管理栄養士のおすすめ転職エージェント5選!内定獲得のコツも紹介

管理栄養士のおすすめ転職エージェント5選!内定獲得のコツも紹介

健康な体を維持するためには、毎日の食事は極めて重要です。

そして、日々の生活にも活かせる観点から、管理栄養士という仕事に注目している人は少なくありません。

そこで今回は、管理栄養士におすすめの転職エージェント5選をピックアップし、サービス内容などを紹介します。

この記事でわかること
  • 管理栄養士の主な転職先
  • 管理栄養士の転職を成功させるコツ
  • 管理栄養士におすすめの転職エージェント

また、管理栄養士は未経験でも転職できるかどうかにも触れていくため、ぜひチェックしてみてください。

管理栄養士のおすすめ転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界に詳しいキャリアアドバイザーのアドバイスを受けられる!
  • 多くの非公開求人を保有するため新たな出会いに期待できる!
  • 独自に分析した企業・業界情報を収集可能!

リクルートエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。そのため、求職者の希望・スキルに沿った仕事を紹介してもらえる点が特徴です。

 丁寧なヒアリングで今までの経験等を聞き出し、管理栄養士として求められるスキルを踏まえたうえで適切な仕事を案内してくれます。

また、多くの非公開求人を保有しているため、今まで他の転職エージェントや人材紹介会社で見たことがない新たな仕事との出会いに期待できます。

キャリアアドバイザーが独自に分析した業界や企業情報を収集できるため、転職活動において大いに役立つでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年12月8日時点 151,663件(非公開求人203,673件)
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント公式

doda

doda

おすすめポイント
  • 専任制でキャリアアドバイザーが転職をサポート!
  • 求人票に載らない情報を採用プロジェクト担当がお届け!
  • 転職イベントを随時開催!

業界・職種・エリア別の動向などに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、管理栄養士業界の転職事情を踏まえたうえで仕事を案内し、転職活動計画も立ててくれます。

 キャリアアドバイザーは求人紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策なども実施してくれます。電話・メール・LINEで気軽に相談可能です。

また、企業の人事担当者とコミュニケーションを取る採用プロジェクト担当により、採用計画や求める人材など内情を知れる点も大きなメリットと言えます。

随時転職イベントを開催しているため、企業担当者と直接会話ができる機会も少なくありません。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年12月8日時点 110,508件
対応エリア 全国

出典:doda公式

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 業界ごとの専任制でキャリアアドバイザーが在籍!
  • 企業担当アドバイザーが一般非公開の企業情報を提供!
  • 地域別の転職事情に精通したサービスも用意!

マイナビエージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、業界ごとの専任制です。そのため、管理栄養士の業界に詳しいアドバイザーによるサポートを受けられます。

 企業担当アドバイザーは求人票に載らない情報を提供してくれるため、仕事内容だけでなく職場の雰囲気なども事前に知ることが可能です。

また、地域別の転職事情に特化したサポートも提供しているため、自分が働きたいエリアに本社がある企業に精通することから、さまざまな情報を収集できます。

応募書類の添削や模擬面接など、内定獲得のための対策をしながらキャリアアドバイザーと二人三脚で歩めます。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • Web面談・LINE相談
  • 転職ノウハウの提供
  • テーマ別平均年収ランキングの紹介
公開求人数※2021年12月8日時点 32,660件(非公開求人32,192件)
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント公式

栄養士のお仕事

栄養士のお仕事

おすすめポイント
  • 専任のキャリアアドバイザーが転職をサポート!
  • 全国の栄養士・管理栄養士求人情報を保有!
  • 求人票ではわからない職場の特徴までを紹介!

在籍するキャリアアドバイザーは栄養士業界に特化しており、豊富な知識と経験を有している点が特徴です。専任制で担当してくれるため、転職活動について気軽に相談できます。

 キャリアアドバイザーは仕事の紹介はもちろん、求人票ではわからない職場の特徴なども提供してくれるため、いざ入社してからのミスマッチを軽減できます。

病院・介護施設・保育園・委託会社など、全国さまざまな求人が用意されているため、理想の転職を叶えやすいです。企業との条件交渉もしてくれるなど、手厚いサービス内容となります。

栄養士の役立ち情報やLINE限定の求人も配信されているため、ぜひ公式LINEを友だち追加しておきましょう。
運営会社 株式会社ウェルクス
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 面接日程調整
  • 条件交渉
公開求人数※2021年12月8日時点 2,400件
対応エリア 全国

出典:栄養士のお仕事公式

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ

おすすめポイント
  • 栄養士・管理栄養士業界専門のコンサルタントが徹底的にサポート!
  • 保育園・介護施設・病院など豊富な求人を用意!
  • 登録から即日で対応するスピーディーさが魅力!

