転職における自己PRの書き方は?例文やポイント、失敗例も徹底解説

転職における自己PRの書き方は?例文やポイント、失敗例も徹底解説

年収アップやキャリアチェンジなど、さまざまな理由を抱え転職を考えている人は多いでしょう。転職時は、自己PRを通して自分の魅力を相手に伝えることができるかが、内定獲得に重要となります。

そこで本記事では、転職する際の自己PRの書き方や、例文、さらに面接でのアピール方法も紹介していきます。

この記事でわかること
  • 転職の自己PRの書き方
  • 転職時に役立つ自己PRの例
  • 転職面接で自己PRで自分を売り込む方法
  • 転職時の自己PR失敗例

転職活動に取り組んでいる、今後予定している人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職時の自己PRは、書類と面接で変えるべきかという疑問にも触れていくため、ぜひチェックしておきましょう。

転職前に要チェック!自己PRと自己紹介の違い

転職前に要チェック!自己PRと自己紹介の違い

まず企業が採用を行う目的は、事業を通して利益を生み出すための人材を見つけることです。つまり入社することで会社に貢献してくれる人材を探しています。

自己PRでは、「自分自身の売り込み」をしましょう。企業に対して自分がどんな貢献ができるのか、企業の求めている人材とどう当てはまるのかをアピールすることが大切です。

自己紹介と自己PRの違いは以下の通りです。

自己紹介 自己PR

仕事やプライベートも含め、自分自身のことを相手に理解してもらうために行います。

自己紹介では、人柄や価値観を知ってもらえます。

企業の人事採用に採用後の活躍のイメージをしてもらうために行います。

自分を採用することによって企業に及ぼすメリットを知ってもらえます。

自己紹介と自己PRとでは、目的が異なることがわかるでしょう。

上記の2つは混同することのないように、自己PRを考えましょう。

自己PR作成の事前準備

パソコン

自己PRは、簡単に言うと自分を売り込むためのものです。企業にとって自分が有益な人材であるかをアピールするうえで、重要と言えます。

 採用担当の印象に残るような自己PRを作成することが、内定獲得の確率を1%でも上げるためには必要です。

自分の強みをきちんと理解しておくことで、企業側へのアピールに繋がる要素を発見できます。

自己PR作成時の重要事項
  • 要点を簡潔に伝える
  • 求められる能力と自分の経験・実績をリンクさせる
  • 数字を交えて具体性を持たせる

わかりやすく簡潔に伝えること、そして具体性を持たせるために実績等は数字を交えましょう。事前準備として、実績等のデータを揃えておく必要性があります。

過去にどんな経験をしてきたか、その経験から何を得て今後どのように活かしたいかなど、将来像も踏まえた構成が重要です。

【第二新卒・未経験】転職時の自己PR例文

ノートパソコン

転職回数が多い場合

転職回数が多い場合は、以下の点を意識しましょう。

自己PRのポイント
  • 転職理由はポジティブなものにする
  • 過去に得た経験を活かせる内容にする
  • キャリアビジョンを明確にして前向きな姿勢をアピールする

