保育士の給料や年収はどのくらい?都道府県別・施設別に詳しく紹介

保育士の給料や年収はどのくらい?都道府県別・施設別に詳しく紹介

現在は保育士不足が叫ばれており、同時に保育士の給料の低さにも注目が集まっています。しかしながら、保育士は子どもの乳幼児期の成長を専門的に支える重要な仕事です。

「もっと給料を上げて欲しい!」と感じている現役保育士も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、保育士の給料や年収について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 保育士の給料と年収
  • 勤務年数や施設による年収の違い
  • 保育士の給料をアップする方法
  • 保育士の給料・年収アップにおすすめな資格
  • 保育士の転職活動のポイント

保育士の給料や年収について知りたい方、また保育士の転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

保育士の給料と平均年収はどのくらい?

男児をおんぶする保育士

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、10人以上の規模の施設に勤める保育士の平均給与は、249,800円となっています。年間賞与(ボーナス)の平均は747,400円です。

 保育士の平均年収は、370万円ほどということになります。

国税庁による「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は433万円となっており、保育士の年収は平均よりも低いのが現状となっています。

【勤続年数別】保育士の平均年収

保育士の勤続年数による平均年収は、どのようになっているのでしょうか。

年齢 給料 賞与(ボーナス) 年収
20~24歳 214,300円 481,000円 約300万円
25~29歳 236,600円 724,700円 約350万円
30~34歳 247,800円 748,800円 約370万円
35~39歳 256,500円 777,600円 約380万円
40~44歳 259,300円 822,800円 約390万円
45~49歳 260,800円 833,300円 約390万円
50~54歳 283,700円 967,000円 約430万円
55~59歳 284,900円 775,400円 約410万円
60~64歳 266,700円 667,500円 約380万円

保育士の給料は、勤務経験によっても差があることがわかります。少しずつ上がっていくため、同じ園で長く勤務し続けていると、自然と年収も高くなっていくでしょう。

年齢を重ねると役職手当も含まれ高くなりますが、55歳以降はまた少しずつ減少していきます。

出典:厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査
【職種(小分類)、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)】より

【施設形態別】保育士の平均給料

施設形態別保育士の平均給与を見ていきましょう。

施設形態 私立 公立
保育園 301,823円 303,113円
幼稚園 287,492円 378,356円
認定こども園 279,954円 287,181円
小規模保育事業(A型、B型) A型268,755円 B型269,617円
事業所内保育事業 238,168円

特出して給料が高いのが公立の幼稚園教諭で、私立幼稚園の教諭との差も大きいようです。保育園の場合、私立と公立の差はそうありません

そのほかは25万円前後が平均給与となっています。

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果

保育士の年収・給料が安いと言われるのはなぜ?

コインと新芽

「保育士の給料が安い」ことは、一般的なイメージともなっています。実際、退職したり資格があるのに働いていなかったりする保育士は、給料の安さが大きな理由を占めているようです。

