【例文あり】看護師の職務経歴書の書き方|提出する際のマナーも解説

【例文あり】看護師の職務経歴書の書き方|提出する際のマナーも解説

看護師として働くにあたって、今の職場で定年まで過ごすとは限りません。さまざまな理由から、転職を考えている人は少なくないでしょう。

その際、内定を勝ち取るには職務経歴書の書き方が重要になります。

いかに次の転職先に対して良いアピールができるかによって、内定獲得率は左右されると言っても過言ではありません。

そこで今回は、看護師の職務経歴書の書き方や、提出する際のマナー・注意点などを解説します。

この記事でわかること
  • 看護師が職務経歴書を提出する目的
  • 看護師の職務経歴の書き方
  • 看護師の職務経歴書の例文
  • 看護師が職務経歴書を提出する際のポイント

看護師の転職で転職エージェントの活用がおすすめな理由についても触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。

看護師の転職で職務経歴書を提出する目的

仕事をする人

多くの職種や業種で、転職活動の際に履歴書に加えて職務経歴書の提出を求める企業は少なくありません。看護師の転職においても、職務経歴書が必要となるケースがあります。

看護師の転職で履歴書が必要となるのは、以下のような理由が挙げられるためチェックしておきましょう。

主な理由
  • 数多くの応募者の中でも差別化を図りやすい
  • 採用側が即戦力かどうかを見極めやすい
  • 人柄や今までのスキルを伝えやすい

履歴書が氏名・住所・経歴などの基本情報を伝えるための書類であるのに対し、職務経歴書はより詳細な経験や人柄などを伝えられる書類です。

 例えば、一緒の職場で働き同じ資格を持っている人が複数いた場合、履歴書だけでは違いを判断できません。

人気がある職場では、多くの応募者を効率的に書類選考の時点で絞らなければいけないため、採用側は多くの応募者から即戦力を見つけるために職務経歴書に記載内容を参考にします。

また、履歴書では示せないスキルや経験などを詳細に書くことで、自分の人柄や努力などもアピールするチャンスに繋がります。

職務経歴書の提出は必須でないケースもありますが、時には採用されるか否かを決める重要な役割を担うのです。

【例文あり】看護師の職務経歴書の書き方

看護師

タイトル・日付・氏名

タイトル・日付・氏名は、職務経歴書の基本となる情報です。間違いなく書くことはもちろんですが、見やすいフォーマットでの記載を心掛けましょう。

まず、タイトルについては一番上の真ん中にやや大きめのフォントで「職務経歴書」と記載します。次に、日付は「職務経歴書を書いた日」を記載してください。

 タイトルのすぐ下の行に右寄せで記載し、日付の右側には「現在」を付け、「2022年4月1日現在」というように書きましょう。

そして、氏名に関しては日付のすぐ下の行に同じ大きさで右寄せで書きます。氏と名の間にスペースを空けると、見やすくてわかりやすいです。

経歴概略

看護師

経歴について、およそ2行~3行程度でまとめて書きます。どんな職場や施設でどのくらいの期間働いたか、どのような経験を積んできたかを簡潔に書くことが大切です。

例えば、「循環器内科病棟で3年間、看護業務に従事してしました。看護リーダーの活動経験があります。」といったように、わかりやすさを意識して記載しましょう。

職務経歴

職務経歴とは、経歴概略をより詳細に記載したものです。各項目をワンセットにし、時系列順に表にしてまとめます。

勤務した病院や施設などの正式名称については、法人名などを省略せず「医療法人〇〇会〇〇病棟」といったように記載しましょう。

在宅期間は「2020年1月~2022年4月」というように、勤務した年と月を記載します。その際は、同じ勤務場所ごとにまとめて書いてください。

 勤務場所の規模や診療科目については、「病床数:一般100床」、「診療科目:内科・救急科」というように、経験したものをすべて記載します。

そして、担当業務は医療機器の操作・術後の個別生活指導・新人看護師への勉強会主催など、請け負っていた業務を箇条書きで簡潔にまとめるとわかりやすいです。

経験・知識・技術など

パソコンを操作する人

担当業務を深堀りした経験・知識・技術を箇条書きにして、どのようなことができるか簡潔に記載しましょう。

主な例
  • 細かな作業を必要とする業務をミスなく行う力
  • 相手の不安を汲み取りつつ的確に心身ともにフォローする力
  • 誰でも相談に乗りやすいように気を配る力