転職回数が多いと、採用する側は「また辞めてしまうのではないか」と疑いの気持ちを持ちかねません。そのため、今までの転職理由はポジティブなものにすることが重要です。

そして、転職を繰り返したからこそ得た今までの経験を、どういかせるかを書くことで、良い印象を与えられるでしょう。キャリアビジョンの明確性も、プラス要因となります。

例文

数多くの経験をしたいという好奇心から転職を過去に3回しています。

企画・事務・営業などの職を経て得た経験を活かし、今後は御社にて長期的に活躍できるよう精進したいと考えています。

営業職では、今まで培った意思疎通能力や提案力、書類作成力や想像力を活かして、より良いサービス紹介をお客様にできると考えています。

ゆくゆくは管理職につき、会社全体のスキルアップを図る役割を担いたいというビジョンがあります。

第二新卒の場合

腕時計

第二新卒にはっきりとした定義はなく、一般的には新卒で入社してから3年未満の求職者を意味します。

自己PRのポイント
  • 即戦力の人材であることを売り込む
  • 前職の退職理由はポジティブなものにする
  • 学生時代の経験も交える

第二新卒は新入社員と違い、既に研修を受け最低限のビジネスマナーが身に付いていると想定されることから、即戦力として数える企業も少なくありません。

 入社して早い段階で退職をしている事実はあるため、その理由はポジティブなものにして悪い印象を与えないことが重要です。

また、中途採用と違い第二新卒の場合は学生時代の経験も重視される傾向にあるため、自己PRに交えていきましょう。

例文

大学卒業後、営業職に2年半携わりました。資料作成に定評があると社内で評価を受けました。

それを機に、営業事務として仲間をバックアップしたいという思いが強くなり、かつより多くの顧客・社員に携わりたいと感じ転職をした次第です。

学生時代からPC操作が好きで、自身でシミュレーションをした資料作成を積極的に行っておりました。

御社に入社した際には、前職の経験を生かして即戦力として働けることを自負しています。

未経験職種へ転職する場合

男性

未経験の職種へ転職する場合は、なぜ挑戦したいかを伝えることが大切です。

自己PRのポイント
  • 教えてもらうという受け身の姿勢をとらない
  • 業界未経験でも活かせるスキルをアピールする

未経験だからこそ、自分から探求心を持ち学ぶ姿勢が自分を売り込むうえで必要です。また、業界未経験でも活かせるスキルはしっかりと伝えて良い印象を与えましょう。

例文

前職では事務職に携わっておりました。その際、お客様と関わりを持ちイキイキと働く社員を見て、自分も最前線で多くの人の要望に応えられる提案をしたいと感じ転職しました。

