デンソー平均年収

デンソーの平均年収は?年代・職種・学歴別の年収も紹介!

転職をするにあたって、「転職先の平均年収が気になる」という方は多いでしょう。企業選ぶ際に、職場の環境や福利厚生などももちろん重視されますが、高収入であることも重要なポイントです。

そこで今回の記事では、デンソーの平均年収や職種別・学歴別の平均年収、デンソーのボーナス事情や残業代などについて紹介します。

デンソーへの転職を検討している方をはじめ、自動車関連事業の会社への転職を考えている方なども、ぜひ参考にしてください。

この記事では、さまざまな角度からデンソーの年収について紹介するので、企業選びの参考にご覧ください。
この記事でわかること
  • デンソーの基本情報
  • デンソーの事業内容
  • デンソーの過去5年間の平均年収
  • デンソーの年代別平均年収
  • デンソーの職種別の平均年収
  • デンソーの学歴別の初年度推定年収
  • デンソーのボーナス事情
  • デンソーの残業代は?
  • デンソーへの転職を成功させるコツ

デンソーの基本情報を解説!

デンソーの基本情報

株式会社デンソーは、トヨタグループに属する、世界トップシェアを誇る自動車部品メーカー会社です。1949年にトヨタ自動車から分離独立した会社で、トヨタ自動車が主要顧客となっています。

世界の自動車メーカーに認められた技術対応力や、電動化を支える広範にわたる製品のラインナップがデンソーの強みです。カーボンニュートラルに向けた環境戦略もデンソーの魅力の一つです。

現在では、海外の自動車メーカーとの取引拡大も行っています。

デンソーの会社概要

デンソーの転職を検討するのであれば、まずは会社概要を把握しましょう。下記では、本店所在地をはじめ、売上や従業員数、沿革などのデンソーの会社概要を紹介します。

会社名 株式会社デンソー
本店所在地

愛知県刈谷市昭和町1-1

設立日 1949年12月16日
資本金 1,875億円
売上 連結 4兆9,367 億円
※2020年4月1日~2021年3月31日
従業員数
  • 連結 167,950人
  • 単独 45,152人
連結子会社数 198社 (日本 63、北米 21、欧州 27、アジア 80、その他 7)
沿革
  • 1949年 トヨタ自工から分離独立して、日本電装株式会社を設立
  • 1953年 ドイツのロバートボッシュ社と技術提携
  • 1961年 品質管理の最高権威デミング賞を受賞
  • 1968年 IC研究室を設置
  • 1971年 初の海外販売会社ニッポンデンソー・オブ・ロスアンゼルスを設立
  • 1972年 初の海外生産会社ニッポンデンソー・タイランド、ニッポンデンソー・オーストラリアを設立
  • 1977年 技能五輪国際大会で初の金メダルを獲得
  • 1984年 額田テストコースを開設
  • 1985年 ニッポンデンソーテクニカルセンターU.S.Aを設立
  • 1990年 ニッポンデンソー・インターナショナル・U.K.を設立
  • 1991年 基礎研究所を設立
  • 1994年 デンソー基本理念を制定/中国に烟台首鋼日本電装有限公司設立
  • 1996年 社名を「日本電装」から「株式会社デンソー」に変更
          • 2004年 長期経営指針「DENSO VISION 2015」を策定
          • 2005年 初の海外地域研修センター デンソー・トレーニングアカデミー・タイランドを設置
          • 2006年 トヨタグループ5社と共同で事業所周辺5カ所に託児所を設置
          • 2013年 デンソーグループ2020年長期方針を策定
          • 2016年 デンソーエコビジョン2025を策定
          • 2017年 ブランドスローガン「Crafting the Core」を策定/デンソーグループ2030年長期方針策定

          デンソーの事業内容

          デンソーは、自動車関連事業をはじめ、生活関連機器や産業機器などで自動車技術を応用した事業を行っています。ここでは、デンソーの4つの事業内容について解説します。

          事業内容
          • 自動車関連事業
          • 生活関連機器事業
          • 産業機器事業
          • 新事業

          自動車関連事業

          自動車関連事業

          自動車関連事業は、デンソーの主要事業です。ハイブリッド車や電気自動車の駆動・電源システムと関連製品、半導体などのエレクトロニクス製品、自動車用のエアコンシステムの開発・生産を行っています。

