キャリトレの評判を口コミから調査!利用するメリットも詳しく紹介

キャリトレの評判を口コミから調査!利用するメリットも詳しく紹介

転職するにあたって、転職サイトや転職エージェントなど、さまざまなサービスを利用する人は少なくありません。

その際は、サービス内容や評判をもとに選択することをおすすめします。

そこで今回は、キャリトレの口コミから評判・評価を調査し、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

この記事でわかること
  • キャリトレの基本情報
  • キャリトレの口コミ・評判
  • キャリトレのメリット・デメリット

また、サービスの特徴についても解説していくため、転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

利用前に要チェック!キャリトレの基本情報

キャリトレ

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数※2021年12月8日時点 非公開
得意分野・特徴
  • 20代向け求人
  • オンライン説明会
  • オンラインイベント
  • 企業求人特集
  • 急募求人特集
  • 未経験者向け求人特集
  • グローバル求人特集
主な機能
  • キャリトレ公式アプリ
  • 「興味がある」機能
  • スカウト機能
  • グループサービス(ビズリーチ・スタンバイなど)
対応エリア 全国

出典:キャリトレ公式

スカウト型のハイクラス転職サイト「ビズリーチ」と運営元が同じです。「キャリアをカチトレ」からキャリトレと名付けられており、優良ベンチャーから大手企業まで多数の案件を扱います。

キャリトレは利用者の志向性を学習し、おすすめの仕事を届けてくれる点が特徴です。

キャリトレの特徴

パソコンの前で腕を組む人

20代など若い世代向け

キャリトレの一番の特徴と言える部分が、20代にフォーカスしていることです。なかでも「挑戦したい20代」を応援しており、若者向けのベンチャー企業求人を多く扱っています。

 登録者の約7割が20代という状況で、企業側も若者を採用する前提で登録している場合が少なくありません。

20代の人はキャリトレの活用方法として、自分と同じ世代がどのような企業に興味を持っているかを知るツールとしても活用できるかもしれません。

1タッチで企業にアピールできる

キャリトレ公式

転職活動においてネックになりがちな点が、履歴書の作成という人は少なくありません。1つの企業を受けるごとに1枚ずつ記載していくのは、骨の折れる作業です。

 登録すべき情報がシンプルで、選択式や一行で済む記述がメインとなるため、とりあえず登録できるというハードルの低さは人気の理由と言っても過言ではありません。

また、そのハードルの低さは登録内容だけにとどまらず、企業への応募も簡単にできる点が特徴として挙げられます。

キャリトレは気になった企業に対して、「興味がある」というボタンをタップするだけでアピールができます。

企業ごとに職務経歴書のような文章を送り、届くかわからない返事を待つ必要はありません。移動時間や寝る前などの隙間時間を活用して、簡単に転職活動ができます。

電子化に慣れており、できる限り多くの企業を比較して選びたい人が多い20代にとって便利なシステムですね。

企業と直接やり取りが可能

パソコンを操作する人

転職は求職者だけでなく、企業側も一緒に働きたい人を探しています。キャリトレの機能である「興味がある」という意思は企業側にも伝わるため、採用担当者がすぐに動くことが可能です。

また、自分からアクションを起こすだけでなく、自動マッチングシステムによって転職者と企業側の双方にお互いの情報を知らせてくれるというメリットもあります。

そして、キャリトレの特徴として挙げられるスカウト制度は、マッチした場合や自分の経歴に興味を持った企業がいる場合にオファーを受けられる魅力的なサービスです。

 オファーにより思いもよらない企業から誘いを受けられる可能性があるため、転職活動の幅が広がります。

お互いの意思を理解した状態で選考に進めるため、入社してからも内定時とのギャップなく働けるという期待が持てるでしょう。

どのような企業からのスカウトを受けるかによって、自分の市場価値を計れるきっかけにもなるのです。

豊富な求人を保有

パソコンを操作する人

キャリトレでは、約5400社分の求人を保有しています。大手転職エージェントに比べると数は少ないですが、キャリトレの求人は20代をメインターゲットにしたものに絞っているため点が特徴です。

20代に対して「今まで経験の無かった新しい業界に進んでほしい」「挑戦してほしい」というビジョンを持っているため、全世代を対象にしたものに比べて数自体は少なくなっています。