ここからは、保育士の給料が安い理由を確認していきましょう。

公定価格で運営されるため大きくアップしない

認可保育園の運営費は、基本的に政府から支給される補助金と、保護者からの保育料でまかなわれています。

保育料は公定価格で定められており、公定価格を決める要素は子どもの区分や定員数、年齢、保育園の地域区分、保育園の形態といったことです。

 公定価格に変動がなく、財源が限られていることが、保育士の給料が安い理由のひとつです。

一般企業であればサービスを充実して収入を増やすという手段もありますが、保育園は営利企業ではないため、保育料を勝手に増やすことはできません。

したがって、保育士の給料も基本的には大きくアップすることが難しいのが現状です。

仕事量が多く給料と見合っていない

幼稚園のおもちゃ

「仕事量の多さと給料が見合っていない」という保育士の声も多いようです。

保育士は子どもと過ごすというメイン業務以外にも、保育計画の立案、指導案の作成、行事の計画、日誌や連絡帳の記入、保護者への対応と、たくさんの仕事をこなしています。

 日中は子どもと過ごさなくてはならないため、就業時間中に仕事が終わらず残業や持ち帰り仕事になることも少なくないようです。

また、子どもの命を預かっているという、責任重大な仕事という側面もあります。

ケガがないよう神経を尖らせつつ、膨大な仕事量をこなさなければならないのに、給料が安いと感じてしまうのも無理はありません。

保育士の給料が低くても人気がある理由とは

お絵描きをする子どもと保育士

子どもの頃から保育士に憧れている女性が多い

保育士を目指す人は多く、人気の職業のひとつです。子どもの頃一度は保育士になりたいと考えたことがある人も、少なくないのではないでしょうか。

 昔からの憧れの仕事に就きたい!と、保育士を目指す人もたくさん。

子どもたちが成長していく過程を目の前で見られることも、人気の理由のひとつ。

一度はほかの仕事に就いたものの、やっぱり保育士として働いてみたいと転職を検討する人もいるようです。

求人が多く安定して働ける

子どもをあやす女性

保育園をはじめとする保育士資格が活かせる場所はたくさんあり、したがって求人も多くあります。

 子どもがいる限り今後も仕事がなくなることはなく、安定して働けることも、保育士が人気の理由です。

将来的に働く場所がなくなる心配がないという点も、保育士を選ぶメリットのひとつでしょう。

ブランクがあってもまた保育士として働くこともできるでしょう。

子育て経験などを活かせる

これまでは違った仕事に就いていても、子育てを経験したことをきっかけに保育士を志す人も少なくありません。

 子どもの成長をサポートしたい、保護者の気持ちに寄り添いたいという気持ちが、保育士に興味を持つきっかけになるようです。

出産や育児は多くの女性が通る道でもあります。子育て経験を活かせる仕事のひとつであることも、保育士が人気の理由です。

子育て経験があるなら、預けるママの気持ちもわかり、転職に有利になるでしょう。

保育士の年収や給料、今後上がる見込みはある?

給料

保育士の給料は安いと言われていますが、実はここ数年、保育士の給料は増加傾向にあります。

その理由は、待機児童問題の改善策と保育士不足の解消策として平成25年から実施されている「保育士処遇改善等加算」にあります。制度の特徴について把握しておきましょう。

保育士処遇改善等加算とは?

保育士処遇改善等加算には、「処遇改善加算Ⅰ」と「処遇改善加算Ⅱ」があり、それぞれ制度の目的が異なります。

保育士処遇改善等加算の種類
  • 処遇改善加算Ⅰ…賃金のベースアップが目的
  • 処遇改善加算Ⅱ…保育士のキャリアアップ

処遇改善加算Ⅰは職場の環境とキャリアアップ制度を改善することを目的とした制度。 「基礎分」「賃金改善要件分」「キャリアパス要件分」それぞれ規定の要件を満たせば園に補助金が入り、それを保育士の給料に反映するという流れです。

処遇改善加算Ⅱでは、保育士の待遇向上と専門性アップを目指し、「保育士等キャリアアップ研修制度」が設けられました。

規定の研修を修了すると、副主任保育士、専門リーダー、職務分野別リーダーといった新設された役職に就くことができ、給料アップを見込むことができます。

令和4年2月~は補助金も支給される

お金

令和4年2月から月額9,000円の費用が補助されるのが、「保育士・幼稚園教諭等処遇改善臨時特例事業」です。要件を満たすことで補助が認められることになります。

 ただし、全員一律で9,000円アップするかというとそうではなく、配分方法は事業所により自由です。

しかしながら、出た補助金はすべて賃金改善に充てなくてはならないため、全額でなくとも給与に反映することになるでしょう。

対象となるのは、保育所や幼稚園、認定こども園、保育所、地域型保育事業所で働く職員です。

対策を実施している自治体もある

待機児童問題は各自治体の課題にもなっています。しかし、保育園を作っても保育士が不足しているため、運営ができない事例も発生しているようです。

 それを受け、保育士の処遇改善のために取り組みをしている自治体もあります。

対策の内容は自治体によっても異なりますが、家賃補助制度や就学資金貸付制度、月額給与や期末手当上乗せなどといった制度があるようです。

待機児童問題が深刻な人口の多いエリアに多いよう。お住まいのエリアの対策をチェックしてみるのもいいかもしれません。

保育士が年収・給料を増やすための方法は?

