沖縄の転職事情は?地域特性や平均年収、転職を成功させるコツも解説

沖縄の転職事情は?地域特性や平均年収、転職を成功させるコツも解説

沖縄と言えば日本でも有数の観光地であり、のんびりとした独自の文化が根付いているなど、憧れを抱いている人が多い地域のひとつです。

転職先として検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、沖縄の転職事情おすすめの転職エージェントや、沖縄への転職を成功させるコツなどを紹介します。

この記事でわかること
  • 沖縄の転職事情
  • 沖縄の地域特性
  • 沖縄への転職を成功させるコツ

転職する前に移住しても良いかなど、知りたい情報を徹底解説するため参考にしてみてください。

沖縄県の転職事情

シーサー

求人倍率

沖縄の有効求人倍率は、2021年9月の数値が0.73倍となっています。1倍を下回っているため、なかなか転職先を決めることは難しいかもしれません。

なお、全国平均が1.16倍であることからも、いかに沖縄へ移住をして働きたいというUターン・Iターン転職者の多さがわかります。

出典:https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html

沖縄の平均年収

求人ボックスによると、沖縄の平均年収は約301万円(※1)です。年収幅は約264万円~約779万円となっており、キャリアアップができれば高年収が期待できます。

なお、国税庁によると日本の平均年収は約461万円(※2)となるため、沖縄の水準は全国と比較すると低い傾向にあると言えます。

※1:求人ボックス
※2:国税庁ホームページ

転職における沖縄県の地域特性

沖縄の街並み

産業構造・特徴について

まず、仕事を産業別に分けると、以下の3つになります。

沖縄の産業構造
  • 第一次産業:農業・漁業など
  • 第二次産業:建設業・製造業など
  • 第三次産業:観光・商業・ITなど

沖縄は全国と比べて、観光などの第三次産業の割合が多いです。一方で第二次産業の製造業が少なく、平均年収が低くなっているという特徴もあります。

なぜ製造業の割合が低いと年収が低くなるか、その理由は精密機械などの付加価値が高く、工場や製造会社に所属する人の給与が高くなるからです。

 沖縄で高収入の仕事に就きたい場合は、製造業を検索することをおすすめします。

しかし、沖縄で高収入の仕事に就くことは現実的に厳しいです。沖縄は求人自体が少ないため、高収入の仕事は数が限られています

求められるスキル・レベルが高いことも関係しているようです。

観光系職種が人気

店内のインテリア

沖縄は有数の人気観光地ということもあり、観光系の仕事が盛んで人気です。未経験者でも募集があるようなサービス業や販売業であれば、収入は低くなります。

しかし、「なんでもいいから仕事を見つけて沖縄に住みたい」「沖縄の観光業の活性化に貢献したい」という人は検討しても良いかもしれません。

住みやすさも人気の理由

沖縄移住や転職の大きな理由として挙げられるのが、自然豊かな沖縄の住みやすさです。都心のような通勤ラッシュ・人ごみ・騒音などがなく、海やきれいな空気に囲まれて過ごすことができます。

 都心で過ごしていると「隣部屋の人の顔を知らない」というくらいに人付き合いの機会が少ない場合も珍しくありませんが、沖縄はコミュニティがしっかり確立されています。

そのため、人と関わることが好きな人にとって、沖縄は非常に住みやすい人気のエリアです。

ただし、沖縄の人にとって町内会への参加は重要であるように、今住んでいる地域との文化の差については、事前に確認しておくことをおすすめします。

沖縄の転職でおすすめの職種

40代で転職エージェントを利用する人

「沖縄と言えば観光産業」というイメージがあるかもしれませんが、他にも様々な企業が存在します。沖縄特有の事情を知っておくことは、沖縄での転職をするにあたって肝心です。

