福井の転職事情は?求人倍率や地域特性、転職成功のポイントも解説

福井の転職事情は?求人倍率や地域特性、転職成功のポイントも解説

福井県で転職を検討している人の中には、県内で求職中の人はもちろん、他県からのU・Iターン転職を考えている人もいるでしょう。

福井県はどんな場所なのか、どんな仕事があるのかなど、疑問や不安を抱えている、なんてことはありませんか?

また、どうやって転職活動を進めればいいのか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、福井県の転職市場や地域特性転職を成功させる方法をご紹介します。

この記事でわかること
  • 福井県の転職市場や地域特性
  • 県外から福井県へのU・Iターン転職について
  • 転職を成功させるためのポイント

福井県への転職で活用したいおすすめの転職エージェントも紹介するため、福井県での転職を叶えたいなら、ぜひ参考にしてみてください。

福井県の転職市場|有効求人倍率・平均賃金

東尋坊 (福井県)

転職するエリアの状況はチェックしておきたいところです。まずは、福井県の転職市場について確認していきましょう。

福井県はどんな場所?

日本の北陸地方に位置する福井県。里や海、山がある、自然の多い場所です。

日本総合研究所が行っている都道府県別の幸福度ランキングでは、4回連続1位に輝いた実績もあり、移住先として選択する人も多いエリアとなっています。

 福井県には住みやすさをサポートする制度がたくさんあり、仕事や教育、健康などさまざまな面で生活しやすい状況が整っています。

待機児童数0、女性の就業率全国1位と、女性が働き続けやすい環境が整っているのも、福井県の特徴です。

結婚しても子どもを産んでも働き続けたいという女性には、うれしいポイントになるでしょう。

※出典:一般財団法人日本総合研究所

福井県の有効求人倍率は

パソコンを操作する人

厚生労働省の調査によると、2021年12月の福井県の有効求人倍率は、1.71倍です。全国平均は1.16倍となっており、全国の求人状況と比較しても高い結果であることがわかります。

 求職者よりも求人数の方が多く、福井県は転職しやすい状況であると言えるでしょう。

福井県の有効求人倍率の高さは、少子高齢化の影響で福井県の労働人口が減少していることが背景にあります。

昨年の有効求人倍率は月によっては1.55倍に落ち込んだこともありましたが、おおむね1.7~1.8の高い倍率を維持しています。

福井県の平均賃金は

令和2年賃金構造基本統計調査によると、福井県の平均賃金は274,200円となっています。全国の平均賃金である307,700円と比較すると、福井県の賃金は高いとは言いにくいかもしれません。

 ただし、福井県は東京都などの都心部と比較して物価が安くなっています。

よって、都会から福井県へ移住して給料や年収が下がったとしても、生活水準をぐんと下げなければならないというわけではないでしょう。

 押さえておこう!転職における福井県の地域特性

福井県鯖江市

製造業が盛ん

福井県は、昔から産地だった繊維や鯖江市で全国の9割が生産されるメガネをはじめとする、製造業のさかんなものづくりの県です。

 オンリーワンの技術や広いシェアを誇る企業も多くあります。

現在繊維業では、合成繊維をはじめとした関連業種が広く展開されています。幅広い分野の機械の製造も盛んです。

福井県に拠点をもつ企業の一例
  • 建設業…株式会社熊谷組
  • 繊維業…セーレン株式会社
  • 小売業…株式会社PLANT
  • 製造業…日本FRP株式会社

水産業では人工ふ化や増殖の研究も進められています。コシヒカリの産地であることからも分かるように、農業は稲作が盛んです。

また、若狭湾周辺は原子力発電所が集まっているため、電力関連事業がこのエリアに集結しています。

福井県にはさまざまな強みを持つ業種もたくさんあり、転職の選択肢も幅広いでしょう。

通勤にかける時間が短い

敦賀駅(福井県)

