看護師から他業種へ転職できる?おすすめの仕事や転職のメリットも解説

看護師から他業種へ転職できる?おすすめの仕事や転職のメリットも解説

看護師を取り巻く環境は過酷です。看護師として働くことに疲れ、「看護師を辞めて、他業種に転職してみたい!」そう思ったことがある人もいるでしょう。

しかし、本当に転職できるのか、看護師を辞めるべきなのか、不安になりますよね。

そこで今回は、看護師におすすめの他業種の転職先や他業種に転職するメリット・デメリットについて解説していきます。

この記事でわかること
  • 看護師におすすめの他業種の転職先
  • 看護師が他業種に転職するメリット・デメリット
  • 看護師が他業種に転職する際の注意点

他業種に興味がある看護師におすすめしたい転職エージェントも紹介するので、転職を悩んでいる看護師の方はぜひ参考にしてみてください。

看護師が他業種に転職する理由

スマホとパソコンと履歴書

職場の人間関係が辛い

看護師が働くのは、女性の割合が多い職場です。仕事での連携を取る場面も多く、常に人間関係に気を使う必要があります。

 職場の人間関係が悪い、コミュニケーションがうまく取れないという場合は、精神的にやられてしまうでしょう。

職場の雰囲気は働いてみないとわからないことも多く、看護師同士の人間関係がうまくいかないと、看護師として働くのが辛くなる人も多いようです。

同僚だけでなく、患者さんとの人間関係も構築しなければならず、幅広い人間関係が発生します。

ライフワークバランスがとりづらい

赤ちゃんとママ

看護師の仕事は家庭や育児との両立が難しい仕事です。

女性が多い職場のため、基本的にはライフイベントをサポートしてくれる体制が整っている職場が多いのですが、夜勤や休日出勤があると生活に支障が出ることもあります。

 急な予定に合わせにくい、子どもが体調を崩しても休めないなどの理由で辞める選択肢を選ぶ人も少なくありません。

家族との時間が思うように作れないと、規則正しく働ける他業種に転職したいと考えるきっかけになるようです。

結婚、出産、子どもの進学といったタイミングで両立の難しさを感じる人も多いでしょう。

仕事のプレッシャーがつらい

看護師の仕事は、人の命を預かるという重圧がつきまといます。ミスが許されないという重圧の中働き続けるのは大変です。

 緊張感やプレッシャーを常に感じ、想像以上の責任の重さに耐えられなくなる人も少なくありません。

仕事のプレッシャーから解放されたいという理由で、他業種に転職をするのもよくあることです。

体調を崩してしまった

顔に手で覆う白衣の女性

長時間勤務や夜勤で不規則な勤務時間が続き、体調を崩してしまう看護師もいます。昼夜問わない業務や残業が体調に悪い影響を及ぼすことも充分に考えられるでしょう。

 立ちっぱなしの仕事のうえ患者の介助をすることも多く、腰痛に悩む看護師も少なくありません。

無理して仕事を続け腰痛が悪化してしまうと立っているのも辛いと感じるようになってしまい、仕事を続けるのは難しくなります。

看護師の仕事が体調を崩すきっかけになると、もう戻りたくないと考えても不思議ではありません。

看護師よりもやりたい仕事に出会った

看護師以外にやりたいことを見つけて転職する人もいます。

 学生時代から看護師を目指して勉強をしている人が多く、社会人なってから習い事などで別の業界に興味を持つことも多いよう。

視野が広がったことで興味の持てる他の仕事に出会い、転職を検討する人もいるでしょう。