栄養士転職ナビは、栄養士・管理栄養士業界専門の転職エージェントです。業界に精通したコンサルタントが、専任制で内定獲得を目指しサポートしてくれます。

 日本全国の求人を扱っており、保育園・介護施設・病院など勤務先も多岐に渡ります。可能な限り希望に近い求人を紹介してくれるため、遠慮せず想いを伝えましょう。

また、サービスに登録してから即日で対応するスピーディーさも魅力です。かつ、一人ひとりに合わせた丁寧なバックアップを実施してくれるため、内定率アップが期待できます。

一般に公開されない非公開求人も多数取り揃えているため、新たな仕事との巡り合わせがあるかもしれません。
運営会社 株式会社プレアデス
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 履歴書の書き方アドバイス
  • 面接日程調整
公開求人数※2021年12月8日時点 5,526件
対応エリア 全国

出典:栄養士転職ナビ公式

管理栄養士の転職事情

管理栄養士への転職を検討している方は多いと思いますが、実際の転職事情はどのようになっているのでしょうか?

転職事情を把握することで、戦略的に転職活動を進めることができます。ここでは、管理栄養士の転職事情について解説します。

管理栄養士は転職する人が多い 

管理栄養士は転職する人が多いのが特徴で、理由は以下のとおりです。

管理栄養士に転職する人が多い理由
  • 給料が安い
  • サービス残業が多い
  • 人間関係の問題
  • 業務時間が不規則
  • 身体がきつい

    このような理由から、管理栄養士は人材流出が激しい業界です。逆にいうと、売り手市場であるため、管理栄養士の資格を持っていれば、転職しやすい職種とも言えます。

    管理栄養士の業務量や待遇に不満を感じて転職する人は少なくありません。

    未経験でも管理栄養士への転職は可能

    料理

    未経験でも管理栄養士への転職は可能です。しかし、管理栄養士になるためには管理栄養士試験に合格しなければいけないことを覚えておきましょう。

     管理栄養士の資格を持っていない場合は、資格取得までに最低4年以上かかります。

    未経験から管理栄養士への転職を目指す場合は、若い方が有利であるため、20代のうちに行動することをおすすめします。

    30代後半になってくるとスキルや実績が求められるため、転職の難易度が上がります。

    資格を持っておくと転職に有利に働き、活躍できる場が広がる

    管理栄養士以外の資格を持っていれば転職に有利に働きます。例えば、以下のような資格を取得していれば即戦力として転職しやすくなるでしょう。

    管理栄養士の転職に有利な資格
    • 糖尿病療養指導士
    • 食品保健指導士
    • フードコーディネーター

    上記のような資格を持っていれば、薬局やドラックストア、食品メーカーなどへの転職に有利に働くでしょう。

    資格取得には時間を要するので、本当に必要なのかどうかを検討することが大切です。

    【保育園・企業】管理栄養士の主な転職先と仕事内容

    野菜

    保育園・学校

    子どものために、きちんと食事で栄養を摂るために献立を考えることが重要に役割です。アレルギーを抱えている子どももなかにはいるため、きちんと考慮してメニューを考えなければいけません。