福井県はJRや私鉄などの公共交通機関が整備されており、通勤しやすい環境です。平成28年社会生活基本調査によると、福井県に住む人が通勤にかける時間は片道平均30分

 通勤時間の長さや都会のような満員電車もなく、通勤にかかる大きなストレスは発生しにくい環境でしょう。

ただし、公共交通機関の本数はそう多くないため、エリアによっては自動車が必須です。

日本自動車工業会が2020年3月末に実施した都道府県別自家用乗用車の100世帯当たり保有台数は、車の保有台数が47都道府県中トップとなっています。

マイカーはひとり1台持っているのが当たり前!製造工場など郊外の勤務先では、マイカー通勤になることも多いようです。

地価や物価が安い

東京などの都心部よりも、地価や物価が安いのも、福井県の魅力のひとつ。福井県以外のエリアからの転職で、平均年収が下がったとしても、生活水準も下がるというわけではないでしょう。

 中でも低いのは居住費です。

毎月の固定費である居住費が下がることで家計に余裕も生まれる可能性もあります。

県外から福井県へのU・Iターン転職は可能?

引越し

県外から福井県へのU・Iターン転職も可能です。福井県では地方自治体が補助金を交付するなど、I・Uターン転職推奨に力を入れています。

U・Iターン転職支援の一例
  • 高度専門人材U・Iターン促進事業補助金
  • ふくい移住サポーター
  • U・Iターン就職する大学生の奨学金返還サポート
  • 移住支援金の支給(東京圏型)

U・Iターンを推進する支援イベントの開催もあり!企業とのマッチングに加え、移住のための情報提供、生活環境の案内が主なプログラムです。参加費は無料で、交通費や宿泊費の一部助成制度も設けられています。

 実際に現地に行かないままに転職先を決めてしまうと、あとからミスマッチが発覚し後悔することにもなりかねないため、移住を決める前に一度足を運んでみましょう。

福井県での暮らし方を提示した「ふくい暮らしライフデザイン設計書」も配布するなど、安心して移住できるようなサポートも充実しています。

東京・大阪・名古屋には、「福井Uターンセンター」があるので、まずはそこに相談してみるのもいいでしょう。

福井に転職する際の注意点

頭を抱える女性

福井にU・Iターン転職をする場合は、以下の注意点を把握しておきましょう。

福井にU・Iターン転職をする際の注意点
  • 転職前から福井に移住しない
  • 大都市よりも年収が下がる可能性がある
  • 場所によっては求人がない

それぞれ、みていきましょう。

転職前から福井に移住しない

福井への転職を考える方の中には「転職前に福井の状況を確認したい」「福井に移住して覚悟をアピールしたい」と思う方がいますが、転職前から福井に移住することはおすすめしません。

理由は以下のとおりです。

転職前に福井に移住をおすすめしない理由
  • 職歴に空白があると印象が良くない
  • 社会的信用がないと賃貸を断られる
  • 転職活動が長引く可能性がある
  • 焦って条件の悪い企業に転職してしまうことも

    順番に紹介します。

    職歴に空白があると印象が良くない

    転職前から福井に移住してはいけない1つ目の理由は「職歴に空白があると印象が良くない」からです。

     福井に移住したとしても、すぐに転職できなければ職歴に空白ができてしまいます。

    職歴に空白があると面接官から「計画性のない人なの?」とマイナスな印象を持たれる可能性があります。

    「内々定をもらった企業がある」「知人の企業から声がかかっている」といった状況でなければ、転職前から福井に移住することは避けるべきでしょう。

    どうしても先に移住したい場合は、「その時に何をしていたのか」を明確に答えられるようにしましょう。

    社会的信用がないと賃貸を断られる

    転職前から福井に移住してはいけない2つ目の理由は「社会的信用がないと賃貸を断られる」からです。大都市であれば無職でも賃貸を借りられるケースがあります。

    しかし、地方の場合は「無職の移住者」に対して寛容ではないです。

    会社勤めの社会的信用は大きいものであるため、無職のまま福井に移住したとしても賃貸を断られる可能性が否めません。

    転職活動が長引く可能性がある

    ドライバーへの転職に最適な時期はいつ?

