【男女別】転職面接の服装は?スーツや髪型、選び方のポイントも解説

【男女別】転職面接の服装は?スーツや髪型、選び方のポイントも解説

転職する際に、内定を勝ち取るうえで自分を大いにアピールできる場として面接が挙げられます。面接官からの質問等への返答ももちろんですが、服装について気にする人も少なくありません。

少しでも面接時に好印象を与えられる服装を心掛けたいですよね。

そこで今回は、転職面接における服装の選び方や、男性・女性別にOK例を紹介していきます。

この記事でわかること
  • 転職面接での服装の選び方
  • 【男女別】転職面接の服装OK例
  • 服装の指定がない場合はどうする?

転職面接における服装の重要度についても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

転職面接では服装選びと面接対策が重要!

転職面接における服装の重要度とは

面接官との受け答えが重視されがちですが、見た目の印象も重要度は高いです。第一印象が悪ければ、いくら良い受け答えをしても信用力に欠けると捉えられる可能性は否めません。

 服装からはマナーも感じ取れるため、面接官のなかでも人間性を判断するにあたって重要視している項目となります。

社会人として身だしなみを整えることは当たり前なので、TPOに適した服装や髪型など、良い印象を与えられる見た目で面接に挑んでください。

安心して当日を迎えるためには、服装のチェックだけでなくしっかりと面接対策をしておくことも大切です。

 転職エージェントを活用すると、服装に関する相談はもちろん、面接に向けたアドバイスや模擬面接などさまざまな転職サポートを無料で受けられます。

記事内では無料で登録・利用できるおすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひチェックしてみてください。

転職面接での服装の選び方

転職面接での服装の選び方

転職面接での服装の選び方として、基準は「ビジネスマナーが身に付いている」、「TPOをわきまえている」という印象を与えられることが重要です。

 応募企業の面接官に対して、安心感や信頼してもらえる服装がポイントになります。

転職活動の際、面接は自分を希望企業に対して大いにアピールできる場です。個人の能力はもちろんですが、見た目の印象も採用側にとっては採用・不採用の判断材料となります。

好きなブランドや最近の流行りなど、おしゃれを意識した服装は自分の気分は高まりますが転職面接においては適しているとは言えません。

面接官の年齢は幅広いことが想定されるため、どの年代にも受け入れられるかつ良識のある服装を意識してください。

転職面接の服装における基本ポイント

転職面接の服装は?

基本はスーツ

転職活動時の服装は、基本はスーツスタイルです。ただし、スーツであれば何でも良い訳ではなくビジネススーツが適しています。

過去に就職活動をしていた際に使っていたリクルートスーツを持っているため活用したいと考える人は少なくありませんが、転職活動時は避けた方が無難です。

 リクルートスーツは学生の就活という印象が強いため、転職活動の面接での服装としてはあまり適しているとは言えないため要注意です。

リクルートスーツは印象の悪い服装ではありませんが、どこか頼りなさを感じてしまう可能性があるかもしれません。

A4サイズが入るビジネスバッグを用意

歩き姿

面接の際に持っていくバッグは、A4サイズの書類等が入るビジネスバッグがおすすめです。所持しているバッグも、身だしなみの一環であると認識しておくことが大切になります。

ただし、A4サイズの書類等が入るバッグであれば何でも良い訳ではありません。

おすすめのバッグ
  • 自立するタイプのビジネスバッグ
  • カラーは黒
  • 装飾物はなるべくない方が良い

面接時は足元にバッグを置くことから、自立するものが好ましいです。リュックや肩に掛けるタイプも展開されていますが、面接時には適切ではありません。

髪型・アクセサリーも意識

転職面接の服装は?