     摂食障害も考慮するなど、きめ細やかな対応が求められる転職先と言えます。また、味覚や食習慣を育むための食育も必要です。

    小学校や中学校では、子どもに対して肥満・偏食・食べ物アレルギーなど個別指導を実施することも仕事内容となります。

    企業

    オフィスビル

    例えば食品メーカーに勤務した場合、商品開発・マーケティング・販売促進などの業務に取り組みます。

    そのため、管理栄養士としての知識だけでなく、マーケティングや営業など総合的な能力が求められるのです。

    ターゲット層に合った栄養素や味など、世に受け入れられる商品開発力・発想力なども重要です。

    飲食店

    飲食店も、管理栄養士が活躍できる転職先として挙げられます。栄養・健康面を考慮したメニューの考案は、集客力アップに繋がる要素と言っても過言ではありません。

     管理栄養士が考案したメニューなど、健康志向な人が増加していることからメディアで取り上げられる可能性も秘めています。

    また、管理栄養士がいる飲食店は人々の安心・信頼を得ることにも繋がるため、重要な人材と言えるでしょう。

    福祉施設

    野菜を切る人

    介護福祉施設に勤務する管理栄養士は、利用者一人ひとりに合わせた食事の提供が主な業務です。きざみ食・とろみ食など、それぞれ口にする食事の種類は異なります。

    どのタイプの食事が適しているかを考え提供することが、福祉施設にて働くうえで極めて重要です。

    減塩食を提供するなど、介護者の体調も考慮して食事を作らなければいけません。

    管理栄養士は未経験でも転職可能?

    料理をする人

    結論から言うと、未経験でも管理栄養士として転職することは可能です。ただし、管理栄養士試験に合格して資格を取得しておくことを忘れてはいけません。

     栄養士の資格を持っている人の場合は、一定期間の実務経験を積むことで管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。

    また、栄養士から管理栄養士になる場合、今までの経験を役立てることで未経験でも転職成功の可能性が高くなります。

    医療系の知識がある場合は、病院など医療機関で管理栄養士として働く方向性を選択すると、経験を活かせるため転職活動において有利に働くかもしれません。

    過去に営業経験がある場合は食品メーカー勤務が向いているなど、管理栄養士として進むべき道を見つけやすいです。

    管理栄養士の転職を成功させるコツ

    調理をする人

    将来像を明確に持ちきちんと伝える

    管理栄養士として、先を見据えたときにどのような将来像を描いているかを明確に持ち、きちんと採用担当者に伝えることが重要になります。

    重要なアピールポイント一例
    • 入社して取り組みたいことを伝える
    • キャリアプランを明確に持ち伝える
    • なぜ応募先を選んだか理由が明確にある

    応募先に勤務してから、「自分が何に取り組みたいか」「その理由は何か」をきちんと伝えることで、転職するにあたって確固たる信念があると感じてもらいやすいです。

    また、将来を見据えたキャリアプランを明確に持っていることを面接等できちんと伝えれば、入社してからの活躍がイメージできるため魅力的な人材と感じてもらいやすくなります。

     中途採用では即戦力を求めている先が多いと想定されるため、意欲のある人は積極的に採用したいと考えることはいたって自然です。

    そして、応募先を選んだ理由が明確にあることも、内定率をアップさせるための要素と言えます。他ではいけないと伝えることは、面接官の印象に強く残せる可能性があります。

    即戦力となり得る資格を取得する

    料理を提供する人

    管理栄養士として活躍するためには、即戦力として魅力を感じてもらえる人材でなければいけません。つまり、戦力となる資格を保有することが重要です。

    主な資格
    • 糖尿病療養指導士
    • 病態栄養看護師
    • NSTコーディネーター
    • 食品保健指導士
    • 健康運動指導士

    例えば、糖尿病療養指導士は糖尿病患者の療養指導業務を通算1000時間以上行っている管理栄養士・栄養士が対象となる資格となります。

    病院やクリニック勤務を希望する際は、即戦力として魅力を感じられるものです。

    食品保健指導士は、栄養士や食品関連業務で3年以上働いている人が対象の資格で、健康食品や保健機能食品について正しく理解・使用してもらうため指導したり相談に答えたりする専門家です。

     食品メーカーなど、企業に管理栄養士として勤務する際に役立つ資格となります。

    今までの経験が対象条件に定められている場合が少なくないため、事前に確認しておきましょう。

    転職エージェントを活用する

    仕事をする人

    転職エージェントを活用することで、個人で活動するよりも内定率アップが期待できます。

    転職エージェントの主なメリット
    • 自分に合った求人を紹介してもらえる
    • 応募書類の添削や面接対策などを実施してもらえる
    • 一般に公開されていない非公開求人を紹介してもらえる
    • 企業からスカウトされる場合がある
    • 独自に収集した業界・企業の転職事情などの情報を提供してもらえる

    在籍するキャリアアドバイザーが求職者の希望を聞き、それに合った求人を厳選し紹介してくれます。また、応募書類の添削や面接対策などを実施し、内定率アップをはかれる点も特徴です。

     一般には出回っていない非公開求人を保有する転職エージェントは少なくないため、今まで見たことがない仕事と巡り合えるチャンスがあります。

    自分から応募するだけでなく、企業から面接確約オファーが届くスカウトサービスを有する転職エージェントもあるため、自身の市場価値を知れるきっかけにもなるでしょう。

    キャリアアドバイザーが独自に分析した業界・企業の情報を共有してもらえる点も、転職エージェントのメリットです。

    管理栄養士が転職エージェントを利用するときのコツは?

