既卒の就活は難しい?おすすめのタイミングや成功のポイントも解説

既卒の就活は難しい?おすすめのタイミングや成功のポイントも解説

「既卒の就活は難しいの?」「既卒の就活の進め方がわからない!」そんなお悩みを持つ人も、少なくないのではないでしょうか。

既卒の就活は難しいのは事実ですが、正しいステップを踏めば就職できる可能性は高まります。
そこで今回は、既卒の就活事情や就活の流れなど、既卒就活についてまるごと解説していきます。既卒での就活におすすめの転職エージェントも、合わせて確認していきましょう。
この記事でわかること
  • 既卒の対象者、第二新卒との違い
  • 既卒の就活事情
  • 既卒の就活を成功させるポイント
  • 既卒の就活におすすめの転職エージェント・転職サイト

既卒での就活を成功させたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

既卒に当てはまるのはこんな人!

クエスチョンマーク

既卒が何を指すか、分からない人もいるかもしれません。まずは、既卒という言葉の対象者について押さえていきましょう。

既卒とは

既卒とは、高校や専門学校、大学、大学院を卒業したあと、一度も正社員として就職しておらず、社会人経験がない人のことのことを指します。

 ニートはもちろん、アルバイトで生計を立てているフリーターや資格取得を目指して勉強中の人も既卒に含まれます。 

何歳までを既卒とするかははっきりと定められてはいませんが、卒業後3年ほどの人を指すケースが多いようです。

第二新卒との違いは?

既卒と似たような分類に、第二新卒というくくりがあります。第二新卒とは、社会人経験が3年未満の人のことを指す言葉です。

第二新卒と既卒の大きな違いは、社会人経験の有無です。第二新卒は社会人としての最低限のマナーは身に付いているとされ、既卒と分けて考えられます。

既卒の就活が厳しいと言われる理由とは

Whyと書かれた星形の皿

新卒採用は、優秀な人材を多く採用できる、まとめて教育できるなど、企業にとってのメリットがたくさんあります。そのため、既卒の就活は、新卒と比べるとハードルが高いのが現状です

令和3年の厚生労働省の令和3年3月大学等卒業者の就職状況によると、新規学卒者の採用枠のうち、既卒者を採用した企業は40%となっています。

 特に大手企業では新卒を多く採用する傾向にあるため、既卒はどうしても不利になるでしょう。 

また、中途採用枠での応募の場合、経験やスキルのある転職者と比べられることとなります。中途採用の場合、採用人数が少なく、経験やスキルがある人が重視される傾向にあるでしょう。

社会人経験のない既卒が中途採用枠を勝ち取るには、何かしらのスキルがない限り難しくなります。

既卒が就活を行うには?

就活が難しいとされる既卒ですが、就活を成功させることはもちろんできます。就活を進めていくためには、どのような方法があるのでしょうか。

転職エージェントを活用する

面談をしている人

転職活動はやるべきことが多く、就職活動が初めての人は戸惑うことがあるでしょう。そんなときは転職エージェントに頼るのもひとつの方法です。

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつで、求人探しから応募書類の添削、面接指導と、転職をまとめてサポートしてもらうことができます。