業務面はもちろん、メンタルケアについても自身がどういったことができるかを記すことで、良いアピールに繋がります。

保有資格

パソコンを操作する人

保有する資格については、名称だけでなく取得した年月もあわせて記載しましょう。

記載例
  • 2020年5月:普通自動車免許取得
  • 2021年6月:看護師免許取得
  • 2022年4月:日本救急医学会認定ICLS修了

どういった資格を取得しているかは、自分の能力をアピールするとともに即戦力として活躍できるか否かを示す重要事項です。

自己PR

職務経歴書に記載してきた内容をまとめるような形で、箇条書きではなく文章にします。目安として6行前後でまとめ、自分の強みを簡潔にアピールしましょう。

例文

これまで循環器内科病棟で3年間、看護業務に従事していました。看護リーダーの活動経験があります。

看護リーダーでは、新しく就業した人の指導やチームをまとめる力を身に付けてきました。

チームで術後の患者様の不安をどうすれば取り除けるかを検討し、フォローのマニュアルを作成しました。

このような経験を活かし、正確な治療と患者様に寄り添った看護で貢献していきます。

転職回数が多い看護師の自己PRの書き方

パソコンを操作する人

転職理由をきちんと示す

まず大切なのは、転職理由をごまかさず明記することです。職務経歴書で転職理由をごまかし書類選考を通過しても、面接の段階でばれてしまう可能性は大いに考えられます。

転職理由は、マイナスでなくプラスイメージでも記載できます。書類を見る人に前向きな理由で転職をしたという印象を持ってもらえるよう、ポジティブなワードで記載しましょう。

転職で得た知識・経験をアピールに繋げる

転職回数が多いということは、根気がなく今回もすぐに退職してしまうかもしれないと捉えられる可能性がゼロではありません。

 転職回数が多いということは、プラスの考えで言うと経験が多いと言い換えれます。専門的なスキルや経験を求められることが多い看護師にとって、貴重なと言えるでしょう。

自分の幅広い経験をプラスイメージで伝えるためにも、職務経歴書の自己PRの書き方には注意してください。

主な例文

パソコンを操作する人

自己PRを書く際は、ポイントをきちんと押さえ、いかにわかりやすく簡潔に相手へアピールできるかが重要です。主な例文を以下にまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

例文

これまで循環器内科病棟で3年間・消化器内科病棟で2年間・外科病棟で2年間に渡り看護業務に従事し、看護リーダーの活動経験があります。

循環期間内科病棟では、専門の医療機器の操作を学び、一人でも扱える力を身に付けました。

次の消化器内科病棟は、患者様とのコミュニケーションの機会を増やしたいと思い転職しました。

患者様のアフターフォローをメインに行い、気持ちを汲み取る力、的確な処置を見出す力などを身に付けたことで、コミュニケーション力には自信があります

最後に所属していた外科医病棟は、これまで身に付けたスキル・コミュニケーション力を活かし、人材育成の業務に携わりたいと思い転職しました。

看護リーダーとして、チームで術後の患者様の不安をどうすれば取り除けるかを検討し、フォローのマニュアルを作成しました。

幅広い経験を活かし、医療機器を扱うスキル患者様に寄り添うフォロー新人育成力の面で貢献していきます。

看護師の職務経歴書の基本マナー

パソコンを操作する人

パソコンで作成する

職務経歴書を作成する際は、手書きもしくはパソコンという選択肢があります。その点について、職務経歴書はパソコンで作成するのが基本マナーとなるため覚えておきましょう。

手書きは心がこもっているように感じられますが、職務経歴書は文字量が多くなりがちです。手書きの文字を大量に読むことは疲れるうえ、読みづらく内容が伝わらないリスクがあります。

 書き手にとっても作成途中で書き損じが発生し、再度やり直すという可能性もゼロではありません。そのため、労力・メンタルのどちらにとっても負担がかかりかねないのです。

作成の手間暇を最小限に抑え、かつ見栄え良く正確に伝えるには、パソコンを使用しましょう。使用するツールはWordで、フォントは明朝体がおすすめです。

インターネット上などで職務経歴書のテンプレートなども公開されている場合があるため、ぜひそちらも利用してみてください。

箇条書きでわかりやすく書く

パソコンを操作する人

職務経歴書で伝えたいことをダラダラと書き綴っていくと、内容がわかりにくくなるため、読む側にとっても面倒な作業となりかねません。

このような事態を防ぐためにも、自己PR以外は基本的に箇条書きで仕上げることを意識しましょう。「・」をうまく利用し、経験・知識・スキルが一目瞭然にすることが重要です。

