門薬剤師になるためには認定薬剤師の資格を取得していることが必須条件です。

 そのため、専門薬剤師の方が上位資格として取り扱われるケースがあります。

専門薬剤師を取得は、医療従事者や患者から信頼されるので、キャリアップに繋がる可能性は高いと言えるでしょう。

20代薬剤師年収アップ!転職の手順を解説

転職エージェントを利用する薬剤師

薬剤師が年収をアップさせるためには、転職の手順をどのように踏めばよいのでしょうか。間違った方向性で転職を進めてしまうと時間の無駄になりかねません。

よって、努力の方向性を間違えないことが大切です。ここでは、20代薬剤師が年収をアップさせる転職の手順を解説します。

転職理由を明確にする

まずは、転職理由を明確にしましょう。転職理由を明確化することで自分に合った転職先を絞ることができるので転職が成功しやすくなります。

 また、20代の場合は面接官に「すぐに辞めてしまうのでは」と勘繰られる可能性も否めません。

その懸念を払拭させるためにも転職理由を決めることが、年収アップの転職に成功するコツです。

面接では必ず「転職理由」が聞かれるため、転職理由が曖昧もしくはネガティブな理由だと面接官からの評価が下がることは確実です。転職理由を明確にすることは、面接対策にも繋がってきます。

転職理由を明確にした後は、面接で活用できるように言語化しておきましょう。

職場に求める条件を明確にする

職場に求める条件も明確にするようにしましょう。なぜなら、自分が働きたい職場環境でなければ転職してもすぐに辞める可能性があるからです。

せっかく転職するならば、理想の職場で働きたいですよね。

とはいえ、「給料が高く、福利厚生が充実していて、残業が少ない」このような条件の職場を探すのは難しいでしょう。

そこで、重要なことは自分にとって譲れない条件・譲れる条件を定めておくことです。可能であれば、職場に求める条件を書き出して、優先順位を付けておきましょう。

 職場に求める条件を明確化することで、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

転職のスケジュールを立てる

ドライバーへの転職に最適な時期はいつ?

転職活動のスケジュール管理はとても大切です。仕事をしながらの転職活動となると、通勤時間や終業後の時間をうまく利用する必要があります。

転職活動は最短でも3ヶ月はかかると言われており、何も準備をせずに転職活動を始めたとしてもうまくいかない可能性が高いです。

そのため、転職のスケジュールを立てて、計画的に進めることが大切です。

転職エージェントに登録する

年収アップを目的とした転職をしたいのなら、転職エージェントに登録することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントは転職サイトに掲載されていない好条件の求人を取り扱っているからです。

また、企業との繋がりも強いため、あなたに合った求人を紹介してくれます。よって、転職エージェントは転職サイトのように自分で求人を探す手間がありません。

本記事では薬剤師に強い転職エージェントを紹介しているので、まずは登録して「年収を上げる転職をしたい」と伝えてみましょう。

 転職エージェントは2〜3社利用することをおすすめします。

転職先に貢献できることをアピールする

年収を上げる転職で大事なことは、自分のスキルや経験が転職先にどのように貢献できるかをアピールすることです。

アピールと言えば、コミュニケーション能力・真面目さ・明るさなど多くの強みが思いつくかもしれません。

ただ、自分の良い面をアピールしたところで採用担当者の心には響きません。中途採用で重要なことは、自分のスキルや経験をもとに「いかに職場に貢献できるか」を伝えることです。

転職先にどのように貢献できるのかを根拠をもってアピールするようにしましょう。

20代薬剤師が年収アップを目指すなら転職エージェントがおすすめ

握手

薬剤師として年収を上げるために転職するのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは基本的に無料で利用でき、さまざまな転職サポートを受けられるため、1人で転職活動を行うよりも効率が良いです。

まず、最初にキャリアカウンセリングを受けて、どのような転職を望んでいるか相談します。

 カウンセリングの結果をもとに、希望条件に合致している求人を紹介してくれます。そのため、仕事をしながらでも求人を見つけやすいでしょう。

また、転職エージェントでしか出会えない求人も多くあり、1人で活動するよりも好条件の求人と出会いやすいです。

他にも、応募書類の添削や面接対策なども受けられるため、各企業の選考を突破しやすくなります。

内定を獲得した後も、入社日や年収などの交渉を代行してくれるサービスもあるため、安心感があるでしょう。

20代で初めて転職活動する人であれば、適切なサポートを受けられるため転職の成功率を高められます。

20代で年収アップを目指す薬剤師におすすめの転職エージェント3選

薬キャリAGENT

薬キャリAGENT

おすすめポイント
  • 全国の提携転職エージェントの求人を一括検索できる転職サイト
  • たくさんの求人の中から希望に合う求人を見つけることができる
  • 会員登録するとおすすめの転職エージェント3社に登録