高年収求人も多数保有

キャリトレの保有する求人企業の7割は従業員数300名以下の中小企業ですが、ベンチャー企業も多いため活躍によっては高収入を見込める期待が持てます。

 三菱UFJ銀行や電通といった大企業も登録されているため、高収入が期待できる転職チャンスも十分あるでしょう。

若いうちから高収入を得たいと強く考えている人にとって、キャリトレは企業へアピールするツールとして大いに活用できるサービスです。

オンライン説明会を随時実施

パソコンを操作する人

地方に住んでいる場合や対面による説明会の時間確保が難しい場合、現地での説明会参加が厳しく転職活動が思った通りに進まない可能性はゼロではありません。

さらに、昨今は大人数が一堂に介することは衛生面から控えたいと考えている人も多いでしょう。その点、キャリトレではオンラインでの説明会を実施している点が特徴です。

 どの企業がオンライン説明会を実施しているかは、サイトの検索条件で絞ることができます。

説明会の先に面接を考えている場合も、同様にオンライン面接に対応しているかを検索可能です。

「実際に面接を受けることは考えていないが、説明会には参加したい」という人にとっても、気軽に企業について知れるチャンスと言えるでしょう。

キャリトレの口コミ・評判

パソコンを操作する人

サービスの評判を知るうえで、実際に利用した人の口コミを参考にすることは非常に有効です。

ここからは、良い口コミとイマイチな口コミをピックアップし、キャリトレの評判を調査していきます。

良い口コミ

キャリトレの良い口コミ
  • 無料なので気軽に利用できる
  • スカウトが届くため新たな可能性発見に繋がる
  • 高待遇の求人が比較的多い

    キャリトレは、登録だけではなく応募もタップするだけという手軽さがあり、かつ無料と言う点から気軽に活用できる点が高評価に繋がっています。

    費用をかけずに転職活動に打ち込める点は、予算を確保しづらい20代にとって評判が良い要素です。

     スカウト制度によって多くのオファーが届く点は、自信に繋がるとの声もあります。今まで知らなかった企業からの誘いにより、新たな可能性を見出せる点も魅力的です。

    自分が市場でどのように見られているかを実感できる点が、良い口コミに繋がった理由と言えます。

    また、高待遇の求人が多い点も年代に関わらず転職活動において大きなメリットです。待遇の良い企業への転職を目指している人がほとんどを占めるため、それらを保有する点は魅力となります。

    イマイチな口コミ

    パソコンを操作する人

    キャリトレのイマイチな口コミ
    • 自動マッチングは正確とは限らない
    • 合格率とスカウトは比例しない
    • 応募以外の手続きは自分で行う必要がある

      自動マッチングは便利な機能ですが、人工知能を使っているが故にミスマッチに繋がることもゼロではありません。

      例えば、情報収集のため幅広く興味のある業界を登録しておくと、実はあまり興味のない業界とマッチングしてしまうという可能性が考えられます。

       システムを使ったマッチングであるからこそ、自分が志望する業界や会社は正確に登録しておきましょう。

      また、キャリトレの特徴であるスカウト制度についての言及もあり、エスカレーター式で合格に繋がりそうなイメージを持つ人は少なくありませんが、実際はそうではありません。

      キャリトレに限らず、第一印象と実際に出会ってからの印象が違うということは転職活動においては当然です。スカウトが届いても油断せず、内定を勝ち取るための準備をしておきましょう。

      応募以外の手続きは自分で進める必要があるため、面倒に感じてしまう人もいるようです。

      キャリトレのメリット

      両手を広げる男性

      未経験OKの求人が多い

      20代という若い世代では、社会経験が浅い人は少なくありません。そのため、経験したことが無い業種や職種が多いことは仕方がないことです。

       企業はその点を理解し20代のポテンシャルを考えてキャリトレに登録していることから、未経験でも応募可能な求人が多い点は大きなメリットと言えます。

      また、企業は新卒採用がうまくいかず20代の人材不足に陥っていることもあり、転職活動をしている20代は貴重な存在でもあります。

      人材を欲していることから、今まで経験したことがない異業種への転職を考えている人でもマッチする可能性は高いかもしれません。

      グローバル求人を用意

      高層ビル

      現代ではグローバル化が進んでいる影響もあり、海外進出を希望する20代は多いです。英語が話せる人に向けた求人や海外勤務がある求人など、その拠点は国内にとどまりません。

