看護師を辞めたい時はどうする?よくある理由や対処法も詳しく解説

看護師を辞めたい時はどうする?よくある理由や対処法も詳しく解説

看護師は命を預かる責任やプレッシャーの中で、毎日業務にあたっています。看護師として働く中で、辞めたいと思ったことがあるも少なくないでしょう。

看護師を辞めて他の仕事に転職したいと考えている人もいるかもしれません。

そこで今回は、看護師を辞めたいと思ったときの対処法看護師の転職を叶えるポイントについて解説していきます。

この記事でわかること
  • 看護師が辞めたいと思う理由
  • 看護師を辞めたいときの対処法
  • 看護師の転職を成功させる方法

看護師におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひこの記事を転職について向き合う参考にしてみてください。

看護師を辞めたいと思ったことのある人は多い

泣く看護師

2021年10月、日本労働調査組合により全国の看護師536名を対象に実施された「看護師の退職動機に関するアンケート」によると、退職を検討していると答えた人が60.6%でした。

 そのうち、新型コロナウイルス感染症の影響で辞めたいと答えたのは21.6%、それ以外の理由は39.0%です。

雇用や経済的な安定というメリットは感じているものの、人間関係、責任の重さ、精神的な不安などのデメリットを感じている看護師が多いようです。

辞めたいと思っている看護師が半数以上という結果になり、看護師の過酷な職場環境をうかがい知ることができます。

看護師を辞めたい人によくある理由は?

汗をふく看護師

難しい試験に突破し、見事看護師になったにも関わらず辞めたいと思ってしまうのはなぜでしょうか?

ここでは、看護師を辞めたいという考えに至るよくある理由について見ていきましょう。

職場の人間関係

人間関係の悩みはどの会社でも挙げられる問題ですが、医療現場には女性が多い、経験が重視される、タイムプレッシャーがあるなど、人間関係を複雑にする要素がたくさんあります。

 女性がメインの職場だけに、陰口がある、ピリピリしている、ベテラン看護師との接し方に困るといった悩みが多いようです。

人間関係にストレスを感じると、仕事そのものが苦痛になります。また、医師との関係を築くのが難しいという声もありました。

医師と看護師両方の人間関係が悪く、ストレスのたまる現場で働いているという看護師もいます。

労働環境がきつい

仕事が終わらない看護師

病院によっては、人手不足で看護師ひとりに対する負担が大きい、残業が多いといった、労働環境に悩むこともあるようです。また、夜勤が多いと、体のリズムが崩れたり、体調不良が続いたりするケースもあるでしょう。

 過酷な労働環境が心身ともに辛く、長く続けられないという声もあります。

残業や夜勤があると家庭やプライベートとの両立が難しくなり、辞めたいと感じる人も少なくないでしょう。

プレッシャーの大きさや責任の重さ

患者様の命を預かるプレッシャーの大きさや責任の重さは、看護師ならではの悩みです。

 自分の行為が患者の命に直結するため、少しのミスでも向いていない、辞めたいと感じてしまう人もいます。

また、チームで働く場面も多いため、自分の仕事がスタッフの仕事に影響を与えることにも、責任の重さを感じてしまうともあるでしょう。

責任感の強い人ほど、プレッシャーの大きさや責任に重さに耐えきれなくなってしまう傾向にあるのかもしれません。

給与や待遇に不満がある

フェイスガードをしてうつむく看護師

残業や夜勤が多く、命を預かる重責もあるにもかかわらず、それが給料や待遇に見合っていないと感じる人もいるようです。

 こんなに大変な割に給料に反映されていないと、もっとストレスの少ない職場で働きたいと考えるのも無理はありません。

夜勤手当が低い、残業代がつかないなどといった給料や待遇への不満があると、何のために頑張っているのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

コロナウイルス感染症の影響

新型コロナウイルス感染症の影響で辞めたいと感じた人もたくさんいます。コロナ患者と接するため、自身も隔離されたり偏見の声をかけられたりと、辛い思いを経験した看護師も多いよう。