興味の持てる仕事であればやりがいを持って働くことができますね。

看護師資格を活かせる他業種の転職先

病院で働くスタッフ 看護師

他業種への転職といっても、看護師資格を活かせる仕事を選ぶ人、全く別の業種を選ぶ人とさまざまです。

まずは、看護師資格や経験を活かして働くことのできる他業種の転職先をご紹介します。

治験コーディネーター

新薬や治療法の効果を試す治験を受ける人と治験実施者の間に立ち、治験の調整やサポートを行うのが、治験コーディネーターの仕事です。

 看護や医療の知識を持っている方が望ましいとされており、看護師資格があると有利でしょう。

患者さんを精神的にサポートするため、看護師で培ったコミュニケーション能力を活かすことができます。

民間企業の治験施設支援機関からの派遣と医療機関所属の2つのパターンがあります。

民間企業の治験コーディネーターを目指す看護師が多いようです。

臨床開発モニター

注射器と問診票

治験の進行をチェックするのが、臨床開発モニターの仕事です。

 医療機関と製薬会社の間に立ち、違約金の安全性や効果をチェックします。

製薬会社所属と医薬品開発業務受託機関所属の2つのパターンがあります。医師とのやり取りする場面も多く、医師と接してきた経験も生かせるでしょう。

看護師資格は必須ではないものの、医療の知識があると業務を進めやすくなります。

心理カウンセラー

病院や学校、企業、裁判所などに所属して、心理カウンセラーとして働くのもいいでしょう。悩みを聞くことでクライアントが解決策を見出し、解決できるようサポートするのが役割です。

 アセスメントを履修してきた看護師は、悩みを聞きまとめ分析する力が養われており、これまでの経験を活かすことができます。

カウンセリングの知識はカウンセラー養成スクールなどの受講により取得することができるでしょう。

就職して心理カウンセラーとして働くだけでなく、フリーで働く人も多いようです。

健康相談コールセンター

電話をする人

健康相談を電話で受け、説明等を行う健康相談コールセンターも、看護師の経験や知識を活かすことができます。製薬会社や保険会社のサービスのひとつとして行われていることが多いようです。

 会社に就職するのではなく、コールセンターに登録するのが基本。正社員ではなくパートとして働くこともできます。

ケガの処理や緊急時の対応など、病気や看護についての幅広い知識が必要となります。

職場によっては24時間体制で対応していることもあり、夜勤がある可能性もあります。

健康診断センター

健康診断センターで働く看護師の仕事は、定期健診や人間ドックなどの検査をサポートをしたり、健康相談や健康指導をしたりすることです。

 治療ではなく健康に過ごすための支援や予防がメインのため、看護の仕事は基本的にありません。

肉体的な負担が少なく福利厚生が充実していることがメリットです。

最近はきれいな施設も増えおり、看護師の転職先として人気があります。

クリティカルスペシャリスト

医療機器

医療メーカーの販売営業職が、クリティカルスペシャリストです。主な仕事は医療機器の使い方の実演やプレゼンなどを行い、自社製品を販売すること。

 企業勤めになるため土日休みで夜勤がないのが人気の理由です。

看護師は勉強会や委員会での発表などプレゼンする機会も意外と多く、向いている人もいるでしょう。

助産師

出産のサポートはもちろん、赤ちゃんの健康管理やお母さんのメンタルケアなどを担う助産師もいいでしょう。看護師の資格を保有していなければ、助産師の受験資格はありません。