          環境に配慮し、安心で安全な製品や技術を開発しており、日々イノベーションの挑戦を続けています。

          生活関連機器事業

          生活関連機器事業では、自動車製品を作ってきたノウハウを生かし、住宅関連の機器の開発をしています。ヒートポンプ給油器や住宅用全館空調などの住まいに欠かせない機器の開発を行っています。

          ワインセーバーや化粧品の開発など、個人向けの製品も生産しています。

          産業機器事業

          産業機器事業では、産業用のロボットや、プログラマブルコンピューターなどのFA機器、バーコードやQRコードなどの自動認識関連機器などの製品の開発・生産を行っています。

          産業機器事業は、株式会社デンソーウェーブが担当しており、流通や小売事業で使用されている機器の研究開発もしています。

          新事業

          新事業

          新事業では、バイオ・ヘルスケア・農業生産・セキュリティなど、人々の生活を豊かにする最新技術を活用した機器の開発・研究をしています。

          自動車分野で培われた最先端の技術を応用した、今後の社会を支える事業です。

          デンソーの平均年収は?年代別も解説!

          ノルマのあるビジネスマン

          転職先を検討する際に、平均年収について気になる方も多いでしょう。ここでは、過去5年間のデンソーの平均年収を解説した後、年代別の平均年収について解説します。

          デンソーの平均年収

          デンソーが公式サイトにて公開している有価証券報告書をもとに、2017年から2021年の過去5年間の平均年収について解説します。

           2021年3月期の有価証券報告書によると、平均年収は721万1,044円と示されています。

          2017年から2021年にかけては、106万4,900円落ち込んでおり、減少傾向にあります。しかし、平均年収がここ5年間で減少しているのはデンソーだけではありません。

          新型コロナウイルス流行の影響を受けて、多くの自動車メーカーが業績に打撃を受けています。
          平均年収
          2017年3月期 827万5,944円
          2018年3月期 812万2,830円
          2019年3月期 816万8,127円
          2020年3月期 797万8,326円
          2021年3月期 721万1,044円

          ※株式会社デンソー公式サイト「有価証券報告書」より

          dodaの「平均年収ランキング(96業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」によると、自動車・輸送機器メーカーの平均年収は472万円という数値が出ています。

          新型コロナウイルス流行の影響で平均年収は下がっていますが、相場と比較すると、デンソーの平均年収は高水準であることがわかります。

          デンソーの年代別平均年収

          転職でキャリアアップしたい方や、転職後に長期的に働いていきたいと考える方は、年代別の平均年収も気になることでしょう。

          下記では、デンソーの20代から50代までの平均年収と最低年収、最高年収を紹介します。

          デンソーの平均年収・最低年収・最高年収は、年代が上がるにつれて増加しています。

          年功序列で給与がアップする傾向が強く、年齢が上がるごとに年収も上がりやすくなるという給与体系がとられていることがわかります。

           

          年代 平均年収 最低年収 最高年収
          20代 400万円 500万円 328万円
          30代

          600万円

          700万円 450万円
          40代 800万円 950万円 600万円
          50代 1,000万円 1,045万円 800万円

          ※転職会議「株式会社デンソーページ」より

          デンソーの職種別の年収は?

          転職する職種や学歴によっても、年収額は異なります。ここでは、デンソーの職種別の平均年収と、学歴別の推定年収について解説します。

          デンソーの職種別の平均年収

          デンソーの職種別の平均年収

          転職会議の株式会社デンソーのページでは、デンソーの職種別の平均年収は以下の通りに示されています。

           年収が高いのはその他のシステム・ソフトウェア関連職の738万円、経営管理の735万円、経営企画・事業開発の734万円です。

          反対に、年収が低いのはシステム開発(制御系)の625万円機械関連の645万円、営業の646万円です。

          最高年収のその他のシステム・ソフトウェア関連職の738万円と、最低年収のシステム開発(制御系)の625万円では、113万円もの金額差があります。

          職種 平均年収
          営業 646万円(職種平均より+135万円)
          経営管理 735万円(職種平均より+169万円)
          経営企画・事業開発 734万円(職種平均より-27万円)
          システム開発(制御系) 625万円(職種平均より+112万円)
          その他のシステム・ソフトウェア関連職 738万円(職種平均より+205万円)
          機械関連 645万円(職種平均より+153万円)
          電気・電子関連 683万円(職種平均より+163万円)
          半導体関連