ここでは、沖縄の転職でおすすめの職種を紹介します。

小売業

沖縄には「サンエー」という大手スーパーがあり、安定した就職先として有名です。

 サンエーは沖縄独自のブランドであり、2020年の沖縄県内企業の売上ランキングによると2位となっています(※)。

今後も店舗数が増える予定で将来性が高いと言えるでしょう。また、沖縄は観光地であることから特産品が充実しているため、小売業には需要があります。

小売業の特徴として正社員だけでなく契約社員やパート、アルバイトなど様々な雇用形態で従業員を募集しています。

働き方も多様であるため、主婦や女性におすすめの職種です。

※参照元:https://www.hurex.jp/column/company/644/#i

観光サービス業

東尋坊 (福井県)

 沖縄県では、医療・福祉に次いで求人数が多い職種が観光サービス業です。

観光サービス業と言っても観光施設や旅行会社、お土産店など様々ありますがその中でも大型リゾートホテルは求人が豊富なため、狙い目と言えるでしょう。

全国展開しているホテルは、福利厚生や給与形態が充実しているところが魅力です。

人とのコミュニケーションが得意な方や観光サービス業に興味のある方は積極的にチャレンジするとよいでしょう。

IT企業

IT企業と言えば東京のイメージが強いかもしれませんが、沖縄県には創業20年を超える大手のIT企業から勢いのあるベンチャー企業まで幅広く存在します。

 ITはオンラインで完結しやすい業務が多く、リモートワークにも対応できる職種です。

また、プログラミングスキルがあると副業でも活路を見出すことができます。「通勤に時間をかけたくない」「副業してお金を稼ぎたい」と思う方は、IT企業への転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

IT企業は実力主義の会社が多いので、自分の腕次第で給与をあげることができます。

金融業

金融業

 沖縄には、琉球銀行など地方銀行が各地に見られることもあり、中途採用を募集しているケースがあります。

また、銀行、保険などの大手金融機関のほとんどは沖縄に支店を展開しています。金融業は他の職種に比べて年収が高い傾向があるのと、雇用が安定しているのが特徴です。

特に、琉球銀行は沖縄県内トップシェアを誇る銀行であることからおすすめの会社です。

金融業は他の職種よりも中途採用が少ないため、転職の難易度は高いと言えるでしょう。

沖縄へ転職する前に移住はOK?

沖縄の家

沖縄への転職は人気ですが、いきなりの移住はおすすめしません。沖縄は求人が少ないうえ平均年収も低いため、転職先が決まっていない状態での移住は生活に影響するからです。

 現在退職していたり貯金が少なかったり、経済的な基盤が無い場合は一度沖縄移住を見送った方が良い可能性もゼロではありません。

また、経済面だけではなく無職は社会的な信用が無いとみなされる可能性が高いです。

無職の状態では、面接にて「仕事が決まっていないのに移住するのは計画性が無い」とみなされたり、賃貸契約を断られたりするリスクがあります。

条件の悪い企業へ入社してしまう可能性もある

ビルで話す人のシルエット

「とにかくどこでもいいから就職しよう」と、焦って決めることで条件の悪い会社へ入社してしまう危険性もゼロではありません。

その結果、結局自分に合わずまた転職しなければならないという悪循環に陥ってしまうと、金銭的・精神的に限界が来てしまいます。

 今の生活から脱却したいという理由や、なんとなく沖縄が良さそうだからという理由だけでアクションを起こすのはハイリスクです。

転職先や住居などの準備を整えたうえで、沖縄への移住という順序で進めていきましょう。

沖縄転職を成功させるコツ・方法

ネクタイを締める男性

転職理由を明確にする

「なぜ沖縄に転職する必要があるのか」を明確にしましょう。転職理由が明確でなければ、転職活動の面接での受け答えができません。

 転職する理由が沖縄にしかないということを面接官へアピールできると、熱意が伝わり高評価に繋がる可能性があります。

何より、自分にとって沖縄に転職してから働き続けるためのモチベーションになることからも、転職活動中にきちんと整理しておくべき要素です。

ハローワークなど職業相談所を利用する

ビジネスバッグを持つ人

ハローワークは国が運営しており、職業紹介業を行っています。求人の紹介や就活相談だけではなく、履歴書作成面接対策のサポートも業務に含まれます。

 ハローワーク等に出向くと、自分の希望や条件と照らし合わせて沖縄の求人を紹介してくれるかもしれません。

さらに、沖縄の企業とハローワークに繋がりがあれば、紹介状を発行して面接を斡旋してもらえる可能性もあります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、ハローワークと同様に無料で利用できるサービスがほとんどです。アドバイザーが求職者を手厚くサポートしてくれるので、登録していて損はないでしょう。