服装ばかりに気を取られがちですが、身だしなみという点では髪型も重要です。男性・女性問わず、髪型に関しては髪が顔にかからない方が好印象となる可能性があります。

 髪が顔にかかっていると表情が見えづらく、良い印象を与えられない可能性があります。男性はショートヘア・女性は長さがある場合、髪を束ねておく方が無難です。

また、髪色について男性は基本的には地毛や黒髪がベターです。女性については黒が良いとは一概に言えず、その人に合った色が良いという表現になります。

髪色や髪型で大事な点は、清潔感があり知的に見えることです。

アクセサリーは付け過ぎに注意

アクセサリー類は、付け過ぎると目立ってしまうため良い印象を与えられない可能性があります。そのため、付けるにしても結婚指輪や時計などに留めておく方が無難です。

入社してからはイヤリングがOKであれば付けていても構いませんが、面接は自分好みではなく、あくまで相手に失礼がない服装を心掛けましょう。

クールビズ・防寒具も注意

転職面接の服装は?

面接の時期により、その時々に適した服装をすることも重要です。例えば、夏の場合はクールビズで面接に行くことが想定されます。逆に冬であれば防寒具が必要となるでしょう。

季節に適した服装
  • 夏:クールビズの場合はノーネクタイでOK
  • 冬:コートを着用しても良いが面接会場に入る前は脱ぐことを忘れてはならない

面接の時期が夏の場合は、事前にクールビズで来てくださいと言われる場合があります。その場合は、ノーネクタイで臨んでも問題ありません。

 クールビズで良いと言われていても、面接会場に入った際は念のため「クールビズで失礼します」と一言添えるだけで好印象となる可能性があります。

一方で、冬の寒い時期において移動中のコートは欠かせないアイテムです。コートを着用して向かうことは問題ありませんが、面接会場では脱ぐようにしてください。

面接会場で着用しないとはいえ、派手なものなどビジネスシーンに相応しくない防寒具は避けた方が良いです。また、女性の足元については、寒くてもブーツを着用せずパンプスを選びましょう。

転職面接の服装が指定なしの場合はどうする?

男性

基本はビジネススーツ

転職時の面接で服装の指定なしと言われた場合、基本はビジネススーツとなります。色についてはネイビーあるいはグレーの無地が無難です。

 最近では明るい色味のおしゃれなスーツも少なくありませんが、派手な印象を与えるものは避けましょう。スーツの型についても、シングルボタンが好ましいです。

ネクタイについてはスーツの色に合うものを選び、派手なものは避けた方が良いです。柄はカジュアルすぎるものは避け、無地や小紋などが適した種類と言えます。

オフィスカジュアルでも良い

パソコン

服装の指定がない場合は、オフィスカジュアルでも構いません。ただし、何でも良い訳ではなく転職する業界や企業の社風に合わせて選ぶ方が無難と言えます。

 銀行や証券会社、または公務員などの堅いイメージのある企業・業界へ転職する場合は、ビジネススーツが好ましいです。

おしゃれに気を使うようなアパレル関係や、比較的服装について制限が緩いとみられる広告会社などの場合は、オフィスカジュアルでも良いと言えます。

清潔感とビジネスマナーを意識する

いくら服装自由とは言え、やはり面接では清潔感とビジネスマナーは欠かせません。あくまで、面接では服装で自分らしさを出すのではなく受け答えでアピールすることが重要です。

自由の意味をはき違えて、明らかに面接時の服装に適していない、またはおしゃれに走りすぎているといった事態は避けましょう。

転職面接でユニクロを着てもOK?

転職面接でユニクロを着てもOK?

ユニクロでは、私服からビジネスシーンで使えるものなど、数多くの幅広いアイテムを展開しています。

実は、ユニクロにもセットアップスーツやシャツなど、転職の面接で活用できるアイテムが多数あるため要チェックです。

 いわゆるオフィスカジュアルで使えるジャケットやパンツなども豊富に揃っているため、新たに面接用として服を購入する際はおすすめです。

価格についても比較的リーズナブルで、購入しやすくなっています。全国各地に店舗も多く、オンラインでの購入も可能です。

【男性編】転職面接の服装OK例

【男性編】転職面接の服装OK例

無地のシングルボタンスーツ

スーツは無地で色もネイビーやグレーなどの控えめなものを選び、形はダブルではなくシングルをおすすめします。ダブルのスーツはファッション性が高いため、面接には適していません。