    転職前から福井に移住してはいけない3つ目の理由は「転職活動が長引く可能性がある」からです。

     転職活動は最短でも3ヶ月かかると言われています。福井に移住して3ヶ月間、無収入となると経済的にも厳しくなるでしょう。

    移住したものの、転職できずに資金が尽きて実家に帰ってしまうという方もいます。無職で移住すると転職活動が長引いた場合、経済的に苦しくなる可能性があることは覚えておきましょう。

    在職中の転職活動であれば、経済的な心配は不要でしょう。

    焦って条件の悪い企業に転職してしまうことも

    転職前から福井に移住してはいけない4つ目の理由は「焦って条件の悪い企業に転職してしまうこともある」からです。

    特に転職活動が長引いてしまうと、条件が悪くても妥協して転職するケースがあります。妥協してしまうとミスマッチが発生しかねません。転職活動は転職目的をしっかりと定めることが大切です。

    会社に勤めながらの転職活動だと金銭面や余裕があることから、「本当にこの転職先で問題ないのか?」を冷静に検討できます。

    大都市よりも平均賃金が下がる可能性がある

    福井へ転職すると大都市よりも平均賃金が下がる可能性があることは念頭に置きましょう。

    令和2年賃金構造基本統計調査から福井県と大都市の平均年収を下表にまとめます。

    地域 平均賃金
    東京都 37万3,600円
    大阪府 32万4,000円
    福井県 27万4,200円

    このように、福井県は大都市と比べて平均賃金が低いです。しかし、物価や家賃も安くなるので生活コストは抑えられるでしょう。

    大都市から福井へ転職する場合、年収ダウンは覚悟しましょう。

    場所によっては求人がない

    福井県は17の市町で構成されていますが、場所によっては求人が少ない可能性があります。

    移住したいエリアに求人が少ない場合、1つの求人に対して応募が集まりやすくなるため、転職が困難となるでしょう。また、転職に失敗した場合も再就職が難しくなります。

     人口が少ないエリアへの転職を考えている方は、事前にそのエリアにどれくらいの求人があるのか確認しておきましょう。

    福井県への転職を成功させるポイント

    福井県への転職を成功させるためには、どんなことに力を入れるといいのでしょうか。ここでは、転職時に意識しておきたいポイントについて解説します。

    福井県で働きたい理由を明確にする

    調べ物をする人

    まずは、福井県で働きたい理由を明確にし、面接できちんと伝えられるようにしてく必要があります。

     特にU・Iターンの場合、なぜ移住して就職しようと考えたかという点が曖昧では、内定に結びつかないでしょう。

    また、選ぶエリアによっては求人数が少ないこともあり、転職の難易度が高くなることもあります。福井県のどのエリアに移住したいのか、あらかじめ決めたうえで転職活動を進めるのがおすすめです。

    福井県で働きたい想いに納得してもらえるよう、説得力のある理由で面接を突破しましょう。

    企業研究をする

    企業研究に力を入れることも、転職活動において重要です。

     応募書類や面接で的確な自己アピールができるよう、事前準備として商品やサービス内容、企業理念、強みをきちんと調べておきましょう。

    転職しやすい傾向にあるものの、首都圏に比べると求人は少ないため、希望に合った求人はがいくつもあるとは限りません

    ひとつひとつの応募に対し真剣に取り組んでおかないと、転職活動が難航する可能性もあります。

    転職エージェントを活用する

    ハイタッチをする人

    転職活動は転職エージェントを活用するのがおすすめです。

    転職エージェントとは、求人提案から応募書類の添削、面接対策など、転職活動のすべての工程をサポートしてくれるサービスのこと。転職のプロと二人三脚で転職活動を進めることができ、不安の多い転職活動も安心です。