転職におけるサポートだけでなく、エージェントのみが知っている求人を紹介してくれることもあり、求職者にとってメリットが多いサービスとなります。

一人で悩まず、プロの力を借りることも転職を成功させるための方法です。

沖縄での転職エージェントの選び方

沖縄での転職エージェントの選び方

転職エージェントには全国的にサービス展開する総合型転職エージェントと地域に根差したサービスを提供する特化型転職エージェントの2種類あります。

総合型転職エージェントは求人数や転職ノウハウが豊富で誰もが使いやすいサービスになっています。

一方で、特化型転職エージェントは地域の企業と繋がりが強く、特化型でしか知ることのできない地元求人を保有しているのが特徴です。

そのため、総合型転職エージェントと特化型転職エージェントを併用することをおすすめします。

ここでは、これらを併用すべき理由について解説します。

まずは総合型転職エージェントに登録すべき理由

話し合う女性

転職エージェントを利用して転職活動を始める場合は、まずは総合型転職エージェントに登録することをおすすめします。

なぜなら、取り扱っている求人数が多く、転職ノウハウも豊富なため、転職の選択肢をグッと増やせるからです。

 例えば総合型の代表格であるリクルートエージェントは沖縄の求人数は約1,200件取り扱っています。

一方で、特化型のジョブアンテナエージェントの沖縄求人数は約930件で総合型と比べると少ないことが分かります。

「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」が代表的な総合型転職エージェントです。

総合型は大手で担当している求職者の数も多いため「サポートが雑になるのではないか?」と思うかもしれません。

しかし、近年の総合型転職エージェントは書類添削や面接対策など良質な転職サポートが受けられます。そのため、まずは総合型転職エージェントに登録することをおすすめします。

特化型転職エージェントを併用すべき理由

面談

総合型だけではなく、特化型転職エージェントも併用しましょう。

 特化型転職エージェントは、地元企業とのパイプが強く大手ではカバーしきれない求人情報を知っています。

また、地元企業には日ごろから付き合いのあるエージェントにだけ求人を出すケースが少なくありません。

総合型転職エージェントだけの利用だと、地域に根付いた優良企業の求人を見逃してしまう可能性があります。そのため、総合型だけではなく特化型転職エージェントも併用することがおすすめです。

総合型転職エージェントを1~2社、特化型転職エージェントを1社利用するのがベストです。

どんな職種が向いている?適職診断を受けてみよう

今の仕事は本当に自分に合っているのかな...という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。仕事を辞めたい・辛いと感じる方の多くが、今の仕事に向いていないと感じているでしょう。

そんな方は適職診断を受けることをおすすめします。
適職診断でわかること
  • 自分に向いている・適している仕事
  • 自分に合っている会社の環境・社風
  • 自分の性格・パーソナリティ

転職サービスdodaでは、会員登録をするだけで、すぐにこの適職診断を無料で受けることができます。

 あなたに合っている社風を分析し、適している会社名も教えてくれますので、転職のイメージも膨らみやすいでしょう。

dodaの適職診断では自分に向いている仕事が以下のような形で表示されます。無料の診断とは思えないほど、誰にでも詳しくわかりやすい診断結果が出てきますので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断

また自分の性格の分析では以下のような診断結果を見ることができます。簡単な質問に答えるだけなので、手軽に受けることができるでしょう。

doda適職診断



これらの診断結果は転職活動の面談や、企業選びにも利用することができます。転職の成功率もアップするでしょう。

また、現在の収入に不満・不安がある人は同じくdodaの年収査定を受けてみましょう。こちらも簡単な質問に答えるだけで、現在のあなたの適正年収がわかりますよ。

適正年収が現在の年収より高ければ、他の企業への転職で年収がアップするチャンスです。ぜひ一度受けてみましょう。

沖縄県への転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 沖縄の非公開求人を多数保有!
  • 求職者の希望・スキルに合った仕事を厳選して紹介!
  • 独自に分析した企業情報を提供!

