インフラエンジニアの平均年収とは?おすすめ資格や将来性など解説

インフラエンジニアの平均年収とは?おすすめ資格や将来性など解説

人間が生活するにあたって、ITインフラは必要不可欠となっています。インフラエンジニアはそれらを支えることが使命であり、やりがいとこれからの成長が期待できる職種です。

未経験からインフラエンジニアを目指したい人もいるかもしれません。

そこで今回は、インフラエンジニアの平均年収はどれくらいなのか、働くうえでおすすめの資格や将来性などを徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • インフラエンジニアの平均年収
  • インフラエンジニアの将来性
  • インフラエンジニアに求められるスキル

インフラエンジニアは未経験でも転職可能かについても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

インフラエンジニアとは?業務内容も紹介

インフラエンジニアとは?業務内容も紹介

インフラエンジニアは、インターネットを活用するにあたって必要となるサーバーやネットワーク、つまりIT基盤の設計・構築・運用を手掛けることが主な仕事内容です。

設計

自社・クライアントを問わず、作りたいシステムの要望に沿うよう設計書に落とし込む作業を設計と言います。

 ITの専門家ではない人からの要求に対して、いかに応えられるかは設計の段階で決まるといっても過言ではありません。

また、設計の段階で実際の操作フローやエラーハンドリングまでを組み込む必要があります。

構築

インフラエンジニアとは?業務内容も紹介

完成した設計書をもとに、ハードウェアとソフトウェアを揃えます。構築の段階で、プログラムをすることもゼロではありません。運用前の重要な工程であり、動作確認なども構築の一つです。

クラウドの場合は、画面やコマンドを使って設定します。

運用

構築が終わったら、実際に運用を開始します。運用を開始すると原則止めることはできないため、24時間365日稼働させなければいけません。

必要に応じて保守を行い、トラブルが発生したら即時体制で対処することもインフラエンジニアの重要な業務です。

インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアの平均年収は、547万円(※1)となります。国税庁によると日本の平均年収は461万円(※2)と発表されているため、比較的高い金額です。

 月給換算すると約46万円となるため、決して悪い数字ではありません。また、初任給は約21万円が相場と言われています。

正規雇用以外の非正規雇用のインフラエンジニアについては、派遣社員で平均時給2,493円、アルバイト・パートで平均時給1,101円です。

また、地域別で平均年収は異なるため、仮に転職する際は希望地域の金額をチェックしておくことをおすすめします。一例として以下にまとめているため、確認しておきましょう。

地域 正社員年収 派遣社員時給
関東 520万円 2,574円
中部・北陸 437万円 2,153円
近畿 476万円 2,300円
九州・沖縄 442万円 2,305円

関東が頭一つ抜けて、年収や時給が高い結果です。高年収を狙うにあたって、勤務地の平均年収も調べておく必要があります。

※1:求人ボックス
※2:国税庁HP

インフラエンジニアで平均年収1,000万円を得る方法

インフラエンジニアで平均年収1,000万円を得る方法

大手・外資系企業に就職・転職する

インフラエンジニアとして高年収を獲得するには、大手や外資系企業に勤めることが重要です。

 求人ボックスによると、上場企業に勤務している社員の平均年収は537万円(※1)となります。

そして、国税庁によると従事員5,000人以上の事業所で606万円(男性756万円・女性283万円)、資本金10億円以上の株式会社で629万円(男性731万円・女性321万円)です。(※2)

これらから、大手や外資系企業に勤務することで平均年収は高い水準となるため、1,000万円に近づけることが可能です。

転職をする際は、キャリアアドバイザーに年収希望額を伝えることで要望になるべく沿った求人を紹介してもらえます。

※1:求人ボックス
※2:国税庁HP

独立する

インフラエンジニアで平均年収1,000万円を得る方法

インフラエンジニアとして独立することも、年収1,000万円を目指すうえで有効な手段と言えます。求人ボックスによると、フリーランスとして活躍する人の年収は684万円(※)です。

フリーランスとしてどれだけ仕事を請け負えるかにより高年収を獲得できるチャンスは転がっているため、上を目指すにあたって可能性を感じる形態と言えます。

※:求人ボックス

資格を取得しキャリアアップを目指す

インフラエンジニアとして資格を取得することで、スキルを証明できます。豊富な知識を有していれば企業としては魅力的な人材となるため、昇進・昇給の可能性が期待できるでしょう。

 実務経験があれば尚良ですが、ない場合は資格があるとカバーすることに繋がります。就職・転職でも有利に働く場合があるのです。

大手や外資系企業などで上を目指す際、インフラエンジニアに必要な資格を有しているとキャリアアップに繋がる可能性はゼロではありません。

インフラエンジニアに将来性はある?