 自分も感染してしまうかもしれない、家族や周りの人にも感染してしまうかもしれないと思うことも、大きなストレスです。

看護師の離職者が増え人手不足に陥り、さらに労働環境が悪化してしまったケースも少なくないでしょう。

コロナ対応にあたる看護師の大変さはこれまで以上に増し、これ以上続けられないと転職を検討する人もいます。

看護師を辞めたい時の対処法

悩んでいる看護師

看護師を辞めたい時には、どんな対処法があるのでしょうか。ここでは、看護師を辞めたいと思った時にすぐに実践できる3つの対処法について紹介します。

とりあえず仕事を休んでみる

一旦仕事から離れるためにも、とりあえず休みをもらい心を落ち着けましょう。もちろん、「人手が足りず休むなんで言い出せる雰囲気じゃない」ということもあるかもしれません。

 しかし、辞めるかどうか悩んでいるということは、心と体が限界に近付いている証でもあります。無理をしては状態はひどくなる一方です。

有給休暇を使うなどして、とりあえず1日でも職場から離れてみましょう。もう限界なのであれば、休職して仕事から一定期間離れてみるという方法もあります。

心身をリフレッシュすることで、先の見通しが立てやすくなったり、前向きな気持ちになったりすることもあるでしょう。

辞めたい理由を明確にする

ノート

自分がストレスに感じていることは何なのか、明確にしてみることも大切です。

 辞めたい理由を明確にしたうえで、辞める以外に解決方法はないかかんがえてみましょう。

誰かに相談したり話を聞いてもらったりすることで、自分の気持ちがわかることもあります。

ただ漠然と辞めたいと考えるのではなく、なぜ辞めたいのかを理解することで、自分が求める働き方を理解することができます。

部署異動で解決できないか考えてみる

今の職場の環境や人間関係がストレスになっているのであれば、部署異動もひとつの方法です。

 部署異動で解決できるのであれば、思い切って部署異動を願い出てみましょう。

働く診療科が変われば職場の雰囲気や人間関係、業務内容も異なり、新しい環境で心機一転頑張ることができます。

もちろん部署異動はタイミングが合わなければすぐには無理かもしれませんが、相談することで何かしら対処を検討してもらえる可能性もあるでしょう。

今の病院で働くこと自体が嫌でないのであれば、まずは一度部署異動について相談してみてはいかがでしょうか。

看護師を辞めたい!転職した方がよいケースとは

飲み薬とマスク

ストレスが大きく体調やメンタルに影響がある

職場のストレスにより体調やメンタルに何かの支障が出ている場合は、看護師として働き続けるかはさておき、ひとまず今の職場を退職することを検討してください。

 環境を断ち切ることでストレスが軽減し、回復に向かうこともあるでしょう。

ただし、鬱の症状が出ている場合は、急な環境の変化により症状が悪化することもありえます。必ず主治医に「すぐに環境を変えるべきか否か」を確認し、判断を仰ぐようにしましょう。

辞めるべきでないと判断されるのであれば、まずは休職して体調を整えることになります。

出典:あなたは大丈夫?うつ病再発の原因と対策を解説!―医療法人東横会たわらクリニック

残業時間が過労死ラインを超えている

時計

慢性的に人材不足の病院も少なくないため、不測の事態や残った仕事などにより残業することもあるでしょう。

しかし、残業時間が過労死ラインを超えている、もしくはそれに近いような状態にある場合は、適切な職場環境とは言えないため、退職を検討すべきです。

過労死ラインとは、厚生労働省が定めている過労死等防止対策のことです。

過労死ラインとは
  • 発症前1カ月間に100時間勤務
  • 2~6カ月平均月80時間勤務
勤務時間が過労死ラインに当てはまらないかどうか、今一度確認してみましょう。

 過労死ラインに近い、もしくは超えているという場合は、自分のために即刻退職を検討してください。

2021年の9月より過労死認定基準が改正され、上記の過労死ラインに当てはまらなくても、これに近い状態が認められれば過労死に見なされることとなり、認定がより柔軟になっています。