     転職エージェントには全国の求人を扱う総合型エージェントと、一部のエリアに特化した求人を扱う特化型エージェントがあります。

    転職エージェントにより保有している求人は異なるため、福井県の転職を考えているなら、総合型エージェントと福井県の特化型エージェントの両方を、いくつか併用するのがいいでしょう。

    転職エージェントには転職サイトには掲載されない非公開求人もあり!条件のいい求人に出会える可能性が高まります。

    福井県への転職におすすめの転職エージェント5選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 非公開求人を含む保有求人数が業界最大級
    • 質の高いキャリアアドバイザーがサポート
    • 独自分析した業界・企業情報を提供してくれることも

    リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。保有求人数は業界最大級で、公開求人数よりも非公開求人数の割合の方が多くなっており、福井県の求人もたくさんあります。

     サポートをしてくれるのは、各業界に詳しいキャリアアドバイザー。希望やスキルに応じたおすすめの求人を提案してくれます。

    求人の提案はもちろん、応募書類の添削や面接対策など、転職活動のすべての工程でサポートを受けることができるでしょう。

    独自分析した企業情報をもらえることもあり、応募書類や面接対策に役立てることができるかもしれません。

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月17日時点 165,988件
    福井県の公開求人数※2022年2月17日時点 1,330件
    対応エリア 全国

    出典:リクルートエージェント

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめポイント
    • キャリアアドバイザーは各業界の専任制
    • しっかりとヒアリングすることでマッチング力を強化
    • 徹底した面接対策

    マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界専任制です。ひとりずつ担当がつき、転職活動を徹底的にサポートしてくれます。

    企業への営業担当であるリクルーティングアドバイザーも、求人票にはない情報を提供してくれるなど、転職活動をバックアップしてくれるのも魅力です。

     求職者と企業両方のヒアリングにより、精度の高いマッチングを実現させています。

    「面接で7割の印象が決まる」と言われていることを踏まえて、マイナビエージェントは面接対策にも力を入れているのが特徴です。

    面接が苦手な人は、マイナビエージェントがおすすめ。模擬面接での的確なアドバイスにより面接通過を目指すことができるでしょう。

    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月17日時点 34,733件
    福井県の公開求人数※2022年2月17日時点 241件
    対応エリア 全国

    出典:マイナビエージェント

    doda

    doda

    おすすめポイント
    • 転職サイトと転職エージェント両方の機能が充実
    • 転職オンライン予備校を毎月開催
    • 豊富な転職サポートツール

    転職サイトと転職エージェントのどちらも機能も充実しているのがdodaです。保有求人数も業界最大級で、福井県の保有求人の数だけ見ても、十分な数の求人があります。

     セミナーや個別相談会などのコンテンツがある転職オンライン予備校も毎月実施!福井県への転職について相談してみるのもいいでしょう。

    キャリアタイプ診断や転職ノウハウなど、自己分析や転職活動についての理解を助けるツールが充実しているのも特徴のひとつです。

    転職するかどうか悩んでいるなら、まずはdodaのサイトをチェックしてみるのもいいかもしれません。

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール

    公開求人数※2022年2月17日時点

    122,774件

    福井県の公開求人数※2022年2月17日時点

    1,517件
    対応エリア 全国

    出典:doda

    福井転職支援センター

    福井転職支援センター

    おすすめポイント
    • 福井県での転職に特化したサービス
    • キャリアコンサルタントが直接訪問した質の高い求人
    • 企業との連絡代行で在職中の転職活動も安心

    「福井転職支援センター」は、福井を拠点に地域密着で転職をサポートする転職エージェントです。

    取り扱っている求人は、独自のつながりのある企業からの直接の依頼が多く、他の求人サイトに掲載されていないものがほとんど。

     キャリアコンサルタントが直接企業に出向きさまざまな視点から分析しているため、求人票にはない情報を提供してもらうことができるでしょう。

    企業との連絡はキャリアコンサルタントが代行してくれるため、仕事をしながらの転職活動も進めやすいというメリットもあります。

    エントリーをすると、企業からスカウトメールが届く可能性もあります。
    運営会社 株式会社キャリアネットワーク
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • スカウトサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月17日時点 2,719件
    福井県の公開求人数※2022年2月17日時点 2,719件
    対応エリア 福井県