    ギークリーの活用のコツをご紹介

    管理栄養士になるために、転職エージェントの利用を考える方は少なくありません。転職エージェントは賢く利用することで、理想の転職が叶いやすくなります。

    ここでは、管理栄養士が転職エージェントを利用するときのコツについて解説します。

    管理栄養士が転職エージェントを利用するときのコツ
    • 転職時期は「今すぐにでも」と伝える

    • 転職理由はポジティブにする

    • スキルや経歴に嘘をつかない

    • 複数の転職エージェントを利用する

    • 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

    それぞれ、解説しますね。

    転職時期は「今すぐにでも」と伝える

    キャリアコンサルタントとの面談では、転職時期を聞かれます。その際は「今すぐにでも転職したい」と答えるようにしましょう。

     転職エージェントは求職者の内定が決まると、その企業から報酬をもらえる仕組みで、キャリアアドバイザーは日々の売り上げ目標に追われています。

    そのため、転職に積極的な人を優先する傾向があります。「今すぐにでも転職したい」と答えることで、やる気がある人材とみなされ、優先順位をあげてくれるでしょう。

    転職に積極的である姿勢を見せることが大切です。

    転職理由はポジティブにする

    キャリアアドバイザーとの面談では、転職理由も聞かれます。ここでは、ポジティブな転職理由を答えるようにしょう。前述のとおり、管理栄養士は離職率の高い職業です。

     しかし、転職する理由がネガティブでは、「転職にも消極的なのでは?」という印象を持たれかねません。このような印象を持たれてしまうと、他のユーザーを優先されてしまう可能性があります。

    また、ポジティブな転職理由にすることで、面接時にも好印象を与えることができます

    転職理由をポジティブにするだけで、「入社後に活躍してくれそう」「仕事を前向きに取り組んでくれそう」といった期待感にも繋がることを覚えておきましょう。

    ネガティブな理由で退職したとしても、ポジティブな理由に変換するように心がけましょう。

    スキルや経歴に嘘をつかない

    ②応募・選考(準備期間1~2ヶ月)

    転職エージェントを利用の際に、スキルや経歴に嘘をつくのは言語道断です。

     経歴に嘘が発覚した場合、求人紹介をストップされるだけでなく、エージェントを強制退会させられるケースがあります。

    また、偽った経歴で転職ができたとしても「いつかバレるかも」と不安な気持ちで働くことになりますし、入社後にバレてしまっては大きなトラブルになりかねません。

    よって、スキルや経歴に嘘はつかないようにしましょう。

    複数の転職エージェントを利用する

    複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを複数利用するメリットは以下のとおりです。

    複数の転職エージェントを利用するメリット
    • 各転職エージェントの非公開求人にアクセスできる

    • キャリアアドバイザーの比較ができる

    • 転職エージェントを使い分けられる

    転職エージェントを複数登録すると上記のようなメリットがありますが、管理が大変になるので注意が必要です。

    転職エージェントは総合型2社、特化型1社に登録するのが良いと言われています。

    同じ案件に複数のエージェントから応募しない

    複数のエージェントを利用している場合、同じ案件に応募しないように注意しましょう。

     同じ案件に応募した場合、企業側で必ず気づくような仕組みになっており、キャリアアドバイザーに「他のサイトからも応募があるのだけど」と連絡が行きます。

    こうなってしまうと「自己管理ができない人」だと思われてしまい、求人の紹介がされなくなる可能性があります。

    そのため、複数の転職エージェントを利用する場合は、同じ案件に応募しないようにしましょう

    複数の転職エージェントから同じ案件の紹介があった場合は、一番信頼できるエージェントから応募するようにしましょう。

    管理栄養士の平均年収はどれくらい?