 転職エージェントを活用する場合は、既卒就活に強いかどうかをチェック!既卒就活をサポートしてきたプロと二人三脚で就職活動を進めていくことができます。

段取りや条件交渉など、企業とのやり取りをしてもらうこともでき、安心して就活を進めることができるでしょう。

転職エージェントの利用は無料のため、気軽に登録して活用することができますよ。

転職サイトを活用する

転職サイトは、ウェブ上で求人情報をまとめて検索できるサービスのことを指します。

 転職サイトは、総合力のあるもの、ある職種に特化したものとさまざまです。自分の希望に合った転職サイトを活用することが大切です。

求人を見つけたら、自分自身で応募、日程調整、面接と駒を進めていきます。

自分ですべて行わなくてはなりませんが、自分のペースで転職活動できるのが大きなメリットです。

ハローワークを活用する

ハローワーク

ハローワークを活用するのも、既卒就活のひとつの方法です。ハローワークでは無料で求人情報の検索や相談、講座受講などのサービスを利用することができます。

 普通のハローワークよりも新卒や既卒の相談に特化しているのが、新卒応援ハローワーク。既卒でハローワークを利用するなら、新卒応援ハローワークがおすすめです。

地元の企業情報に強いのが、ハローワークの特徴です。地元で働きたいなら、利用する価値があるでしょう。

新卒応援ハローワークは全国にありますよ!まずは最寄りの窓口を探してみましょう。

既卒が就活を行う流れを解説

看護師 転職エージェント

初めての就職活動に不安を感じる方は多いでしょう。就活を行うにあたり、全体のスケジュールを把握して、計画的に行動していくことが大切です。

ここでは既卒が就活を行う流れを解説します。

既卒が就活を行う流れ

STEP①自己分析

STEP②業界分析

STEP③履歴書を作成して志望企業へ応募

STEP④書類選考が通過したら面接

STEP⑤内定

順番にみていきましょう。

STEP①自己分析

就活を始めるにあたって、最初に行うことは自己分析です。自己分析もせずに、曖昧な状態で就活を行うのは時間を浪費します。

自己分析は志望動機や自己PRを作成するために不可欠な要素であるため、以下のポイントを書き出してみるとよいでしょう。

自己分析のポイント
  • 自分はどのような性格なのか
  • 自分の得意不得意は何か
  • どのような仕事の価値観を持っているのか
  • 自分はどのような業界・職種に向いているのか
  • 仕事のやりがいをどこに見出すか

上記のようなことを紙に書き出すことで、自分の考え方が見えてくるので今後のキャリア形成においても効果的です。

自己分析をすることで、面接時では自分の強みを的確にアピールすることができます。

STEP②業界分析

自己分析が完了したら、次は業界分析を行いましょう。業界分析の目的は、自分が働きたい業界や職種を明確にすることです。

 業界分析をしないまま就活を始めても良い結果は得られません。一つの業界でも待遇の異なる企業はたくさんあるのです。

待遇の悪い企業に入社してしまうと、早期退職に繋がる可能性があります。業界分析をすることは面接でのアピール材料になります。

企業が求める人材や社風、職場環境など情報収集はしっかりと実施しましょう。

自己分析や業界分析は就活の基礎となるので、時間をかけて行うことが大切です。

STEP③履歴書を作成して志望企業へ応募

看護師 転職先と交渉

自己分析や業界分析が終わったら、履歴書を作成して志望企業へ応募します。応募の仕方は、直接応募や転職エージェントを利用した応募などいくつかあります。

 履歴書は企業への応募の際に必要なので、事前に作成しておきましょう。初めて履歴書を作成する方は不安に感じるかもしれません。

転職エージェントでは履歴書などの書類作成のアドバイスや添削をしてくれるので、不安がある方は迷わず利用しましょう。企業への応募が完了したら、1週間程度で書類選考の合否の連絡がきます。

履歴書に誤字脱字があると書類選考で落とされます。「誤字脱字がないこと」を確認してから提出しましょう。

STEP④書類選考が通過したら面接

書類選考が通過したら、いよいよ面接に移ります。企業によって異なるものの面接時間は30〜1時間が目安です。

既卒の場合は、面接では必ず以下の質問がされます。

面接での質問
  • 既卒になった理由は?

  • 空白期間は何をしていたのか?

この質問に関しては必ず回答を用意しておきましょう。この回答が曖昧になったり、言い淀んだりすると不合格になる可能性が高いです。

もし、既卒になった理由がネガティブな理由でも別の角度から考えて、ポジティブな内容に変換することを意識しましょう。

STEP⑤内定

1回〜3回の面接を通過すれば、内定となります。内定をもらっても、入社日の決定や待遇の相談など実施すべきことは多いです。

今後の社会人生においては、内定はゴールではなく、スタート地点です。内定をもらっても気を抜かずに入社日を迎えられるようにしましょう。

既卒での就活におすすめの時期やタイミングは?

新卒者の就活は時期が決まっていますが、既卒就活の場合、通年採用を狙うケースが多いため、開始時期にはこだわらなくても問題ありません。

就職はタイミングが重要です。思い立ったらすぐに就活を開始しましょう。

ただし、就活開始時期にこだわる必要はありませんが、内定をもらいやすい時期は2~3月と810と言われています。その理由を把握しておきましょう。

2~3月は新年度に向けての求人が増加

カレンダー

24月は、転職と中途採用が多い時期と言われています。なぜなら、新年度となる4月に向けて人材を補強する必要があるからです。

3月は退職者も多く、人材を補充するために求人を出す企業も増加する傾向にあります。

3月までに内定をもらい、4月から働き始める人も多いようです。

8~10月は下期からの人員補充がある

新年度の後半は、810くらいにかけて求人が増える傾向にあります。上期で退職する人もおり、下期からの人材補充のため、8月頃から求人を出し始めるからです。

下期から働き始めることを目指すなら、夏には準備を始めておくのがいいでしょう。

ただし、大手企業への就職を狙うなら、春ごろの早い段階から、しっかり準備しておくのもいいかもしれません。

既卒での就活を成功させるためのポイント

スーツ姿の男性

厳しい傾向にある既卒就活を成功させるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

既卒の理由を自己分析して説明できる

面接で必ずと言っていいほど質問されるのが、既卒になるに至った経緯や理由についてでしょう。そのため、既卒である理由をきちんと伝えられるよう準備しておく必要があります。