インフラエンジニアに将来性はある?

結論から言うと、インフラエンジニアは将来性のある仕事と言えます。インフラエンジニアの役割は、高度情報化社会のITインフラを支えることです。

今や現代社会はITインフラがなければ成り立たないといっても過言ではありません。暮らしにおいて水道やガス、電気などのインフラが必要なことと同じく、まさになくてはならないものです。

 今後はよりIT化が進むと想定されるため、インフラエンジニアの存在は必要不可欠となります。

また、日本の平均年収を上回る収入を得られる点からも、多くの人が目指す仕事とも言えます。必要な存在かつ高年収という観点から、これからの発展に期待できる職種の代表格です。

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

ITパスポート

ITパスポートとは、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。IT業界の入り口とも言えるもので、エンジニアだけでなくIT業務に関わる多くの人が所有を希望する資格になります。

新しい技術であるAI・ビッグデータ・IoTや、アジャイルなどの概要に関する知識をはじめ、経営全般・ITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

 ITパスポートは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき知識を証明できるため、幅広い層に支持されています。

転職する際にITパスポートを取得していると、基本的な知識を有している人材として魅力を感じてもらえる可能性があるでしょう。

メーカー認定資格

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

メーカー認定資格とは、サーバーやネットワーク機器を販売する製造メーカーが実施している認定資格です。

主なメーカー認定資格
  • CCNA
    (Cisco Certified Network Associate)
  • LPIC
    (Linux Professional Institute Certification)
  • VCP
    (Vmware Certified Professional)

CCNA

CCNAはCisco技術者認定試験のことで、学生・エンジニア・ソフトウェア開発者が、業界で重視される業務において成功を収めるために必要な知識とスキルを有している証明となります。

Cisco技術者認定は、ネットワークプロフェッショナルの第一歩である「エントリー」や基礎知識を習得する「アソシエイト」、そして「プロフェッショナル」や「エキスパート」などがあります。

プロフェッショナルレベルの認定試験に合格すると、シスコスペシャリスト認定を取得可能です。

LPIC

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

LPICはLinux技術者認定試験のことで、国際的に通用する認定資格を提供する団体として日本はもとより海外でも広く認知されており、認定者に対して高い評価を得ています。

LinuxのサーバーはWindowsとともに高いシェアを誇っており、インフラエンジニアにとっては重要な知識です。

VCP

VCPはVMware技術者認定試験のことで、VMwareソリューションの導入や展開のための技術を有することを認定する資格プログラムになります。

 資格には5つのレベルがあり、初級向けから上級者向けまで幅広く分かれている点が特徴です。

自身のレベルに合わせて、適した試験を受講し資格取得を目指しましょう。

Amazon Web Services

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

Amazon社が展開するサービスで、インフラエンジニアに関連する資格がレベルに応じて提供されています。

主な資格
  • AWS認定クラウドプラクティショナー:AWSクラウドに関する専門知識を証明
  • AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト:AWSクラウドに関する技術的スキルと専門知識を証明

取得をしている従業員が一定数存在するとAWSよりパートナー企業として認定される点も特徴です。

Microsoft Azure

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

Microsoft社が展開するクラウドサービスで、インフラエンジニアに関する資格は50種類以上も存在します。

主な資格 概要
Microsoft Certified Professional(MCP) クラウド系・Microsoft Azureなど
Azure Fundamentals Azureに関するサービス全て(初級レベル)
Azure Security Engineer Associate Azure環境のセキュリティに関する専門知識(中級レベル)

多くの資格が提供されているため、スキルアップ・キャリアアップのためにも要チェックです。

ネットワークスペシャリスト

インフラエンジニアの年収アップに繋がるおすすめ資格

情報処理技術者認定試験のなかでも難易度が高く、インフラエンジニアやネットワークエンジニアを目指す人に適したものです。

ネットワークシステムを企画・要件定義・開発・運用・保守する業務に従事している人にとっても、キャリアアップを図るうえで持っておいて損はないと言えます。

インフラエンジニアに求められるスキル

インフラエンジニアに求められるスキル

ネットワーク機器やサーバに関する知識

インフラエンジニアとして活躍するにあたって、ネットワーク機器やサーバに関する知識は必須と言っても過言ではありません。

 インフラの設計や構築、運用といった業務にあたるうえで、サーバーへの知識は重要です。OSは各クライアントで異なるため、幅広い知識があれば強みとなります。

また、ネットワーク機器についても負荷が大きい、あるいは通信速度が遅いといった問題が発生した場合、インフラエンジニアとして解決にあたらなければいけません。

知識不足では問題解決に導けない可能性が否めないため、そういった点からも資格取得は有効です。

セキュリティに関する知識

インフラエンジニアに求められるスキル

インターネット社会が発展するにつれて、情報の機密度は上がっています。サイバー攻撃を受けると個人情報や機密情報などの漏洩に繋がるため、セキュリティ対策は極めて重要です。