リクルートエージェントでは、沖縄県の求人を2021年11月19日時点で公開分408件・非公開分796件のトータル1,204件保有しています。さまざまな職種があるため、選択しやすいです。

 大手ならではの実績により、豊富なノウハウが蓄積されています。各業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者に合った仕事を紹介してくれる点が特徴です。

また、提出書類の添削や面接対策などとともに、キャリアアドバイザーが独自に分析した企業情報を提供してくれる点も魅力です。求人票には載っていない情報を把握できます。

キャリアアドバイザーとの面談は対面だけでなく電話でも可能なため、来所が難しい人でも利用しやすいです。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年11月19日時点 145,043件(非公開求人208,167件)
沖縄の公開求人数※2021年11月19日時点 408件(非公開求人796件)
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 専門スタッフが転職を全面的にサポート!
  • 採用プロジェクト担当が企業との交渉を代行してくれる!
  • スカウトサービスで面接確約オファーが届く可能性がある!

専任制でキャリアアドバイザーが担当してくれるため、転職に関するsプ弾がしやすい環境です。沖縄求人の内定を獲得できるよう、丁寧なキャリアカウンセリングを実施してくれます。

 沖縄求人は2021年11月19日時点で1,174件あり、そのなかから希望に沿った仕事を経験豊富なキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

また、企業に1人採用プロジェクト担当が付いているため、求人票にはない情報を提供してくれる点も特徴です。求職者の代わりに、面接日程の調整など企業と交渉してくれます。

スカウトサービスにより企業側から連絡が届く可能性もあり、沖縄求人からの面接確約オファーが期待できます。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年11月19日時点 108,529件
沖縄の公開求人数※2021年11月19日時点 1,174件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 転職事情に精通したキャリアアドバイザーが業界ごとに専任制で在籍!
  • 企業担当アドバイザーのバックアップも受けられる!
  • WEB・電話面談にも対応可能!

業界ごとに専任制でキャリアアドバイザーが在籍しており、転職事情に精通していることから沖縄へのUターン・Iターン転職の成功率アップを期待できる点が魅力です。

 企業の人事担当者とやり取りをする企業担当アドバイザーも在籍しています。沖縄企業との繋がりから、転職に有益な情報を提供してくれるかもしれません。

キャリアアドバイザーとの面談は対面だけでなく、WEBや電話でも対応しています。働きながら転職活動中など、来所が難しい人でも気軽に相談できるため大変利用しやすいです。

平日だけでなく休日でも面談を実施している場合もあるため、忙しい人でも相談しやすくなっています。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • Web面談・LINE相談
  • 転職ノウハウの提供
  • テーマ別平均年収ランキングの紹介
公開求人数※2021年11月19日時点 31,798件(非公開求人31,834件)
沖縄の公開求人数※2021年11月19日時点 241件(非公開求人56件)
対応エリア 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント

おすすめポイント
  • Uターン・Iターンの転職プランナーが多数在籍!
  • 転職プランナーは沖縄在住者
  • 在籍する転職プランナーはキャリアが豊富な強者揃い!

ジョブアンテナエージェントは、沖縄求人に特化した地域密着型転職エージェントです。県内出身者だけでなく、Uターン・Iターン経験のある転職プランナーが多数在籍しています。

 実際にUターン・Iターン転職をしたプランナーが実体験をもとに転職活動をサポートし、沖縄在住だからこそ知り得た情報などを提供してくれる点が特徴です。

ジョブアンテナエージェントの転職プランナーは、沖縄県内外から海外まで幅広いフィールドでキャリアを積んだ強者揃いです。豊富な知識をもとに、適切なサポートをしてくれます。

沖縄への転職成功事例も紹介されているため、ぜひチェックしてみましょう。
運営会社 琉球インタラクティブ株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 転職成功事例の紹介
公開求人数※2021年11月19日時点 931件(うち県外5件)
沖縄の公開求人数※2021年11月19日時点 931件
対応エリア 沖縄中心(一部県外求人あり)

出典:https://www.jobantenna.jp/agent/

リージョナルキャリア沖縄

リージョナルキャリア沖縄

おすすめポイント
  • 沖縄に密着した転職サポートを実施!
  • 独占案件を多数保有!
  • 両面型コンサルタントによる支援!