読みやすいものでなければ、最後まできちんと目を通してもらい良い印象となる可能性を下げてしまいかねません。

A4用紙1枚~2枚程度になとめる

経験の長さによって多少の差はありますが、基本的にはA4用紙1枚~2枚に収めるのがベストとされています。経験が多く長くなってしまう場合でも、目安として5枚に収めるのが無難です。

転職する病院は、自分の他にも多くの応募者がいるかもしれません。一人あたりの職務経歴書のボリュームが多くなると、全員の職務経歴書を読むことが負担になってしまいます。

 文字が詰まった何枚もの職務経歴書は、読む前に敬遠されてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

伝えるべき内容が簡潔に短くまとまっていると、良い印象を抱いてもらえる可能性が期待できます。自分が読む側になった際にどんな文章が好印象となるかを考えることも重要です。

なお、職務経歴書は文字だけの情報となるため、せっかく長文を書いても視覚情報として残りにくいというデメリットもあります。

そのため、乱雑になりそうな情報は表などにまとめ、無駄な情報はできる限りカットして見やすさを意識することで、良いアピールに繋がるでしょう。

看護師の職務経歴書を書く際の注意点

パソコン

履歴書との一貫性を持たせる

職務経歴書は単体ではなく、履歴書とセットで提出する場合がほとんどです。そのため、履歴書との一貫性を持たせることが非常に重要となります。

履歴書と職務経歴書の共通項目として、基本の経歴や資格などが挙げられます。資格獲得の年月なども一致しているか、提出前にしっかりとチェックしておきましょう。

誤字・脱字に注意する

看護師の職務経歴書に限らず、提出書類で誤字や脱字があると印象が悪くなってしまいます。

Wordで作成した場合、誤字や脱字と思われる箇所にはマークが入るようになっているため、機能をうまく活用し誤りの無い職務経歴書を作成しましょう。

きちんとミスがない書類を提出できることは、人として当たり前であり社会人として求められる能力と言えます。

わかりやすい言葉で書く

職務経歴書は自分が書きたいことではなく、いかに相手にとってわかりやすく伝わるかを意識して書くべきです。

 難しいワードは無いか、一文は短く簡潔になっているかなど、相手の立場になって読み返してみましょう。

文章だけでなく箇条書きやフォーマットもうまく利用し、相手が読んでも負担にならない仕上がりを心掛けてください。

看護師の職務経歴書を提出する際のポイント

聴診器

郵送の場合

職務経歴書を郵送する場合は自分の手元から離れてしまうため、投函した後に紛失や破損といったリスクを減らすよう心掛けなければいけません。

例えば、職務経歴書はそのまま封筒に入れるのではなく、クリアファイルに挟んでおくと紙の破損のリスクが減り、受け取った側の印象も良くなるでしょう。

郵送での職務経歴書の印象を良くするために、切手や送り方にも気を付けなければいけません。切手は一般的なデザインを選び、キャラクター物など派手な見た目は避けた方が無難です。

 「なぜこの書類を送ったのか」がすぐにわかるよう、添え状を同封することも忘れないようにしてください。

また、郵送は自分が送った日ではなく、相手の手元に届いたときを提出期限内に納めなければいけません。確実に期限に間に合わせるには、宅配便は速達で送ることも一つの手段です。

料金不足により自分の住所に戻ってきてタイムロスをしないよう、料金が足りているかも事前にしっかりチェックしましょう。

当然のことながら、宛先ミスや自分の住所の書き忘れなどには注意してください。

面接で渡す場合

書類を書く人

多くの場合、看護師の職務経歴書は面接の際に面接官へ手渡しします。手渡しの場合でも、郵送のときと同様に封筒・職務経歴書ともに綺麗な状態を保つように心掛けましょう。

職務経歴書はクリアファイルに入れてから持参し、封筒も汚れが付かないよう一回り大きなサイズのものに入れておくことをおすすめします。

封筒には、表面に応募先名・裏面に自分の氏名を記載しておきましょう。なお、面接で手渡しする場合は添え状は不要です。

添え状・封筒について

添え状とは、「なぜこの書類を送ったのか」を簡潔に伝えるための書類です。長文にする必要はなく、紙1枚に納めましょう。

手書き・パソコンのいずれでも問題はありませんが、タイトルを「求人書類送付について」など、一目ですぐにわかるよう作成することが大切です。

 簡単に時候の挨拶や同封書類・枚数なども書いておくと、より丁寧な印象となります。

添え状は単体でクリアファイルに入れる必要はなく、職務経歴書と一緒に一番上に入れるようにしましょう。

看護師の転職では転職エージェントの活用がおすすめ

スマホを操作する人

ここまで看護師の職務経歴書の書き方やマナーについて説明してきましたが、いざ自分で書いてみるとマナーに沿っているか、正確に伝わる文章となっているかを判断できないかもしれません。