給料が労働に見合っていない

過労死ラインを超えていなくても、どう考えても給料と労働が見合っていないという場合も、退職を検討すべきです。

 現状の給料や待遇が悪い場合、今後もなかなか改善されないと判断しましょう。

残業しても残業代がつかないといったケースもあるかもしれません。

過去にサービス残業の実績がある場合は、職場総務に相談、それでも支払われない場合は労働基準監督署に相談してみましょう。

看護師を辞めて新しい道へ!経験を活かせるおすすめの職種

空を見上げる看護師

「職場だけでなく看護師も辞めたい!」という場合は、看護師として働いた経験や資格を活かした職種を検討するのがおすすめです。

ここでは、看護師の経験を活かせる職種・業界について解説していきます。

産業看護師

産業看護師とは、保健所や病院ではなく、企業に所属する看護師のことです。

企業などに設置された医務室や健康管理室で、社員の急病やケガの応急処置、健康管理、メンタルヘルス対策といった職務を担当します。

 保健師や産業カウンセラーなどの資格があれば有利になるケースもありますが、看護師資格以外に必須の資格は特にありません。

勤務形態は企業勤めと同じになるため、一般企業であれば平日のみの勤務で、夜勤や土日出勤もないでしょう。

「看護」とはつきますが基本的に看護することはなく、デスクワークがメインの仕事です。

美容業界

美容医療

看護師としての知識を活かして、美容業界で働くという選択肢もあります。美容皮膚科や美容クリニック、エステサロン、マッサージなどの職種で活躍するのもいいでしょう。

 看護師資格が必須でない職場もありますが、体に関する専門知識があるに越したことはありません。

基本は日勤のみのため、夜勤もなく残業も少ない傾向にあります。ただし、土日は休みでなくシフト制の不定休であることも多いようです。

サービスに力を入れるため、接客スキルが求められます。

治験コーディネーター

看護師資格は必須ではありませんが、治験コーディネーターも看護師におすすめの仕事です。

治験コーディネーターとは、製薬会社が作った薬の開発試験がスムーズに進むようサポートするのが役割。被験者に対して治療内容の説明をしたり相談に乗ったりするのが、主な仕事内容です。

 疾病や薬についての知識や患者様と関わってきた経験を活かすことができるでしょう。

この他にも、フローの作成や関連部門の調整、担当医の補助、企業への報告など、さまざまな業務に携わることもあります。

専門性のある業務内容のため、看護師資格を保有していると就職に有利です。

接客業

レストランで接客する女性スタッフ

多くの患者様と接してきた経験を活かして、接客業を選択するのもいいでしょう。接客業とは、業種を問わずお店に来たお客様に直接対応する仕事のことです。

 どんな相手でも臆せずに接することができることは、接客業において強みになります。

ただし、仕事にもよりますが、接客業の場合看護師資格を活かせる場面は少ないでしょう。また、接客スキルやビジネスマナーを習得する必要もあります。

看護師とは全く違う職種を考えているなら、接客業もいいかもしれません。

【看護師を辞めたい方向け】転職の手順を解説

【看護師を辞めたい方向け】転職の手順を解説

看護師を辞めると決めたら、退職することを見据えて行動に移す必要があります。ここでは、看護師を辞めたい方に向けて転職の手順を解説します。

【看護師を辞めたい方向け】転職の手順

ステップ1:転職活動をして、転職先を決める

ステップ2:勤務先に退職の意向を伝える

ステップ3:業務の引き継ぎを行う

ステップ4:有給を消化する

ステップ5:退職する

順番にみていきましょう。

転職活動をして、転職先を決める

自営業をしたい方や無職になりたい方を除いて、転職先を決める必要があります。退職してから転職することもできますが、基本的には在職中に転職先を決めることをおすすめします。