沖縄に密着した転職サポートを実施している点が特徴で、沖縄に根付いたコンサルタントが地域状況の知見を活かしつつアドバイスを実施し、理想を叶えるために力を貸してくれます。

 保有求人の90%以上が、沖縄本社企業の正社員求人です。経営者や人事担当者から預かった質の高い求人を、希望に合わせて紹介してくれます。

企業側も求職者側も担当する両面型コンサルタントによる支援が特徴で、企業に訪問をして独自の情報を収集し、転職活動に活かせるよう提供してくれます。

コンサルティング力向上のため年間50時間に及ぶコンサルタント研修を実施するなど、質の高いサービスが魅力です。
運営会社 株式会社レキサン
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 個別相談会・セミナーの実施(オンライン対応可)
沖縄の公開求人数※2021年11月19日時点 298件
対応エリア 沖縄

出典:https://rs-okinawa.net/

よくある質問

沖縄のおすすめ転職エージェントは?
リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント、ジョブアンテナエージェント、リージョナルキャリア沖縄が挙げられます。沖縄に特化した地域密着型のサービスもあるため、大手ともに要チェックです。
沖縄の転職事情は?
沖縄の有効求人倍率は、2021年9月の数値が0.73倍となっています。1倍を下回っているため、なかなか転職先を決めることは難しいでしょう。また、平均年収は約301万円です。日本の平均年収は約461万円となるため、低い水準であることがわかります。
沖縄には高収入求人はある?
沖縄で高収入の仕事に就きたい場合は、製造業を探すといいかもしれません。しかし、沖縄で収入の高い仕事に就くことは厳しいです。求人自体が少ないため高収入の仕事は数が限られており、求められるスキルもレベルが高くなることが理由として挙げられます。
沖縄転職の地域特性は?
沖縄は全国と比べて、観光など第三次産業の割合が多いです。特に、沖縄は人気観光地ということもあり、観光系の仕事が盛んで人気があります。未経験者でも募集があるサービス業や販売業であれば、収入は低い傾向にありますが、とにかく仕事を見つけて沖縄に住みたいという人は検討してみましょう。
沖縄へ転職する前に移住はOK?
沖縄への移住は、転職先を決めたからの方が良いです。理由としては、沖縄は求人が少ないうえに平均年収も低いため、転職先が決まっていない状態での移住は生活にも影響する可能性はゼロではありません。
沖縄転職を成功させるコツ・方法は?
転職理由を明確にし、転職する理由が沖縄にしかないということを面接官へアピールすることが大事です。また、一人で転職活動を進めるのではなく、ハローワークや転職エージェントなど転職業界に詳しいプロの力を上手く借りることも大切です。
沖縄はなぜ住みやすい?
自然が豊かで、都心のような通勤ラッシュや人ごみ・騒音などがなく、海やきれいな空気に囲まれて過ごせる点が挙げられます。また、人同士の繋がりが深く、コミュニティが確立されている点も住みやすさの理由です。

まとめ

この記事では、沖縄の転職事情やおすすめの転職エージェント5選、転職する前に移住しても良いかなどを紹介・解説しました。

転職前の移住は沖縄の平均年収や求人数の少なさから、生活に影響を与える可能性があるため避ける方が無難です。

記事内では無料で利用できる転職エージェントを紹介したため、きちんと計画を立てて沖縄への転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントを活用して仕事を探すことで、理想に近いものに巡り合える可能性が期待できます。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事