提携している転職エージェントの薬剤師の求人を一括検索できるサービスを提供しているのが薬キャリです。

運営しているのは、医療業界分野に特化したサービスを提供し続けている会社、エムスリーなので薬剤師の求人も探しやすいでしょう。

 検索できる求人数の多さが薬キャリの大きな魅力。たくさんの転職エージェントをチェックする必要がありません。

求人特集や転職ノウハウといったコラムも充実しており、転職活動に役立てることもできるでしょう。

自分のペースで転職活動を進めていきたい人に最適です。
運営会社 エムスリー株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 46,185件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 46,185件
対応エリア 全国

出典:薬キャリAGENT

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 薬剤師求人に特化した転職サイト
  • 面談場所が全国各地にある
  • マイナビネットワークを活かした豊富な求人

マイナビ薬剤師は、薬剤師求人に特化した求人検索と転職エージェントを利用できるサービス。薬剤師専任アドバイザーの情報力と交渉力で、希望の転職を叶えます。

 面談を行う場所は、全国に15拠点。地方転職の場合も安心して利用できるでしょう。

薬剤師の転職を助けるコラムやツールも充実しており、はじめて転職活動をする薬剤師にもおすすめです。

転職相談会やセミナーも随時行っているため、転職を考えているけど何から始めればいいかわからないときにもいいでしょう。

運営会社

株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 56,899件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 56,899件
対応エリア 全国

出典:マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 調剤薬局を中心とした薬剤師求人を多数保有
  • 人材派遣も行っておりサポートも充実
  • 全国に相談場所を持つ

ファルマスタッフを運営しているのは、グループ企業に調剤薬局の大手チェーンを持つメディカルリソース。調剤薬局の求人を中心に、薬剤師の求人を多く保有する転職エージェントです。

 人材派遣にも対応しており、派遣薬剤師のための教育制度や福利厚生も充実しています。

全国に12拠点展開しており、求人先には直接足を運ぶことに重点を置いているため、求人票だけではわからない職場の様子を教えてもらうこともできます。

たくさんの求人を保有しており、ハイクラス求人に出会える可能性もあるでしょう。
運営会社 株式会社メディカルリソース
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 人材派遣
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 41,265件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 41,265件
対応エリア 全国

出典:ファルマスタッフ

よくある質問

薬剤師になるためにはどうしたらよいですか?
薬剤師は国家資格であり、国家試験を受験するためには6年間の薬学課程を修了する必要があります。6年制の大学薬学部に入学するか、4年生の医学部などの大学に入学後、大学院に2年間通う必要があります。
薬剤師になるメリットは何ですか?
国家資格が必要な職種の中でも比較的給与水準が高く、安定しています。また、国家資格があれば自身の技術をアピールしやすいため、転職する際にも有利です。
薬剤師は将来性のある仕事ですか?
現在の日本は少子高齢化が進んでおり、医療・介護分野のニーズが高まっています。そのため、薬剤師は今後も必要とされる仕事といえるでしょう。
薬剤師として年収を増やすためにはどうすれば良いですか?
薬剤師の年収は経験年数・職場・地域によって変わります。また資格の有無によっても年収は増減するため、職場を変更するか、資格を取得するのがおすすめです。
薬剤師に求められるスキルとは?
薬剤師には専門的な知識・技術だけでなく、コミュニケーション能力も求められます。利用者に対して適切で分かりやすい服薬指導をする必要があるためです。
薬剤師にはどのような資格がありますか?
薬剤師の国家資格以外にも、専門的な技能を持つことの証明である「認定薬剤師・専門薬剤師」「研修認定薬剤師」などがあります。
薬剤師の転職を成功させるコツは?
薬剤師として転職し、年収を高めたい場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントを使えば効率良く転職を進めるためのサポートを受けられます。

まとめ

この記事では、20代の薬剤師の平均年収年収アップのポイントについて紹介しました。薬剤師の仕事は、専門性が高いため給与水準が高い傾向にあります。

ただし、薬剤師になるためには6年間の薬学課程を修了する必要があるため、働き始めるのが24歳と遅いため、20代全体の年収で考えるとそこまで高くありません。

20代の年収を考えるときは、実質の給与である20代後半(25歳から29歳)までを参考にするのがおすすめです。

薬剤師の年収は資格を取得したり、転職したりすることで高めることができるので、ぜひ検討してみてください。

記事内では無料で利用できるおすすめ転職エージェントを紹介したため、それぞれの特徴を比較しながら自分に合ったサービスを見つけて、年収アップを目指して転職活動を進めてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事