 デザイン性に長けているものや派手なカラーは、面接官に良い印象を与えずマイナス評価となる可能性があるため避けましょう。

リクルートスーツも面接時の服装として定番ではありますが、転職は新卒の就活と違うため、どこか頼りなさが伺えることから避ける方が無難です。

パンツについては、基本的にはスーツとのセットアップが好ましいですが、仮にオフィスカジュアルでジャケットと別のものを選ぶ場合は、ラフ過ぎず派手ではないものがおすすめです。

ジャケットと色の合うスラックスなど、無難なものを選ぶ方が面接時の服装として無難と言えます。

無地・小紋・ストライプのネクタイ

【男性編】転職面接の服装OK例

スーツに合わせ、派手なデザイン・色ではないものを選んでください。いくらスーツと色の相性が良いとはいえ、ピンクやオレンジなど派手なものは面接の服装として相応しくありません。

 ネクタイにはさまざまな柄がありますが、色と同様に派手なものでなく無地・小紋・ストライプなどがおすすめです。

ネクタイはおしゃれ度をアピールするアイテムとなりますが、面接で服装の過度な個性は必要ありません。

白無地のシャツ

シャツについてもジャケットと同様、白無地でアイロンがしっかりとかかっている派手でない普通のものを着ることがおすすめです。

汚れがあるとマイナス印象を与える可能性があるため、事前に確かめておきましょう。

ボタンダウンはカジュアルな印象となるため、基本的にはスーツと合わせないようにしましょう。

革のベルト

【男性編】転職面接の服装OK例

ベルトはスーツに合うものを選び、かつ素材は革が好ましいです。布製のカジュアルなベルトもありますが、ビジネスシーンには適していません。

また、デザインはシンプルなものが良く、バックルが大きいものや金具が多いものはスーツに合わないうえ私服感が強いため避けた方が良いです。

レザーで紐タイプの靴

【男性編】転職面接の服装OK例

靴についてもファッション性を意識するのではなく、スーツに合うレザーの紐タイプが無難です。色については黒がベターで、キャメルなどおしゃれなものは面接では念のため避けましょう。

なお、レザーを使っている靴でもカジュアルな印象となる商品は少なくありません。スウェードを取り入れたものはビジネスシーンに適していないため、選ぶ際は注意してください。

ビジネスシーン向けの腕時計

腕時計は派手なデザインのものは避け、あくまでビジネスシーンでの活用を主として考え選びましょう。

 高級ブランドの時計など、誰が見てもすぐわかるようなデザインは悪目立ちするため避けた方が良いです。

時計はおしゃれの一環としてこだわる人は少なくありませんが、面接ではスーツや靴に合わせて、なるべく地味で目立たない方が面接官に悪い印象を与えにくくなります。

【女性編】転職面接の服装OK例

【女性編】転職面接の服装OK例

無地スーツにひざ丈のスカート(パンツもOK)

女性の場合も男性と同じく、スーツは無地で派手なカラーは避け、なるべく地味なネイビーやグレーなどが好ましいです。

 スカートについては、ひざ丈が基本となります。パンツでも問題ありませんが、色味は悪目立ちしないものを選びましょう。

また、スカート・パンツのいずれにしてもタイトなもので体の線を強調する種類は面接時の服装として好ましくありません。ミニスカートも避けた方が無難です。

透け感のないシャツ・ブラウス

【女性編】転職面接の服装OK例

シャツやブラウスは透け感がなく、いわゆるノーマルなビジネスシーンに適したものを選んでください。また、胸元が開きすぎないものを選ぶことも、服装選びの配慮として大切です。