紙幣を数える女性

役職に就く

今の職場で給料アップを目指すなら、キャリアアップして役職に就くことが方法のひとつです。

保育園にはリーダーや主任、園長といった、管理者の役職が設けられています。役職に就くことで基本給に役職手当が加算される施設も多く、年収アップにつながるでしょう。

 ただし、役職者のポストはたくさんあるわけではなく、保育士としての長年の経験が必要になることもあります。

役職に就くまでに数十年かかってしまう、なんてこともなきにしもあらずです。また、管理職に就くことで、仕事の内容に変化もあるでしょう。

おすすめなのは「保育士等キャリアアップ研修」。新設された役職に就くことで、最大4万円アップを目指すことができます。

資格を取得する

ぬいぐるみを手に笑う保育士

資格を取得すると、資格手当が加算される園もあります。保育士に役立つ資格には、以下のようなものが挙げられるでしょう。

保育士のキャリアアップにおすすめの資格
  • 絵本専門士
  • リトミック指導員
  • チャイルドマインダー
  • 運動保育士
  • イングリッシュエキスパート保育士
  • 認定病児保育スペシャリスト

子どもたちへの教育に役立てることができるうえ、保育園のアピールポイントを作ることにもつながります。

資格取得をきっかけに、保育士として活躍の場を広げていくこともできるでしょう。

転職を検討する

今の職場ではなかなか役職者のポストが空きそうにない、役職に就いてもそう給与アップにつながらないといった場合には、待遇や給料のいい職場への転職を検討するのもひとつの方法です。

 同じ保育士でも勤務先により給料は少しずつ異なります。保育士の人材不足の今、保育士として働いた経験があれば、転職先を見つけることは比較的容易でしょう。

待遇がいい保育園に転職すれば、今よりもぐっと給料が上がる可能性もあります。基本給の高さや手当の多さなどチェックして、転職先を探してみてください。

保育園だけでなく、院内保育所や企業内保育所、乳児院、児童養護施設といった選択肢もあるでしょう。

保育士の給料・年収アップにおすすめな資格

パソコンを操作する人

保育士として働いている方で、「もっと年収を上げたい」「もっと専門的な知識を身に付けたい」と考える方はいらっしゃるのではないでしょうか?