そのような場合は、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントは求人を紹介するだけでなく、職務経歴書の作成方法や添削といったサービスも実施してるのです。

また、多くの業種や職種を取り扱う総合転職エージェントと併せて、看護師に特化した転職エージェントの利用をおすすめします。

 看護師は専門職であるため、他業種の職務経歴書の書き方やマナーとは大きく異なる可能性が大いに考えられるのです。

看護師転職エージェントであれば、看護師をターゲットにした的確なアドバイスを得られる可能性が高いでしょう。

基本的に多くの転職エージェントは無料で利用できるため、登録しておいて損はありません。

職務経歴書の添削も可能!看護師におすすめの転職エージェント3選

看護roo!

看護roo!

おすすめポイント
  • 登録することでネット上にない詳しい情報を提供
  • 看護業界に精通したプロが転職を全面的にサポート
  • 全国の病院やクリニックなどの幅広い求人を網羅

全サービス無料で利用できる看護求人専門サイトです。登録することで、ネット上ではわからない求人の詳細情報を提供してくれます。

登録したからこそ得られる情報は、自分に合う職場を知るためのきっかけになります。

看護業界に精通したプロが、求人紹介から病院見学、条件交渉まで全面的にサポートしてくれる点は大きな特徴です。

また、全国の病院クリニック検診センターなど幅広い求人を網羅しているため、理想の仕事に出会える可能性も期待できるでしょう。

求人数※2021年6月29日現在 55,986件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • 応募手続き・連絡の代行
  • 履歴書の添削
  • 面接練習
運営会社 株式会社クイック

出典:看護roo!

看護のお仕事

看護のお仕事

おすすめポイント
  • 看護師求人専門のキャリアアドバイザーが在籍
  • リアルな職場の雰囲気とスタッフの声が紹介されている
  • 2019年ともだちに勧めたいサービスランキング第1位

看護のお仕事は求人数が120,414件(2021年6月29日現在)となっており、多くのなかから自分に合う求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

在籍しているキャリアアドバイザーは看護師求人を専門とする、業界に精通したプロ集団です。

キャリアアドバイザーは専任で担当してくれるため、相談もしやすいです。プロ目線で一人ひとりに合った職場を提案してくれますよ。

また、リアルな職場の雰囲気や働くスタッフの声が紹介されているため、実際に内定をもらい働き出してからのギャップを軽減できます。

転職・就職成功のノウハウについても紹介されているため、初めて転職活動等をする人にも最適なアドバイスを提供している点も特徴です。

公開求人数※2021年6月29日現在 120,414件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 休日や給与等条件面の交渉
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社

出典:看護のお仕事

マイナビ看護師

マイナビ看護師

おすすめポイント
  • 看護師の転職サイト4年連続認知度No.1
  • 非公開求人も多く保有
  • 看護業界の転職のプロによる充実したサポートを提供

マイナビ看護師は、看護師の転職サイトとして4年連続で認知度No.1を獲得しています。

独占求人も多数保有しており、かつ非公開求人も扱っているためマイナビ看護師だからこそ出会える仕事も多いです。


人気求人ランキングが発表されていたり、勤務形態や資格など条件面での検索もしやすかったりと、サイト自体の見やすさにも定評があります。

また、看護業界での転職におけるプロがサポートしてくれるため、転職活動をあまりしていない人でも安心です。

求人紹介はもちろん、書類の作成や面接対策など、すべてのサービスを無料で利用できます

求人数※2021年6月29日現在 52,256件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • 日程調整の代行
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビ看護師 ※公式サイト

まとめ

この記事では、看護師の職務経歴書の書き方や、提出する際のマナー・注意点などを解説しました。

わかりやすい言葉を使い、かつ見やすく簡潔にまとまっていることが重要です。また、履歴書との一貫性を持たせることも意識して作成しましょう。

自身での作成に不安を感じる場合は、転職エージェントに登録し書類添削のサポートを受けることをおすすめします。

記事内では無料で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介したため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事