 転職活動は長引くことも多く、在職中に転職活動をした方が経済面で心配することはありません。

また、離職期間が長くなってしまうと、採用担当者から疑問を持たれ書類選考で落とされる可能性があります。そのため、在職中に転職活動して転職先を決めることをおすすめします。

仕事があまりにも辛い場合は、退職してから転職活動をしてもOKです。

勤務先に退職の意向を伝える

転職先が決まったら、勤務先に退職の意思を伝えましょう。

退職を伝えるタイミングとして法律では2週間前で問題ないのですが、各会社の就業規則によってさらに前倒しで退職する旨を通知する必要があるかもしれません。

円満退社をしたいなら、就業規則を確認しルールに遵守した上で、退職の意向を伝えるようにしましょう。退職の意向は直属の上司に伝えることが一般的です。

 直属の上司を飛び越えてトップや人事部に伝えるとトラブルに発展しかねません。組織に属する以上、プロセスを踏むことは大切です。

業務の引き継ぎを行う

勤務先に退職の意向を伝えたら、業務の引き継ぎを行います。仕事のやり方や部署の人間関係など、後任者がスムーズに業務を行えるように細いところまで教えてあげましょう。

有給を消化する

有給休暇が未消化のまま残っていたら、退職前までに全ての有給を消化するようにしましょう。有休休暇は最終出勤日までまとめて取得することが可能です。

その期間は次の転職先への準備やリフレッシュなどに利用できます。また、給与も支払われるので、有給休暇を取得した方が得をします。

有給休暇は看護師の権利なので、きちんと取得するように申請しましょう。

退職する

有給休暇を消化したら、最終出勤日に病院を退職することになります。最終日は引継ぎの最終チェックやデスク周辺やロッカーの片付けを行いましょう。

そのあとに、医師や同僚などお世話になった人に挨拶まわりをします。

 挨拶まわりは必ずしなければいけないという決まりはないものの、退職後も関わりがあるかもしれないので、お世話になった人には直接挨拶をするのが一般的です。

相手の業務に支障が出ないように心がけながら、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。比較的業務が落ち着いている時間帯に挨拶まわりをすることが望ましいです。

看護師の転職を成功させるポイント

いろいろ考えた結果看護師の転職を決意したら、転職に向けて行動あるのみです。ここからは、看護師からの転職を成功させるためのポイントを解説していきましょう。

職場への優先順位を明確にする

チェックリストとペン

求人を探す前にしておきたいことは、職場へ希望する条件をピックアップすることです。条件をすべて洗い出したら、その中で優先順位をつけていきましょう。

すべての条件に合う求人が見つかるのが理想的ですが、実際にはそう理想に合う条件の求人を探すのは至難の業です。

 譲れない条件を明確にすることで、求人探しの方向性を定めることができます。

看護師の働き方の選択肢はさまざま。夜勤がない、決められた時間内での勤務、家庭の両立などといった優先事項から、条件に合う求人を見つけていきましょう。

病院勤務だけでなく、介護施設やクリニック、訪問看護ステーションなど、選択肢を広げてみましょう。

転職前に必ず見学する

気になる求人を見つけたら、応募する前に見学しておくのがおすすめです。求人情報でわかるのはほんの一部のみで、見えない部分もたくさんあります。

見学を依頼するのもいいですが、できれば患者の立場から病院を見学できるといいかもしれません。

見学時の主なチェックポイント
  • スタッフはあいさつしてくれるか
  • スタッフの年齢層
  • ワゴンの備品の数
  • 機材や物品庫が整理されているかどうか

スタッフのあいさつがおろそかになっている場合、そんな余裕もないほど忙しいということも考えられます。備品の数が十分かどうかも、スムーズな業務に影響するでしょう。

若いスタッフばかりという場合は、スタッフが定着しない可能性も。また、備品がきちんと整理されていないようであれば、人手が足りていないのかもしれません。

 見学を依頼する場合は、更衣室の清潔さもチェックしましょう。患者の目に触れる部分にしか気を配っていない可能性もあります。

求人情報に記載されている情報ばかりではなく、自分の目で確認する姿勢も大切です。

働く環境としてどうかを見学し、いいなと思えば応募に踏み切りましょう。

転職エージェントを利用する

看護師

看護師として働ける職場を探すなら、看護師に特化した求人サイトや転職エージェントを活用しましょう。年収や勤務形態、福利厚生といった条件に合わせて、求人検索しやすいのが特徴です。