          667万円(職種平均より+132万円)

          ※転職会議「株式会社デンソーページ」より

          デンソーの学歴別の初年度推定年収

          デンソーの年収は、学歴によって異なります。下記では、マイナビ2023の株式会社デンソーのページより、大学・高専卒(専攻科)、修士、博士別の初任給を記載しています。

          初年度の推定年収は、初任給をもとに計算しています。あくまで推定年収を算出していますので、参考程度にしてください。

          対象 初任給 初年度推定年収
          大卒、高専卒(専攻科) 20万8,000円 350万円
          修士

          23万円

          380万円

          博士 26万4,000円  440万円

          ※マイナビ2023「株式会社デンソーページ」より

          デンソーのボーナス事情!残業代は?

          お金 リボン

          転職活動をする上で、転職先のボーナス事情や残業代などが気になる方も多いでしょう。ここでは、デンソーのボーナス事情や残業代について解説します。

          デンソーのボーナス事情

          マイナビ2023の株式会社デンソーのページによると、デンソーのボーナスは、7月と12月の年に2回支給されると示されています。2020年実績のデンソーの平均賞与は、下記の通りです。

          デンソーの平均賞与
          • 2020年夏実績 平均賞与: 92万円
          • 2020年冬実績 平均賞与: 88万円

          ※マイナビ2023「株式会社デンソーページ」より

          デンソーの残業代は?

          デンソーの公式サイトによると、デンソーは残業時間に応じて時間外手当が支給されると示されています。

          カンパニー通信の「デンソーの評判・口コミ」には、下記のような残業時間や残業手当に関する口コミがあげられています。

          口コミ
          • 労働時間は長いが、その分残業代が出るため、他社と比較して給与水準が高い(40代男性)
          • 必要以上に残業することはなかったけど、20代では給与額が高いほうだと思う(20代女性)
          • 部署にもよるが残業はあまりないが、他の会社より昇給率が高い(20代後半男性)

          ※カンパニー通信「株式会社デンソーページ」より

          職種によって残業時間は異なるようですが、残業代がしっかり支給されるというポジティブな口コミが多く見受けられました。

          デンソーへの転職を成功させるコツ

          デンソーへの転職を成功させるためには、3つのステップを踏む必要があります。ここでは、デンソーへの転職を成功させるコツについて解説します。

          成功させるコツ
          • 1.自己分析・キャリアの棚卸しをする
          • 2.デンソーが求める人材像を把握する
          • 3.デンソーの面接の傾向を知る

          1.自己分析・キャリアの棚卸しをする

          自己分析・キャリアの棚卸しをする

          転職活動をする前の準備として、まずは自己分析とキャリアの棚卸しを行いましょう。自分の長所やスキルやこれまでの経歴を視覚化することで、自分の強みやアピールポイントを見つけ出せます

          自己分析・キャリアの棚卸しをする際のポイントは、以下の通りです。

          ポイント
          • これまでの自身の経歴を振り替える
          • 「なぜ転職したいのか」「どんなキャリアを歩みたいのか」などの自身の目指したい道を考える
          • これまでの経験やスキルなど自分にできることを考える

          上記を網羅することで、履歴書と職務経歴書、面接での効果的なアピールができるでしょう。

          2.デンソーが求める人材像を把握する

          自己分析・キャリアの棚卸しを終えた後は、デンソーの求める人材像について把握しましょう。デンソーは、求める人材像について下記の内容を掲載しています。

          デンソーの求める人材像

          自ら学び、自ら考え 新たな価値の実現に向けて挑戦し続けていく人材

          グローバル化やIT化の進展により、急速に変化し続ける社会。その中でデンソーが世の中へ新たな価値を持続的に提供していくためには、自ら社会の変化を敏感に察知し、将来求められるニーズを考え、その実現に向け様々な壁を越えていける人材が不可欠だと考えています。