スキルアップする方法は様々ありますが、ここでは保育士の給料・年収アップにおすすめの資格について紹介します。
おすすめの資格
  • 絵本専門士

  • リトミック指導員

  • チャイルドマインダー

  • 運動保育士

  • イングリッシュエキスパート保育士

それぞれ、解説しますね。

絵本専門士

先生と園児

絵本専門士は、絵本に関する知識や読み聞かせの高い技術を備えた「絵本の専門家」を証明する資格です。

子供たちに絵本を読み聞かせる機会が多い保育士は、絵本専門士はピッタリの資格と言えるでしょう。

 絵本専門士を取得するためには「絵本専門士養成講座」を約6ヶ月受講する必要があります。

しかし、絵本専門士養成講座を受講するには、国立青少年教育振興機構のHPからエントリーシートを記入して、選考を受けなければいけません。

定員が70名となっており、例年非常に多くの応募があるようなので、難易度は高いと言えます。

絵本専門士養成講座は東京のみでの開催となるため注意してください

リトミック指導員

 リトミックとはスイスの作曲家である エミール・ジャック=ダルクローズが提唱した音楽に合わせて体を動かす音楽教育のひとつです。

そして、リトミック指導員はその名の通り、「リトミック」を教える講師のことを言います。

音楽と楽しく触れ合いながら、子供の感性や集中力、表現力を育むことができます。

リトミック指導員の資格を持っていると保育園や幼稚園でリトミックの指導を行えたり、自宅でリトミック教室を開いたりと様々な環境で活躍することができるでしょう。

リトミック指導員の資格を取得するには音楽学校などの養成校に通い、指定のカリキュラムを修了する必要があります。

チャイルドマインダー

参考書

チャイルドマインダーはイギリスで生まれた家庭保育に関してのスペシャリストを証明する資格です。

 チャイルドマインダーを取得することで、様々な事情で育児ができない親の代わりに、自宅や訪問先で子供を預かることができます。

保育園不足が謳われている現代において、責任を持って子供をみることができるチャイルドマインダーは注目されている資格です。

保育士と違い国家資格ではないので、学歴関係なく取得できるのも魅力です。

チャイルドマインダーは通信講座・通学講座を受けて、認定試験に合格することで取得できます。

運動保育士

 運動保育士はNPO法人が主催している民間の資格です。

運動保育士の役割はその名のとおり、運動と保育の専門家として子供の発達に合わせた運動遊びを提供します。運動保育士になるためには「運動保育士会認定資格」を取得する必要があります。

コースは「運動遊び実践コース」と「子育て脳機能コース」の2種類あり、いずれかのコースの講習を受けることで資格を取得できます。

運動保育士は講習のみで取得できるため、試験を受ける必要はありません。

イングリッシュエキスパート保育士

ABC ブロック

 イングリッシュエキスパート保育士は英語のスキルを活かして、子供たちに英語を教えることができる資格です。

英語と言っても英単語や文法を指導するわけではなく、英語の歌を歌ったり、英語に関するゲームやダンスを教えたりと、幼いうちから英語に触れさせることが目的です。

小学校での英語教育義務化により、近年では保育園や幼稚園でも英語を重視する傾向が強まっているため、イングリッシュエキスパート保育士の需要も高まっています。

英語を得意としている方にはおすすめの資格です。

イングリッシュエキスパート保育士の資格を取得するためには、一般社団法人保育英語検定協会が実施している「保育英語検定」に合格する必要があります。

【年収・収入アップを目指す保育士向け】転職活動のポイント

子どもと接する女性

転職活動をしようと決断したものの、どう進めたらいいか分からないということもあるかもしれません。

保育士の転職活動において、押さえておきたい4つのポイントを解説していきます。

4月就職を狙って転職活動する

保育士の求人は、年度末に合わせて1~3月の時期に多くなる傾向にあります。

 転職活動は選択肢の多いタイミングも重要です。選択肢を広げるためにも、4月就職を狙った転職活動がいいでしょう。

今いる職場に迷惑をかけないために、子どもや職員が入れ替わるタイミングでもある4月を選ぶ人も多いはずです。

10月以降から4月の求人が増えてくるため、秋ごろから余裕をもって転職活動を始めるのがいいでしょう。

面接対策をしっかり行う

エプロン姿の笑顔の女性

保育士で特に重視されるのは、コミュニケーション能力です。子どもはもちろん保護者、そして職員とうまく関わっていける人材だと判断されなければ、内定につながりにくいでしょう。