 既卒である理由を踏まえた自己分析が、面接対策にもなるはずです。答えにくい質問こそ、しっかり対策しておきましょう。 

 ただし、面接官が知りたいのは、既卒になった理由ではなく、就職するための努力や頑張る意欲です。「前向きに頑張ろうとする姿勢を感じる」と伝われば、アピールポイントになるかもしれません。

ネガティブな理由であっても、プラスに転じるような伝え方を考えてみましょう。

就職したい企業や業界についての理解

パソコン

応募する企業やその業界について、きちんと調べておくことも重要なポイントです。付け焼刃の知識かきちんと研究したかは、面接官には伝わります。

既卒就活が不利な分、事前準備を徹底して、面接官にやる気をアピールしましょう。

求人情報やホームページを読み込む、店舗に行く、商品を使うなどして、企業の強みや特徴を押さえたうえで、調べたことをアピールできるようにしておくのがベストです。

面接対策を行って不安をなくす

既卒の理由を自己分析していても、面接できちんと伝えられなければ意味がありません。特に、既卒者の採用面接では、突っ込んだ質問で本気度を確かめようとすることもあります。

言い淀んでしまったり、支離滅裂なことを言ってしまったりしないよう、傾向と対策をしておきましょう。

本番ただでさえ緊張してしまう面接は、事前対策必須です。面接対策をして、少しでも不安を減らしておきましょう。

転職エージェントのサポートを最大限活用する

スマートフォンを操作する人

既卒の就職でおすすめなのは、転職サイトよりも転職エージェントを使うことです。

 転職サイトは、求人を見つけて応募、面接と、すべて自分一人で進めることになります。それに対して転職エージェントは、就職するまでの工程を親身にサポートしてもらうことができます。 

書類添削や模擬面接を受けたり、段取りや条件交渉などをしてもらったりすることも可能です。就活にまつわるさまざまな悩みを相談できる相手がいるのは、心強いでしょう。

選ぶべくは、既卒就活に強みのある転職エージェント!サービスを最大限活用して、就職を目指しましょう。

複数の転職エージェントを併用する

ひとつの転職エージェントに集中してサポートしてもらおうと思う人もいるかもしれませんが、転職エージェントは複数登録するのがおすすめです。

 転職エージェントは、それぞれ得意な業界やサポート内容が異なること、そして担当になるアドバイザーの良し悪しがあることが、複数登録すべき理由。 

同時に複数の転職エージェントに登録することで、サービスやアドバイザーとの相性を比較することができます。

相性の良いアドバイザーと巡り合うか否かで、就職の成功率も変わります。面倒でも複数の転職エージェントに登録しましょう。

既卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 対面型の就職活動支援サービス
  • 未経験者の求人に特化している
  • 取り扱っているのは取材した企業のみ!

「就職Shop」は、株式会社リクルートが運営している、対面型の就職活動支援サービスです。未経験者の求人に特化しており、既卒、フリーター、新卒、第二新卒、高卒、中卒といった人が多く利用しています。

 未経験の若手の育成を目指す企業の求人が多数!東京近辺と大阪、京都、神戸に店舗があり、まずは面談をすることからはじめます。

取り扱っている求人は非公開求人が多く、会員登録後面接を行い、直接紹介するのが基本です。

すべて取材した企業の求人のため、職場環境や雰囲気、教育体制など、リアルな情報を教えてもらうことができます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 就活支援サポート
  • 求人紹介
公開求人数※2022年1月20日時点 10,000(非公開求人を含む)
対応エリア 首都圏・関西中心

出典:就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 20代の未経験者に特化した求人が豊富
  • 適正が高い仕事を厳選して紹介
  • 応募する企業に合わせて1社ずつ対策を行う

「ハタラクティブ」は、20代の未経験者に特化してサポートを行う転職エージェントです。対面もしくは面談のうえ、スキルや性格を分析し、適正が高い仕事を厳選して紹介してくれます。

東京や横浜、大阪、神戸など全国9つの店舗で面談ができるので、。

 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接日程の調整などもしっかりフォロー!就職から入社後まで長くサポートしてくれます。

応募する企業に向けて1社ずつ選考対策を行うのが、ハタラクティブの特徴です。

たくさんの企業を同時進行で応募して就職活動を進めるのではなく、ひとつずつ確実に対策して進めていきたい人におすすめです。

運営会社

レバレジーズ株式会社

主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 就活支援サポート
  • 求人紹介
公開求人数※2022年1月20日時点 非公開
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡

出典:ハタラクティブ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人と非公開求人がとにかく多い
  • ノウハウを活かしたエージェントサービスで就職をサポート
  • 就職サポートサービスも充実