          1. 仕事の中で実現したい夢・志を持ち、高い目標へ挑戦し続けていく
          2. 強い好奇心を持って広く物事を学び、前提や常識にとらわれず柔軟に発想する
          3. 周囲と一歩踏み込んだコミュニケーションを行い、互いの個性を高め合う

          ※引用:株式会社デンソー公式サイト「応募情報・エントリー」より

          上記の内容や中途採用の応募条件から、デンソーに向いている人材は、下記のような人物であるということも推測できます。

            デンソーに向いている人材の推測
            • 各職種に見合ったスキルや経験を持っている方
            • 英語力(TOEIC(R)テスト600点以上)のある方
            • 長期的な視点を持って目標設定し実行できる方

            3.デンソーの面接の傾向を知る

            デンソーの面接の傾向

            デンソーが求める人材像を知った後は、デンソーの面接の傾向を把握しましょう。転職会議の株式会社デンソーのページでは、デンソーの面接では下記のような質問がされると記載されています。

            面接の質問
            • 志望理由
            • 自己紹介
            • 前職を退職した理由
            • 学生時代に頑張ったこと
            • コミュニケーションをとるのは得意か
            • どんな仕事がしたいか
            • 長所や短所
            • あなたにとって車とは
            • どんな車を作りたいのか
            • 10年後になっていたい姿
            • 生きる意味とは

            ※転職会議「株式会社デンソーページ」より

            志望理由や自己紹介、前職を退職した理由などの基本的な質問をはじめ、「あなたにとって車とは」「生きる意味とは」など、デンソーならではの質問も見受けられました

            職種や採用形態によっても異なりますが、上記の点は覚えておきましょう。

            質問回答を深堀りされる傾向もあるとのことなので、論理的に回答できるようにあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

            あなたの市場価値は?年収査定を受けよう!

            年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
            dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


            dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
            dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


            dodaの年収査定でわかること
            • あなたの適正年収
            • 今の年収からいくらアップするか
            • あなたの適正年収と同じ条件の求人

            表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

            年収査定

            また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

            年収査定

            自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

             

            デンソーへ転職をする際におすすめ転職エージェント3選

            リクルートエージェント

            リクルートエージェント

                      おすすめポイント
                      • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
                      • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
                      • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
                      • 完全無料

                      リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

                       保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

                      全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

                      また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

                      あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
                      ※2021年6月30日現在
                      運営会社 株式会社リクルートキャリア
                      主なサービス(機能)
                      • エージェントサービス
                      • 職務経歴書エディター
                      • 面接力向上セミナー
                      • 担当者面談
                      公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
                      拠点 全国対応可

                      丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

                      マイナビエージェント

                      マイナビエージェント

                      おすすめポイント
                      • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
                      • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
                      • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
                      • 完全無料

                      マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

                       転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

                      公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

                      初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
                      運営会社 株式会社マイナビ
                      主なサービス(機能)
                      • エージェントサービス
                      • 履歴書添削サービス
                      • 面接対策
                      • サポート期間は無期限
                      公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
                      拠点 全国対応可

                      京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

                      ビズリーチ

                      ビズリーチ

                      おすすめポイント
                      • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                      • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                      • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                      ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                      企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                      年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                      運営会社 株式会社ビズリーチ
                      主なサービス(機能)
                      • エージェントサービス
                      • タレント・ハイクラス会員制度
                      • ヘッドハンター
                      • スカウト
                      公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                      拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                      まとめ

                      今回は、デンソーの基本情報をはじめ、デンソーの過去5年間の平均年収や職種別・学歴別の平均年収、ボーナス事情や残業代などを紹介しました。デンソーは、自動車関連業界の相場と比べても、給与水準が著しく高い会社です。

                      年齢・職種・学歴などによって年収は異なりますが、年功序列の会社であるため在籍年数に沿って年収は着実と増加します。

                      「残業代がしっかり支給される」「昇給率が高い」などと実際に働く社員からの給与に関するポジティブな口コミも多数見受けられます。

                      自動車関連業界へ転職することを検討していて、「年収を重視したい」「キャリアアップを目指したい」「昇給率が高い会社に勤めたい」などと考えている方には、デンソーで働くことをおすすめします。

                      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                      おすすめの記事