    出典:福井転職センター

    リージョナルキャリア福井

    リージョナルキャリア福井

    おすすめポイント
    • 福井県×30代×正社員に特化した転職エージェント
    • 都市圏から福井県へのU・Iターンも支援
    • 独占求人を多数保有

    リージョナルキャリア福井は、福井県に特化した転職エージェントです。30代以上の中堅層を中心とした正社員求人を保有しています。

     経営者や人事責任者から直接請け負う、ここでしか出会えない求人が、リージョナルキャリア福井の強みです。

    福井県で働いている人はもちろん、都市圏から福井県へのU・Iターン転職を考える人のサポートも行っています。

    個別相談会やセミナーを対面やオンライン、電話などで常時開催しており、「転職するか悩んでいる」「情報収集したい」というときにもおすすめです。

    企業と求職者両方を支援しているため、精度の高いマッチングによりピッタリの求人を提案してもらうことができます。
    運営会社 株式会社リージョナルスタイル
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月17日時点 169件
    福井県の公開求人数※2022年2月17日時点 169件
    対応エリア 福井県

    出典:リージョナルキャリア福井

    よくある質問

    福井県の有効求人倍率はどれくらい?
    厚生労働省の調査によると、2021年12月の福井県の有効求人倍率は1.71倍です。全国平均は1.16倍なので、福井県の有効求人倍率は全国平均と比べても高い水準であることが分かります。
    福井県の平均賃金はどれくらい?
    令和2年賃金構造基本統計調査によると、福井県の平均賃金は274,200円です。全国平均の307,700円と比較すると、福井県の平均賃金は高いとは言えません。
    福井県の地域特性を知りたいは?
    福井県は繊維やメガネをはじめとする、製造業が盛んな県です。また、若狭湾周辺は原子力発電所が集まっているため、電力関連会社もこのエリアに集結しています。地価や物価が安いので、家計にも余裕が生まれるでしょう。
    県外から福井県にU・Iターン転職は可能か?
    福井県ではU・Iターンをした方に補助金を交付するなどの支援に力を入れています。U・Iターンを推進する支援イベントの開催もあるので、移住を決める前に一度福井に足を運んでみるとよいでしょう。
    福井県での転職を成功させるポイントは?
    「福井県で働きたい理由を明確にする」「転職エージェントを利用する」が挙げられます。U・Iターンの場合、なぜ福井県に転職しようと思ったかという点が曖昧では内定に結びつかないでしょう。また、転職エージェントを利用することで手厚い転職サポートが受けられるので転職が初めての方でも安心して転職活動を進められます。
    福井県での転職でおすすめの転職エージェントは?
    「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」がおすすめです。大手転職エージェントであることから、取り扱い求人が豊富で転職サポートも充実しております。
    福井県に特化したおすすめ転職エージェントは?
    「福井転職支援センター」「リージョナルキャリア福井」がおすすめです。取り扱っている求人は、独自のつながりのある企業からの直接の依頼が多く、Uターン・Iターン転職への支援を行っています。

    まとめ

    今回は、福井県への転職についてご紹介しました。

    福井県は有効求人倍率も高く、比較的転職しやすいエリアでしょう。I・Uターンへの支援も厚いため、移住を検討している人にもおすすめです。

    自然も多く、住みやすさにも定評がある福井県は、移住にも人気です。

    福井県への転職は、転職エージェントを活用して効率的に進めるのがいいでしょう。総合型と地域特化型の転職エージェントにいくつか登録し、併用して活用することで、より幅広い求人と出会える可能性が広がります。

    記事内では無料で利用できるおすすめ転職エージェントを紹介したため、それぞれの特徴を比較しながら自分に合ったサービスを見つけてみてください。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事