 面接もコミュニケーションの一環と捉え、しっかり対策しておくのがおすすめです。

質問にスムーズな受け答えができるよう、模擬面接を受けるなどしておくと、安心して本番に臨むことができるでしょう。

面接でよくある質問
  • 自己PR
  • 退職理由
  • 志望動機
  • 仕事で大切にしていること

これらの質問の答えは最低限準備しておくようにしましょう。退職理由は前向きさを印象づけるよう、ネガティブな言い回しにならないよう注意が必要です。

あいさつや服装のマナーはもちろん、笑顔で明るい受け答えを意識して面接に臨みましょう。

転職前に園の雰囲気を確認しておく

実際に働いてみると、求人票やHPなどからの園のイメージと違うこともあるかもしれません。事前に園の雰囲気を事前に確認しておくことも大切です。

 できれば面接当日に職場見学をさせてもらうといいでしょう。

転職後のミスマッチはできるだけなくしたいもの。判断される側ではありますが、自分も園に対して判断する側だという気持ちを持って臨みましょう。

子どもが生き生きと遊んでいるか、また、働きたいと思えるような雰囲気かどうか、チェックしてみましょう!

転職エージェントを活用するのもおすすめ!

パソコンを見る女性

保育士資格が使える求人を探すために、保育士に特化した転職エージェントを活用するのもおすすめです。

 転職エージェントとは、求人紹介から応募書類の添削や面接対策と、転職活動にかかる工程のすべてをサポートしてくれるサービスです。

転職サイトの場合、求人検索から応募などすべてひとりで行うのに対して、転職エージェントの場合は転職のプロに満足のいく転職活動をサポートしてもらうことができます。

転職エージェントの場合、転職サイトに掲載していない非公開求人を紹介してもらえることがあるのが特徴です。

非公開求人の中には、条件のいい求人もあります。求人の選択肢を増やすという意味でも、転職エージェントの活用がおすすめです。

年収・給料アップを目指す保育士におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            保育士の平均年収と給料はどれくらい?
            厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、10人以上の規模の施設に勤める保育士の平均給与は249,800円。ボーナスの平均は747,400円となっています。こちらから保育士の平均年収は約370万円と予想できます。
            保育士の年収や給料が低いと言われる理由は?
            給料が低いと言われている理由として、公定価格により財源が限られていることが挙げられます。また、仕事量の多さと給料が見合っていないと感じる保育士の方も多いようです。
            保育士は給料が低くても人気がある理由は?
            「子供の頃から保育士に憧れている人が多い」「求人が多いため安定して働ける」「子育て経験を活かせる」といった理由が挙げられます。確かに保育士は子供がいる限り、仕事がなくなることがなく今後も安定して働ける職種とも言えるでしょう。
            今後、保育士の年収が上がる見込みはあるのか?
            「保育士処遇改善等加算」や保育士・幼稚園教諭等処遇改善臨時特例事業」により一定の要件を満たすことで国からの補助金が出る制度があり、ここ数年の保育士の給料は増加傾向にあります。
            保育士が年収を上げる方法は?
            「役職に就く」「資格を取得する」ことが挙げられます。とはいえ、今の職場では役職者のポストが空きそうにないと感じるようであれば転職を検討するのも良いでしょう。
            保育士が年収を上げる転職を実現するためのポイントは?
            保育士は年度末に合わせて採用を行うので、4月就職を狙って転職することをおすすめします。また、保育士はコミュニケーション能力が重視される職種です。面接対策はしっかりと行っておきましょう。
            保育士におすすめの転職エージェントは?
            「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「ビズリーチ」がおすすめです。これらは取扱求人が多いのはもちろんのこと、コンサルタントの評判も良いです。

            まとめ

            保育士の給料は低いと言われていますが、待機児童問題や保育士不足を解消するため、給料をアップする取り組みが進められています。

            そのため、一気に増額とはいかないかもしれませんが、今後ゆるやかに上がっていく可能性が高いでしょう。

            しかし、今勤めている保育園で給料アップが難しいと感じた場合、転職を検討するのもひとつの方法です。

            保育士の転職を検討しているなら、今回紹介したポイントを押さえて転職活動を進めてみてください。

            記事内では無料で利用できるおすすめ転職エージェントを紹介したため、上手く活用しながら年収アップを目指して転職活動を進めてみましょう。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事