事務職で培った資料作成におけるPC操作については、営業職でも十分いかせると考えております。

業界未経験ではありますが、PC操作も独学で学ぶなど探求心は人一倍強いです。

その行動力や好奇心を活かし、営業職でも自分で学ぶ姿勢をより一層強く持ち仕事に励みたいと考えています。

経験職種へ転職する場合

デスク

経験のある職業へ転職する場合は、自分がその会社にとって有益な人材であるかを簡潔に伝えることが大切です。

自己PRのポイント
  • 即戦力となることを伝える
  • 前職でできなかったことを応募企業でやりたいと伝える
  • 退職理由は会社批判をしない

経験職種では、いかに即戦力となるかを伝えることが必要です。また、同じ業種への転職となるため、新たに挑戦したいことを伝えると意欲があると認識されやすいでしょう。

例文

前職では、アパレルの販売業務にて従事してまいりました。国内ブランドの販売を経験し、幅広い人のニーズを捉えた製品販売における知識は有していると自負しております。

今回、海外ブランドの販売促進にも携わりたいと思い転職に至った次第です。

御社では、前職での経験で培った製品ターゲットに見合った販売促進活動とともに、経験できなかった海外ブランドを国内に浸透させる広告宣伝にも携わりたいと考えています。

【年代別】転職時の自己PR例文

【年代別】転職時の自己PR例文

応募先の企業に求められるスキルは、職種や業種はもちろん年齢ごとにも異なります。ここでは、転職時の自己PR例文を年代別に解説します。

20代の自己PR例文

20代が転職活動をする際の自己PR例文を紹介します。新卒で入社した会社で努力してきたこと身につけたスキルを織り交ぜながら、作成するのがポイントです。

例文

私の強みは、諦めないで挑戦する力があるところです。大学卒業後、アパレルメーカーの法人として約2年間勤めてきました。

新卒で入社し、初めはなかなか営業結果が出ず、「営業は向いていないのであろうか」と悩んだこともありました。

そんな中、成果を出している先輩社員のノウハウを吸収し、営業トークや資料作成などを実践して場数を踏んできました。

自分自身のスキルアップとともに、徐々にクライアントの関係も良好になり、信頼をしてもらえるようになりました。

結果的には、同期入社のメンバー30名中、1年の受注件数1を達成しました。私はこの経験を通して、根気強く挑戦し続ける大切さを学びました。

実績については、具体的な数字を用いて記載しましょう。

30代の自己PR例文

30代の自己PR例文

30代が転職活動をする際の自己PR例文を紹介します。これまでのキャリアを活かして身につけた管理能力を織り交ぜながら、作成するのがポイントです。

例文
私の強みは課題のヒアリングをし、解決策を導くことです。顧客から直接ご要望を伺う部署で約4年、その後商品開発部に約6年間所属しました。
消費者のリアルな声を把握しているからこそ、顧客の視点に立った商品開発が実現できたと思っています。
結果としては、会社の歴史で初めてグッドデザイン賞を受賞する商品を開発できました。
10年の培ってきた経験を活かし、顧客の要望に寄り添った企画や提案を行い、貴社に貢献していきたいと思っています。

現職の経験を主体的に伝え、自分の特性がどのように活かせるのか記載しましょう。

40代の自己PR例文

40代が転職活動をする際の自己PR例文を紹介します。これまでの経験で得たスキルや管理能力を織り交ぜながら、作成するのがポイントです。

例文
私の強みは、指導・育成力です。前職ではリーダー職を任されてから約7年間が経ち、現在は人事部長として課員20名のマネジメントを行っています。
リーダー職に就いたばかりの頃は、自分自身が先頭に立って模範を示せるように努めてきました。
また、課員一人ひとりの強みや特性を理解し、それぞれの強みを活かしていける指導方法を心がけてきました。
時には課員の抱える悩みに寄り添って指導を徹底し、皆がモチベーション高く仕事に取り組める環境を作ってきました。
人事部としてチーム力が上がったことによって、年間目標の「50名採用」を達成できました

努力したことがどのような結果につながったのか具体的に記載しましょう。

【女性向け】転職時の自己PR例文

【女性向け】転職時の自己PR例文

「出産を経て仕事復帰したい」「育児と仕事の両立をしたい」などと考える方は多いでしょう。ここでは、女性向けの転職時の自己PR例文を解説します。

ワーキングマザーの自己PR例文①

前職で店長経験のあるワーキングマザーの自己PR例文を紹介します。子どもが大きくなり仕事が優先できることや、これまでの経験やスキルをアピールするのがポイントです。

例文
出産前は化粧品店の店長を務めてきました。入社後3年間は店舗で顧客に商品の販売やご案内を行ってきました。
その後店長になり、これまでの接客スキルを活かして後輩社員の接客指導を5年間務めてきました。
月1回の接客チェックや、2週に1回の面談にて、社員一人ひとりの状況を把握しアドバイスをしてきました。
その結果、各社員の接客スキルがアップして売上が前年比約115%を達成できました。
産休を機に退職しましたが、子どもは小学校に上がって手がかからなくなったため、貴社で再び店長として活躍したいと思っています。
産休中には育児の合間の時間を使って日本化粧品検定の勉強をし、資格を取得しました。貴社では、これまでの経験や資格を活かしていきたいです。

産休中に得た資格があれば、積極的にアピールしましょう。

ワーキングマザーの自己PR例文②

ワーキングマザーの自己PR例文

小さい子どもがいるワーキングマザーの自己PR例文を紹介します。小さい子どもがいることを伝えた上で、仕事への情熱をアピールするのがポイントです。

例文

前職では、経理スタッフとして7年間務めてきました。入出金の管理業務や月次決算、中間決算、年次決算などの書類作成などを担当してきました。

入出金の業務を担当する上で正確に作業をするために確認作業を怠らず、ダブルチェックも徹底するなど、責任を持って実務を行ってきました。

産休中はスキルアップのために記を勉強し、資格を取得しました。現在、子どもは自宅近くの保育園に預けており、近くに住む両親もサポートしてくれます。

また家族も私の仕事に対する姿勢に理解を示してくれています。貴社では、仕事と子育ての両立をして、これまでの経験を活かし活躍していきたいです。

小さい子どもがいる状況であっても、自分の強みが発揮できることをアピールしましょう。

自己PRのよくある失敗例は?