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…掲載されている求人に自分で応募する
  • 転職エージェント…求人紹介から応募、書類添削、面接対策をサポートしてくれる

自分で希望に合った求人を見つけて自分で応募するのが転職サイトで、転職のプロがすべての工程をサポートしてくれるのが転職エージェントです。

 転職エージェントは転職サイトで公開されていない非公開求人も保有しており、条件のよい求人に出会える可能性も広がります。

転職エージェントは医療業界の動向や内部事情にも詳しく、有益なアドバイスを受けることもできるでしょう。

自分で転職活動を進めたいなら転職サイト、自分だけで転職を進めるのに不安があるという人は転職エージェントがおすすめです。

【総合型】看護師を辞めたい人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            【特化型】看護師向けのおすすめ転職エージェント3選

            [看護師向けおすすめ3選]

            よくある質問

            看護師を辞めたい人におすすめの転職エージェントは?
            「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」がおすすめです。これらは求人数が豊富で、コンサルタントの転職サポートも充実しています。転職エージェントを初めて利用する方にも使いやすいサービスになっています。
            看護師を辞めたいと思ったことのある人は多いのか?
            2021年10月日本労働調査組合の全国の看護師536人を対象にした調査によると退職を検討していると回答した人が60.6%でした。雇用や経済的なメリットは感じている一方で、人間関係や責任の重さにデメリットを感じている看護師が多いようです。
            看護師を辞めたい人によくある理由とは?
            「職場の人間関係」「労働環境がきつい」「責任が重い」「給与や待遇に不満がある」といった理由が挙げられます。難しい試験に突破したものの看護師特有の労働環境に辛いと感じる人は多いようです。
            看護師を辞めたい時の対処法とは?
            とりあえず仕事を休んでみることをおすすめします。職場に迷惑をかけると思うかもしれませんが、辞めるかどうか悩んでいるときは心と体に限界を感じている証でもあります。無理をしては状態が酷くなる一方なので、まずは仕事を休んで心身をリフレッシュさせることをおすすめします。それでも解決しない場合は、部署異動できないか上司に相談してみましょう。
            看護師を辞めて転職した方がよいケースとは?
            ストレスが大きく体調やメンタルに影響が出ている場合は退職を検討した方がよいです。環境を断ち切ることでストレスが軽減し、回復に向かう可能性があります。また、残業時間が過労死ラインを超えている場合も退職を検討しましょう。
            看護師の経験を活かせる職種とは?
            「産業看護師」「美容業界」「治験コーディネーター」「接客業」は看護師の経験を活かせる職種と言えるでしょう。これらの職種は身体に関する知識と接客のスキルが求められます。そのため、看護師資格を保有していると転職に有利に働きます。
            看護師の転職を成功させるポイントとは?
            転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントは医療業界の動向や内部事情に詳しく、有益なアドバイスを受けることができます。総合型と特化型のエージェントがあるため、併用することで効率的な転職活動ができるでしょう。

            まとめ

            看護師であれば誰もが一度は「看護師を辞めたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。そのとき考えるべきは、看護師そのものを辞めたいのか、それとも今の職場を辞めたいのかという点です。

            転職を決意する前に、まずなぜ辞めたいのか、転職以外の解決方法はないのかを立ち止まって考えてみましょう。

            看護師資格や経験を活かせる場所は、病院に限りません。広い視点を持って、自分の今後の方向性を探してみるのもいいでしょう。

            転職するかしないか悩んだ場合にも、相談相手として転職エージェントを活用するのもおすすめです。記事内では無料で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介したため、ぜひチェックしてみてください。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事