    管理栄養士の平均年収はどれくらいなのでしょうか。ここでは、管理栄養士の平均年収を分野別に紹介します。まず、管理栄養士の平均年収は430万円で、平均年収推移は322~500万円となっています。

    比較として、栄養士の平均年収推移は280~410万円です。

    管理栄養士の方が平均年収は高い傾向にあります。

    管理栄養士の業種別平均年収

    管理栄養士は様々な業種で活躍できます。そのため、業種ごとでも平均年収が異なってくるのです。ここでは、管理栄養士の業種別平均年収をみていきましょう。

    管理栄養士の職場別平均年収
    病院 440万円
    保育園 341万円
    食品メーカー 420万円
    給食センター 600万円
    老人保健施設 430万円
    行政(初任給) 323万円

    上表のとおり、管理栄養士は所属する組織によって、平均年収が大きく変わってきます。行政というワードがありますが、こちらは公務員のことです。

    公務員は一般企業よりも給料が高いイメージですが、管理栄養士の場合は、他と比べても低いことが分かります。

    しかし、公務員はここから本領を発揮して、経験年数を積むと確実に昇給していきます。20年ほど勤めると管理栄養士の平均年収は600万円以上になり、民間企業を上回るでしょう。

    とはいえ、民間企業でも全職種の平均年収403万円よりも高い傾向があります。

     管理栄養士の平均年収は所属する組織によって大きく異なるのが特徴です。

    管理栄養士の年齢別平均年収

    次に管理栄養士の年齢別平均年収を紹介します。

    管理栄養士の年齢別平均年収
    20~24歳 245万円
    25~29歳 305万円
    30~34歳 335万円
    35~39歳 383万円
    40~44歳 430万円
    45~49歳 482万円
    50~54歳 516万円
    55~59歳 512万円
    60~65歳 348万円

    最大年収を迎えるのは50代で516万円でした。また、働き盛りである30代は383万円になります。

    他の職種に比べると、管理栄養士は年齢に対しての年収の伸びはよくないです。

    管理栄養士の男性と女性の年齢別平均年収

    次に、管理栄養士の男性と女性の年齢別平均年収をみていきましょう。

    管理栄養士の男性と女性の年齢別平均年収
    年齢 男性 女性
    20~24歳 345万円 215万円
    25~29歳 355万円 255万円
    30~34歳 307万円 235万円
    35~39歳 317万円 279万円
    40~44歳 352万円 309万円
    45~49歳 408万円 360万円
    50~54歳 458万円 406万円
    55~59歳 453万円 402万円
    60~65歳 283万円 248万円

    どの年齢においても、男性の方が高い傾向があります。

    出典:https://heikinnenshu.jp/kenkou/kanrieiyou.html

    管理栄養士の転職の流れを解説

    ここでは、管理栄養士への転職の流れについて解説します。まず、最初に伝えたいことは、管理栄養士になるためには、管理栄養士試験に合格しなければいけません。

    もし、あなたが管理栄養士の資格を持っていない場合は、管理栄養士になるために最低でも4年以上かかることを念頭においてください。

    ここでは、管理栄養士の資格を持っていることを前提に転職の流れを解説します。

    管理栄養士への転職は以下の流れで進みます。

    管理栄養士への転職の流れ
    1. 転職エージェントに登録
    2. キャリア面談
    3. 職務経歴書・履歴書の作成
    4. 情報提供・求人紹介
    5. 求人への応募
    6. 面接・選考
    7. 内定・退職・入社

    ひとつずつ、見ていきましょう。

    1.転職エージェントに登録

    まずは、転職エージェントに登録しましょう。本記事では、管理栄養士におすすめの転職エージェントを紹介しています。こちらに登録しておけば間違いないです。

    転職エージェントは無料で登録できますよ。

    2.キャリア面談

    転職エージェント登録後は、キャリアアドバイザーとの面談があります。この面談ではこれまでの経歴やスキル、希望している求人の条件などがヒアリングされます。

    面談を通じて、キャリアアドバイザーとともに転職の目的を明確にしていきましょう。

    面談に関して、直接面談と電話面談の2通りから選べますよ。

    3.職務経歴書・履歴書の作成

    面談が終わったら、企業に提出する職務経歴書・履歴書の作成に入ります。ここで作成する書類は、書類選考を通す上で大切なので、誤字脱字に気をつけながらしっかりと作成するようにしましょう。