悩み

企業が求める人物像とずれている

企業のニーズとずれた自己PRは、あまり魅力的ではありません。ただ自分の優れている点を伝えても意味がない場合があることを理解しておきましょう。

優れている点を自社でいかせると感じてもらえないのであれば、それはアピールとは言えないでしょう。

アピールに具体性がない

例えば「社交性があること」や、「多くの人と携わってきたので、意思疎通するスキルに自信がある」など、具体的ではない訴求は響きません。

その社交性がどのように活かせるか、企業にどのようなプラスを生むかなどできるだけ具体的に書くようにしましょう。

自慢話をしてしまう

自己PRのよくある失敗例は?

自己PRと自慢話の違いを理解していないと、永遠に自分の自慢話をしてしまう可能性があります。自己PRは以下の3点に基づいています。

自己PRとは
  • 事実が客観的事実に基づいているか
  • 企業にマッチした内容になっているか
  • 面接官の感情を揺さぶることができるどうか

客観的事実に基づいて面接官に自己PRをするには、数値を含んだ実績で自分を売り込みましょう。アピール内容は、企業にマッチした内容であることが前提です。

そして、面接官の感情を揺さぶるような内容にしましょう。

面接官に訴えかけるには、何かしらのドラマのあるエピソード内容にすることが大切と言えます。

転職時の自己PRの書き方で大切なポイント

書類

過去の経験・スキルを分析する

過去の具体的な経験を織り交ぜることで、ただ文字を羅列するありきたりなものでなく、オリジナリティーのある自己PRになるでしょう。

 営業職であれば過去の顧客獲得実績や提案の数、企画・マーケティングでは新規プロジェクトの立ち上げ経験や施策立案などです。

実績を数値化できれば理想的です。

成果をアピールしやすくなるため、きちんと整理しておきましょう。

企業にマッチした強みを伝える

入力

企業分析を行い、経験・スキル等がマッチするかが、内定をもらうためには重要と言えます。

 過去に実績は、転職先の職種で活かせなければ意味を持ちません。事務職への応募で営業の実績を伝えても、あまり魅力は感じられないでしょう。

共通項が多いほど企業にとっては魅力を感じやすくなるとともに、自身の経験を十分活かせる仕事と気付けるきっかけにもなるでしょう。

転職時の自己PRは書類と面接で変えるべき?

テーブル

面接では応募書類の内容に沿って話す

自己PRの内容は応募書類だけでなく、面接でも伝えるものです。内容は、基本的に変更する必要はありません。

ただし、事前に準備した流れで面接が進むという保証はありません。臨機応変に対応できるよう、準備を進めましょう。

面接では書類よりも具体的に言葉で伝える

面接は自分の言葉で書類よりも具体的に伝えられるチャンスとなるため、事前にアピールに繋がる内容をさらに洗い出してまとめておきましょう。

いくら言葉で伝えられるとはいえ長々と話せばわかりにくく、まとまりのない内容になりかねないため注意しましょう。

転職面接の自己PRで自分を売り込む方法

会話

生かせる長所を伝える

自己PRでは長所を伝えることがポイントですが、転職先企業で生かせなければアピールする意味がないと言えます。

自分の長所をいくつか取り上げて、転職先で生かせること・企業の求める人物像にマッチするものを的確に伝える必要があるでしょう。

長所を1つに絞って伝える

女性

長所が応募企業や転職する職種にて生かせるものにマッチさせるため、いくつかピックアップすることは重要です。しかし、それら複数の長所を自己PRに含めると、企業側に伝わりにくくなります。

 長所が多いことは悪くありませんが、結局どういった人間性の持ち主なのか、色々と挙げているのは自身がないからなのかなど、良い印象を与えない可能性があるのです。

人柄をわかりやすく的確に伝えるためにも、最も求める人物像にマッチしたものを選ぶなど、絞ることを意識しましょう。

長所が生きたエピソードを伝える

抽象的な自己PRにしないためにも、自身の長所が生きたエピソードを伝えることで説得力が増します。

入社してからどのような活躍をしてくれるかイメージしてもらうために、実体験を交えて話すことは極めて重要です。

自己PRの書き方で悩んだらどうする?