リクルートエージェントは、公開求人157,192件に対し、非公開求人238,988件(20221月現在)と、非公開求人の多さに定評あり!全国の幅広い業種の中から、おすすめの求人を提案してもらうことができます。

 ただし、リクルートエージェントは即戦力を求める求人が多いのが特徴で、未経験歓迎の仕事を優先して取り扱っているわけではありません。

多くの求人の中には、未経験OKの仕事も豊富に取り扱いしていますが、未経験者に特化したサービスではないため、思ったよりも応募できる求人が少なかったということもあるかもしれません。

就職・転職を多くサポートしてきた経験から、サポート力には定評あり。相談してみる価値はあるでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 就職支援サービス
  • 求人紹介
公開求人数※2022年1月20日時点 157,192件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント、両方の機能がある
  • 公開求人と非公開求人の数が多い
  • サポートツールも充実

dodaは、転職サイトと転職エージェント、両方の機能があります。エージェントサービスを利用すれば、公開求人数118,506人に加え、非公開求人は約10万件の中から希望に合う求人を提案してもらうことができます。

 ただし、 dodaは転職を支援するサイトで、基本的には経験者向けの求人が多くなっています。未経験歓迎の仕事数は、思うほど多くはないかもしれません。

希望の働き方からの検索や転職タイプ診断などのサポートツールも充実しているので、就職活動に役立てることもできます。

パーソルキャリアは「doda新卒エージェント」も運営しているので、既卒就活ならそちらの利用を検討してみるのもいいでしょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 就活支援ツール
公開求人数※2022年1月20日時点 12,831件
対応エリア 全国

出典:doda

DYM就職

DYM転職

おすすめポイント
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職に強い
  • 専任のエージェントが就職を徹底サポート
  • 大企業や上場企業、ベンチャー企業まで幅広く取り扱っている

DYM就職」は、就職に不利とされている、第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した転職エージェントです。取り扱っているのは、大企業や上場企業、ベンチャー企業など種類も豊富です。

 未経験OKや研修のある求人が充実しているのが、DYM就職の特徴。スキルや経験よりもやる気やポテンシャルを重視する企業の求人が多い傾向にあります。

面談のうえ希望やスキルに応じてマッチングした企業を紹介してもらうことができます。中には書類選考なしで面接に進める企業もあります。

就職できるまでエージェントと二人三脚で、就活に励むことができますよ。

運営会社

株式会社DYM

主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
公開求人数※2022年1月22日時点 非公開
対応エリア 全国

出典:DYM就職

よくある質問

既卒と第二新卒の違いとは?
既卒とは高校や大学、大学院など卒業した後に一度も正社員として就職した経験のない人を言います。一方で、第二新卒は社会人経験が3年未満の人を指します。既卒と第二新卒の大きな違いは社会経験の有無です。
既卒の就活が厳しいと言われる理由とは?
大手企業では新卒もしくは第二新卒を採用する傾向が強いです。また、中途採用ではスキルが求められるので、社会人経験のない既卒が中途採用を勝ち取るにはそれなりのスキルが必要になります。
既卒が就活を行う方法は?
「転職エージェントを利用する」「転職サイトを利用する」「ハローワークを利用する」といった方法があります。特に、転職エージェントは既卒就活をサポートしてきた実績のあるプロと就活を進めることができるので、初めての方でも安心して利用できます。
既卒で就活におすすめの時期やタイミングは?
新卒者と異なり、既卒者は開始時期にこだわる必要はありません。ただし、内定をもらいやすい時期は2月〜3月、8月〜10月と言われています。
既卒が就活を成功させるポイントは?
既卒の理由を明確に答えられるかが重要です。既卒採用では必ず「既卒になった理由」を聞かれます。ネガティブな理由だとしても、ポジティブな内容に変換することを意識しましょう。
既卒が面接や履歴書でアピールできることは?
学生時代に取り組んだことや入社意欲をアピールしましょう。既卒は職歴がないので、学生時代の経験から自分の強みや価値観を伝えることが大切です。また、「働く意思が低いのでは?」と先入観を持たれないように、入社意欲もアピールする必要があります。
既卒におすすめの転職エージェントは?
「就職Shop」「ハタラクティブ」「DYM就職」がおすすめです。これらは既卒向けの求人を豊富に取り扱っている上に、転職サポートも充実しています。

まとめ

この記事では、既卒の就活についてまとめてご紹介しました。

既卒の就活は、新卒や第二新卒に比べると、厳しい傾向にあるのは事実です。しかし、きちんと対策したうえで、仕事に対する前向きな姿勢を示すことができれば、就職することはできるはず。

就職サポートが充実している転職エージェントを最大限活用することが、既卒就活を効率的に進めることができるポイントになります。

今回の記事を参考に、既卒の就活に強い転職エージェントを活用しながら、あなたにぴったりの仕事を見つけてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事