    書き方が分からない場合は、遠慮なくキャリアアドバイザーに聞いてください。

     職務経歴書と履歴書はとても重要な書類です。作成後は、必ずキャリアアドバイザーに添削してもらいましょう。

    4.情報提供・求人紹介

    書類作成が終わったら、面談でのヒアリング内容をもとに、キャリアアドバイザーから希望条件に近い求人紹介をしてもらえます。

    他のサービスにはない非公開求人もあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

    転職エージェントを利用すると自分で求人を探す手間がありません。

    5.求人への応募

    気になる求人にはキャリアアドバイザーを通して、応募することができます。応募すると書類選考が始まります。

     書類選考の通過率は30%前後と言われています

    6.面接・選考

    書類選考が通ると、いよいよ面接です。面接の日程調整に関しては、キャリアドバイザーが間に入って調整してくれるので気負う必要はありません。

    転職エージェントは企業ごとに面接対策を行っているため、不安なことは面接までには解消しておくようにしましょう。

    キャリアアドバイザーは面接官の人柄や雰囲気、よく聞かれる質問について企業ごとに把握しています。

    7.内定・退職・入社

    面接に合格するとキャリアアドバイザーを通して、内定通知がもらえます。内定通知には勤務条件等が記載されているので、よく確認しましょう。

    内定通知に問題がなければ、退職と入社のスケジュールを立てます。

    内定通知の条件に不満がある場合は、キャリアアドバイザーにその旨を伝えることで企業と条件交渉してくれます。

    また、退職時はトラブルが生じやすいので、気を抜かないようにしましょう。

    転職先に入社するまではキャリアアドバイザーがしっかりと対応してくれます。退職や入社のことで、不安がある場合は、遠慮せずに質問することをおすすめします。

    よくある質問

    管理栄養士におすすめの大手転職エージェントは?
    リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントが挙げられます。大手ならではの豊富な求人数から、理想に近い仕事を見つけられる可能性が高いです。
    管理栄養士におすすめの特化型転職エージェントは?
    栄養士のお仕事、栄養士転職ナビが挙げられます。いずれも管理栄養士の転職サポートに特化しており、在籍するキャリアアドバイザーも業界に精通している点が特徴です。大手と併用することで、数ある求人から自分に合ったものを見つけやすくなるでしょう。
    管理栄養士の主な仕事内容は?
    勤務先によりますが、例えば学校や保育園であれば子どもが食事で栄養を摂るために、献立を考えることが重要な仕事です。企業であれば、商品開発・マーケティング・販売促進などの業務に取り組みます。
    管理栄養士の主な転職先は?
    主な転職先は、保育園・学校・企業・飲食店・福祉施設などです。各勤務先で仕事内容や給与は異なるため、転職活動時には事前にチェックしておきましょう。
    管理栄養士は未経験でも転職可能?
    未経験でも管理栄養士として転職することは可能です。今までの知識や経験を活かすことが重要なため、医療系の知識がある場合は病院など医療機関で管理栄養士として働くという選択肢を持ちましょう。また、営業経験がある場合は食品メーカー勤務が向いています。
    管理栄養士の転職を成功させるコツは?
    将来像を明確に持つこと、即戦力となり得る資格を取得すること、転職エージェントを活用することが挙げられます。自分が今後どのようなキャリアを積みたいか明確に持つことで、採用側からすると魅力的な人材と感じやすいです。そして、転職エージェントを活用することでキャリアアドバイザーからのサポートを受けられるため、内定率アップが期待できます。
    管理栄養士の平均年収は?
    管理栄養士の平均年収は、求人ボックスによると約309万円(※1)です。日本の平均年収は約461万円(※2)となるため、比較すると低い金額となります。しかし、管理栄養士の年収幅は約264万円~約687万円となるため、キャリアを積むあるいは勤務先によっては、日本の平均を大きく上回ることが可能です。

    まとめ

    この記事では、管理栄養士におすすめの転職エージェント5選をピックアップしてサービス内容を紹介し、かつ内定獲得のコツについいても解説しました。

    転職エージェントを選ぶ際は大手と特化型のいずれもチェックし、自分に合ったサービス内容のものを活用しましょう。

    転職を成功させるには、将来像を明確に持ち採用担当者にきちんと伝えること、即戦力となり得る資格を取得すること、転職エージェントの活用がカギを握っています。

    転職先によって仕事内容や給与は異なるため、事前にリサーチすることをおすすめします。

    記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、上手く活用しながら管理栄養士への転職を目指してみてください。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事