女性

フォーマットやテンプレートを活用する

自己PRの書き方に悩んだときは、ネット上にあるフォーマットやテンプレートを活用しましょう。

 丸写しは魅力が伝わりません。自分の経験や身に付けたスキルなどと照らし合わせて、構成を随時変更することが大切です。

未経験職種向けや第二新卒向けなど、シチュエーションに合わせたフォーマットを利用すれば、悩んだときのヒントになり得ます。

転職エージェントを利用する

対話

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーという転職活動のサポートをするプロによるアドバイスを受けられます。

 プロ目線で応募書類の添削をしてくれるため、内定獲得へ向けた効率良い転職活動が可能です。また、面接対策も実施してくれます。

業界ごとに精通したキャリアアドバイザーにより、どういった自己PRが高評価を獲得するか適宜アドバイスをしてくれるため安心です。

自己PRの添削サポートもあり!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            自己PRの添削もしてくれるおすすめの転職エージェントは?
            リクルートエージェントは大手の転職エージェントとなり、求人保有数は非常に多く転職活動をするにあたって最適な仕事に巡り合える可能性が高いです。また、経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており、最適なアドバイスを受けつつ転職活動はできるでしょう。また、同じく大手となるdodaでは、スカウトサービスも提供しているため、思いもよらない企業・仕事との出会いが期待できます。
            自己PR作成前に準備すべきことは?
            作成時の重要事項である簡潔さや求められる能力と自分の実績・経験をリンクさせる点を把握しておくことなどが重要です。
            転職時の自己PRの書き方で大事なポイントは?
            過去の経験や実績を洗い出して整理し盛り込むことで、ただ文字を羅列するありきたりなものでなく自己オリジナリティーのあるものになるでしょう。また、より具体性を持たせるためにも、実績は数値化できればベストです。また、応募企業が求める人材をリサーチし、その結果と自身の経験で得たスキルなどがマッチするかを研究して書きましょう。
            転職時の自己PRは書類と面接で変えるべき?
            自己PRを伝えるタイミングは、書類と面接があります。基本的にそれぞれで内容を変更する必要はありませんが、臨機応変に対応することが大切です。書類では長くなるため事細かに書けなかった部分は、面接できちんと伝えましょう。
            転職面接の自己PRでアピールする方法は?
            転職先で活かせる長所を伝えること、1つの内容に絞ることが重要です。抽象的な自己PRにならないように、長所がどの点で生かされたかのエピソードを交えつつ伝える方が、アピールに繋がると言えます。
            自己PRの失敗例は?
            魅力が伝わらない失敗例が挙げられます。自分の魅力を伝えるには、常に応募企業の求める人材や経営方針などとリンクするか否かをイメージしましょう。意思疎通能力がどのように活かせるか、書類作成能力が企業にとってどのようなプラスを生むかなど、自己PRには具体性を持たせましょう。
            自己PRの書き方で悩んだときはどうする?
            ネット上にあるテンプレートやフォーマットを活用する、あるいは転職エージェントを利用するといった方法があります。とくに、転職エージェントは転職活動のプロであるキャリアアドバイザーによる書類添削や面接対策が受けられるためおすすめです。

            まとめ

            本記事では転職時の自己PR例文書き方などを解説しました。自己PRはただ自分の長所を並べているだけでなく、企業が求める人物像にマッチするように自分の強みをアピールしましょう。

            書き方は、過去の経験やスキルを洗い出して整理しましょう。さらに、より実績が伝わりやすいように数字を交えることもおすすめです。

            ひとりで自己PRを作成するのが不安な場合は、転職エージェントを利用してみましょう。

            転職エージェントでは、自己PRはもちろん応募書類の添削もサポートしてもらえますよ。

            記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ上手く活用して転職活動を進めてみてください。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事