インフラの脆弱性を突かれ情報が漏洩したとなれば、クライアントからの信頼は地に落ちてしまいます。そうならないよう、セキュリティに関する知識は豊富に有しておかなければいけません。

サイバー攻撃も年々進化しているため、それに伴いセキュリティへの知識も日々アップデートする必要があります。

クラウドに関する知識

ITのインフラはクラウド上に構築するIaaSを利用した設計が増加傾向にあります。

 高額なハードウェアを開発段階で購入することなく、初期投資が抑えられることから開発はクラウド前提で進めるPJも少なくありません。

SaaSもしくはPaaSからIaaSに移行する案件に対応できるよう、AWSやGCP、Azureなどの知識を身に付けておくと良いです。

インフラエンジニアは未経験でも転職可能?

インフラエンジニアは未経験でも転職可能?

結論から言うと、インフラエンジニアは未経験でも転職可能です。未経験でも受け入れている求人もあるため、転職エージェント等で検索することをおすすめします。

未経験でインフラエンジニアに転職するコツ
  • 資格を取得する
  • 派遣から正規雇用を目指す道もある
  • 転職エージェントを利用する

インフラエンジニアに必要な知識を有していることを証明する資格があれば、例えば転職活動をしている際も魅力的な人材と感じてもらいやすいです。

 実務経験がない以上、資格を取得しておくことは書類審査においても大きなアピールに繋がる可能性があります。

企業によっては未経験でも安心できる研修が用意されている場合もあるため、求人情報は入念にチェックしリサーチも欠かさないことが大事です。

インフラエンジニアとして年収アップは可能?年収査定を受けてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

インフラエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            インフラエンジニアになるうえでおすすめの転職エージェントは?
            リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなどの大手転職エージェントには、インフラエンジニアをはじめ数多くの求人が提供されています。いずれも無料で登録・利用できるため、ぜひチェックしてみてください。
            インフラエンジニアとは?
            インフラエンジニアは、インターネットを活用するにあたって必要となるサーバーやネットワーク、つまりIT基盤の設計・構築・運用を手掛ける職種です。
            インフラエンジニアの平均年収は?
            平均年収は、547万円となり、日本の平均年収を大きく上回っています。月給換算すると約46万円で、初任給は21万円が相場となるようです。
            インフラエンジニアで平均年収1,000万円を得る方法は?
            高年収を獲得するため、大手・外資系企業に就職・転職することや、フリーランスとして独立する、あるいは資格を取得しキャリアアップを目指すといった方法があります。実務経験がない場合はスキルを証明する資格は有効となるため、ITパスポートやメーカー認定資格、Amazon Web Servicesなどは要チェックです。
            インフラエンジニアに将来性はある?
            インフラエンジニアは将来性のある仕事と言うことができます。その理由として、インフラエンジニアは高度情報化社会のITインフラを支えることが業務です。現代社会はITインフラがなければ成り立たないことから、まさに必要不可欠な存在と言えます。
            インフラエンジニアに求められるスキルは?
            ネットワーク機器やサーバに関する知識、セキュリティに関する知識、クラウドに関する知識が求められます。転職の際も即戦力として数えてもらうには、豊富な知識を有することでスキルが高いことを証明できるでしょう。
            インフラエンジニアは未経験でも転職可能?
            インフラエンジニアは未経験でも転職可能です。未経験歓迎や、未経験向けに研修を実施しているなど、積極的に採用する動きを見せている企業は少なくありません。実務経験がないことから、資格を取得しておくとアピールに繋がります。

            まとめ

            この記事では、インフラエンジニアの平均年収や働くうえでおすすめの資格や将来性などを解説しました。

            平均年収は日本の平均を大きく上回っており、現代社会において必要不可欠な存在であることから将来性のある職業と言えます。

            ITパスポートやメーカー認定資格など、業務に活かせる資格を取得することで就職・転職が成功する可能性は高くなるでしょう。

            未経験でも挑戦できる職種となるため、求人を検索してみるのがおすすめです。

            記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事