おしゃれなものを選ぶのではなく、スーツに合わせたビジネスシーン向けのデザインをおすすめします。

ナチュラルストッキングを着用

服装に関係なく、ナチュラルストッキングを着用しましょう。女性のビジネスシーンの服装としてタイツも定番化していますが、面接時は避けておく方が無難です。

冬は寒いためタイツを履きたい気持ちはわかりますが、どうしてもカジュアルな見た目になってしまうため悪い印象を与えてしまう可能性があります。

アクセサリーは付けない方が無難

【女性編】転職面接の服装OK例

イヤリングやネックレスなどのアクセサリー類は、場合によっては派手な印象を与えかねません。ビジネスシーンでの着用は禁止されている訳ではありませんが、面接時は外しておきましょう。

 アクセサリーを付けるにしても、結婚指輪程度にしておく方が良いです。

企業によりアクセサリーに対する印象は異なりますが、安全策として付けない方が無難と言えます。

ビジネスシーンに合った腕時計

【女性編】転職面接の服装OK例

目立つデザインではなく、ビジネスシーンに適したものを着用してください。

男性と同じく、派手でデザイン性のあるおしゃれなものや、すぐにブランド物とわかる腕時計は面接では好ましくありません。

ファッション感覚で付けるのではなく、あくまで時間を確認するものという意識が大切です。

黒のパンプス

女性の場合、足元は黒のシンプルなパンプスが良いです。どのようなスーツの色にも合わせやすく、スカートだけでなくパンツスタイルにも合わせやすくなっています。

ヒールは高過ぎるとファッション性を感じさせるため、5cm前後がスーツスタイルを良く見せるためベターな高さです。

面接対策もできる!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            おすすめの転職エージェントは?
            リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなどの大手は求人数が多く、かつキャリアアドバイザーも案件の多さから経験が豊富なためおすすめです。非公開求人も多数保有しているため、そこでしか出会えない仕事に巡り合うチャンスがあります。
            転職面接での服装の選び方は?
            服装選びの基準は、ビジネスマナーが身に付いていること、TPOをわきまえていることです。見た目にこだわるのではなく、いかに好印象を与えられる服装であるかを意識しましょう。
            転職面接の服装は?
            基本はビジネススーツが無難です。そして、A4サイズが入るビジネスバッグを用意しましょう。髪型は男性であればショートですっきり清潔感があるもの、女性は長さがあれば後ろで束ねるなど、顔が隠れないようにすることが大事です。
            転職面接の服装に指定がない場合はどうする?
            指定なしといえど、何でもありではありません。基本はビジネススーツとなり、転職先の業界や企業の社風によって、オフィスカジュアルなど使い分けることをおすすめします。
            転職面接でユニクロを着てもOK?
            ユニクロにもセットアップスーツやシャツなど、転職面接で活用できるアイテムが多数あるため大いに活用できます。価格も比較的抑え目なので、購入しやすい点もメリットです。
            男性・女性の転職面接における服装OK例は?
            男性・女性ともにスーツは無地で色はグレーやネイビーといった、大人しいものがおすすめです。シャツは白で、女性はブラウスにしても透け感がないものを選んでください。また、女性の場合はスカート・パンツのどちらでも構いません。足元は男性の場合、黒の革シューズで紐タイプがおすすめです。女性は黒のパンプスを選びましょう。
            転職面接における服装の重要度は?
            見た目の印象は非常に重要なため、チェックする面接官は少なくありません。いくら受け答えが良くてもTPOに適した服装でなければ、常識のない人と判断されかねないため要注意です。

            まとめ

            今回は、転職面接での服装の選び方や、男性・女性別にOK例を紹介しました。

            ビジネスマナーが身に付いている、TPOをわきまえているものを選ぶよう意識し、男女ともに派手なものは避け、ビジネスシーンに適した服装を心掛けましょう。

            おしゃれをするのではなく、社会人として常識ある服装をすることで良い印象を与えられる可能性があります。

            記事内では面接対策も可能なおすすめの転職エージェントも紹介したため、安心して当日を迎えられるよう、ぜひ活用してみてください。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事