 助産師は国家資格のため、看護師からのキャリアアップとして助産師を検討している人も多いようです。

資格を取得することで、助産院を開くこともでき、将来的なキャリア形成にも役立ちます。

看護師資格を使わず転職できる他業種の仕事

パソコンを操作する人

続いて紹介するのは、看護師資格は直接必要ないものの、これまで培った経験が活かせる仕事です。

保育園や学校などの教育機関

学校の養護教諭や保育園看護師として働くという選択肢もあります。学校や保育園では、子どもの健康や安全を守る業務がメインです。

基本的に施設にひとりしか看護師がいないため、人間関係での悩みが少なくなるはず。日勤のみで残業も少ないでしょう。

歯科助手

看護師から歯科助手に転職する人もたくさんいます。歯科助手は治療行為はせず、歯科医師や歯科衛生士のサポートがメイン業務です。

残業も少なく勤務時間が比較的規則正しいため、プライベートを充実させる働き方ができるでしょう。

働く環境はそう変わらないものの、歯科助手であれば重圧も半減するのではないでしょうか。

エステティシャン

エステの施術を受ける女性

看護師からエステティシャンへの転職を考える人も多いようです。

 解剖心理学の知識を持っているため、マッサージやリラクゼーションの施術もより効果的に行うことができるでしょう。

看護師資格があることを伝えると、お客様に安心してもらえるという強みにもなります。

保健師

保健所や保健センターといった行政機関で働く保健師もいいでしょう。保健師は、人の心と体の健康を支えるのが役目です。

 行政機関のため勤務は平日のみとなっており、規則正しい生活を求める人に最適でしょう。

人の健康を支える看護師として働いてきた方であれば、保健師としても活躍できるはず。

保健師は国家資格であり、保健師養成学校に入学し、国家試験を突破する必要があります。

デスクワークがメインで残業がほとんどないのが特徴です。資格を取得してスキルアップする価値はあるでしょう。

医療事務

病院窓口のスタッフと患者

看護師として働くのは嫌だけど、これまで慣れ親しんだ医療現場で働きたい、そんな人は医療事務に転向する方法もあります。

病院の事務全般を担うことに加え、病院窓口で患者さんに接するのが主な仕事です。

 医療についての専門的な知識が必要になるため、看護師経験は有利になります。

医療事務は資格がなくても働くことができますが、事前に勉強しておけば即戦力として採用される可能性もあるでしょう。

働く先は多いので、医療事務の仕事を覚えてしまえば、ブランクがあっても復帰しやすくなります。

看護師が他業種に転職するメリット・デメリット

スマホとパソコンと履歴書

看護師が他業種に転職するメリット

看護師が他業種に転職するメリットはどんなところにあるのでしょうか。

看護師が他業種に転職するメリット
  • 生活リズムが整う
  • 今のストレスが軽減される
  • 新たな経験ができる
  • 体力的な負担が少なくなる

看護師の不規則な生活から夜勤や残業のない仕事に転職することで、規則正しい生活サイクルになるのが大きなメリットです。

土日に家族で休みが取れる、子どもの行事に参加しやすくなり、プライベートの時間を充実させられるでしょう。

 看護師の仕事によるストレスで辞めたいと考えているなら、ストレスが軽減し気持ちを落ち着けることができます。

また、特殊性が高く狭いと言われる看護師の業界から抜け出すことで、新しい世界を見ることができ、自分の視野も広がるはずです。

体力仕事の多い看護師の仕事がつらかったという方は、体力的な負担の軽減もメリットです。

看護師が他業種に転職するデメリット

メリットを押さえたら、デメリットも把握しておきましょう。

看護師が他業種に転職するデメリット
  • 収入が減る可能性がある
  • これまでの経験が活かせない
  • 悩みが必ずしも解消されるわけではない

残業や夜勤の手当がつく看護師の給料は、ほかの職種と比較して高めでしょう。看護師を辞めることで収入が大幅にダウンしてしまう可能性があります。

 看護師資格やこれまでのキャリアを活かすことができず、一からのスタートになるのも大きなデメリットです。

また、人間関係などの悩みはどの職場でも発生する可能性もあり、転職したからと言って必ずしも解消されるわけではありません。

看護師が他業種に転職するときの注意点

メモ

看護師と比べると求人数が少ない

看護師の需要は高く、常に求人がたくさんあります。それに対して、職種にもよりますが一般企業の求人は基本的に少なく、思うように転職活動が進まないこともあるかもしれません。

 看護師の感覚で転職活動をすると、求人数の差で苦労することがあるでしょう。

看護師求人と比較すると求人数が少なくなることを、きちんと理解したうえで転職活動を進める必要があります。

企業へのアピールは難しいこともある

転職を検討する職種にもよりますが、他業種に転職する場合、看護師としてこれまでに培ってきた知識やスキル、経歴があまり役に立たないこともあるでしょう。

 コミュニケーション能力など一般的に必要なスキルしかアピールできないことも考えられます。

転職先によってアピールすべきポイントは異なるため、しっかり自己分析を行い、強みを言語化する必要があるでしょう。

ただし、看護師として働いてきた経験はプラスの評価となることが多いはずです。

他業種への転職は転職エージェントを活用しよう!

相談

看護師から他業種に転職する場合、いくつかの注意点があり、自分ひとりで進めると苦戦してしまうこともあります。

そこで、注意点の対策と転職活動のサポートをしてくれる転職エージェントを活用するのがおすすめです。

 転職すべきかどうか、どんな業種がいいかなど、転職にまつわる悩みにも対応してくれるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、ひとりひとりの希望を確認したうえで条件にマッチした求人を紹介してくれます。

転職サイトには掲載されていない、比較的条件のいい非公開求人を紹介してもらえることもあり、求人の選択肢が広がるのもメリットのひとつ。

応募書類の添削や模擬面接もしてくれるため、初めての転職でも安心です。

看護師資格を活かして他業種を目指す人におすすめの転職エージェント3選

看護roo!

看護roo!(カンゴルー)

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント両方の機能を持つ
  • 全国の幅広い求人を網羅
  • 4つの事業所での面談も可能

「看護roo!」は、たくさんの看護師求人を保有する転職エージェント。サービスに登録すれば、転職活動のすべての工程をサポートしてもらうことができます。

 求人票には記載されないような職場の情報を教えてもらうこともできます。

派遣看護師の求人もチェックすることができ、看護師はしたいけど自分のペースで働きたいという人にもおすすめです。

全国に4つの事業所があり、そこで顔を合わせて面談も可能。まずは悩みを相談してみるのもいいでしょう。

運営会社 株式会社クイック
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月14日時点 58,729件
対応エリア 全国

出典:看護roo!

看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめポイント
  • 業界最大級の保有求人
  • 職場の雰囲気ややめた人の理由まで教えてくれる
  • LINEでの相談も可能

「看護のお仕事」は、一番合う職場を紹介することを目指した看護師専門の転職エージェントです。どんな職場で働きたいかをしっかりヒアリングすることで、希望に即した求人を紹介してくれます。

 職場の雰囲気ややめた人の理由まで教えてくれるので、理想の職場が見つかりやすいでしょう。

LINEでの相談もできるため、電話や面談の時間がなかなか取れない人でも利用しやすいのがうれしいポイントです。

給与交渉や勤務時間といった交渉も代行してくれるため、希望の働き方を叶えやすくなります。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月14日時点 133,424件
対応エリア 全国

出典:看護のおしごと

ナース人材バンク

ナース人材バンク(NJB)

おすすめポイント
  • 業界知識が豊富
  • 各都道府県担当のキャリアパートナーが在籍
  • 求人票にはない内情まで把握

「ナース人材バンク」は、病院以外の求人も多数保有する転職エージェント。保有する求人数も多いため、自分に合う仕事に出会える可能性も高いでしょう。

 各都道府県担当のキャリアパートナーがサポートしてくれるため、エリア求人の詳細も教えてくれます。

求人票には記載されないような職場の内情にも精通しており、転職のミスマッチを回避することもできるでしょう。

医療・介護業界の特性や専門知識、労務知識も備えているため、安心して相談できるでしょう。
運営会社 株式会社エス・エム・エス
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月14日時点 433,940件
対応エリア 全国

出典:ナース人材バンク

看護師以外の他業種にチャレンジするなら!総合型のおすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            まとめ

            今回は看護師が他業種に転職するときのポイントについて解説しました。他業種への転職を検討するなら、まずは幅広い求人を保有する転職エージェントに相談することから始めるのがおすすめです。

            思いもよらない転職先を紹介してもらえることもあり、視野が広がるかもしれません。
            記事内では無料で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介したため、自分に合ったサービスを見つけて希望の働き方を目指してみてください。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事