       次の転職先として海外を視野に入れて考えている人は、キャリトレのグローバル求人を検討してみてください。

      キャリトレのスカウト機能やマッチング機能をうまく使い、自分が海外志望であることをシステムにも読み込ませましょう。

      求職者の志向性を学習することから、希望に近い仕事が舞い込んでくる可能性に期待が持てます。

      業界別の求人特集がある

      キャリトレには「○○求人特集」という業界別の特集があり、未経験や海外勤務など個々にあった求人を絞って検索可能です。

       レコメンド機能では、利用者の希望や志向からおすすめの求人を洗い出しマッチさせていくものです。つまり、自分オリジナルの求人特集があることを意味します。

      特集は細かくターゲットが決められており、例えば「高収入を目指せる営業職」「〇月から入社できる企業」「未経験エンジニア」というイメージです。

      自分にマッチした特集を、日々確認することで理想の転職が叶うかもしれません。

      キャリトレのデメリット

      パソコンを操作する人

      転職サポートは受けられない

      キャリトレのサービスは、応募・スカウト・マッチングなどであり、多くの転職エージェントが提供している書類添削や面接対策、企業との交渉といったサービスは実施していません。

       そのため、企業とマッチして選考に進む際においても、手続きは自分で対応する必要があります。

      転職エージェントを応募するためのツールとして使う場合や、自分で転職活動を進めたい場合以外において、キャリトレのシステムは不便と感じる可能性はゼロではありません。

      転職時の手続きなどを一任したい人にとっては、転職サポートがついていない点はマイナスになると考えられます。

      年齢が高い世代にはあまり向いていない

      ソファで考え込む人

      キャリトレのターゲットは20代と若い層になることから、30代以降の登録者はおよそ3割ほどです。そのため、30代以降では希望の年収や業務内容の求人を見つけにくいかもしれません。

      今から新しい未経験の職種にチャレンジするのは気が引けるという人にとって、キャリトレはあまりおすすめできないサービスと言えます。

       30代以降で転職を考えている人の場合、ハイクラス求人を強みとした転職エージェントの利用もおすすめです。

      例えば、キャリトレを運営する株式会社ビズリーチでは、ハイクラス転職向けに「ビズリーチ」を運営しています。

      ビズリーチの転職コンセプトはハイクラスであることから、ターゲットは年収600万円以上です。

      管理職や専門職、あるいは大企業やグローバル企業なども狙えるため、ある程度社会経験を積んだ30代以降の人は、キャリトレだけでなくビズリーチもチェックしてみると良いでしょう。

      ビズリーチでは、2021年1月現在で年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めています。

      求人数は公開されていない

      スマートフォンを操作する人

      実際に転職して入社する企業は1つとはいえ、転職活動時の選択肢は多いに越したことはありません。

      また、どのくらいの数の企業が求人を出しているかは、その転職エージェントに対する信用にも繋がります。

      キャリトレの求人数は非公開という点は、オープンにしているサービスが多いだけに利用しにくいと感じることから、デメリットと捉えられる可能性はゼロではありません。

      キャリトレの活用方法をご紹介

      やむを得ない理由

      キャリトレは良いサービスであることは間違いありませんが、賢く利用することで自分の理想に合った転職が実現しやすくなります。

      ここでは、キャリトレの活用方法をご紹介します。

      キャリトレの活用方法
      • プロフィール情報は充実させる
      • スカウトを受け取った場合は、はやめに返信する
      • レコメンド機能を活用する
      • キャリトレ以外の転職サイトを併用する

      それぞれ、解説しますね。

      プロフィール情報は充実させる

      キャリトレの魅力はスカウト機能があることです。スカウトを受け取るためにプロフィール情報を充実させましょう。

      プロフィールの基本情報はもちろんのこと、「資格・スキル」「職務経歴」などもしっかりと入力しましょう。

      スカウトは面談や面接が確約されることもあり企業側も経歴を慎重に確認した上でスカウトをするのでプロフィール情報が少ないとスカウトされる可能性は下がってしまいます。

       キャリトレではスカウト機能を上手に活用して、効率的に転職活動を進めましょう。

      スカウトを受け取った場合は、はやめに返信する

      ストレスの少ない仕事に就く人

      スカウトを受け取った場合は、はやめに求人を確認しスカウトに返信することをおすすめします。

      スカウトを受け取ってから時間が経ってしまうと「他の求職者で採用が決まってしまった」「応募者が多く、募集を終了せざるを得なかった」などの理由で応募が締め切られる可能性が否めません。

      スカウトを受け取ることはチャンスでもあるので、そのチャンスを逃さないためにもはやめに返信することを心がけましょう。

      レコメンド機能を活用する

      キャリトレには紹介される求人を「興味がある・なし」で振り分けるレコメンド機能があります。

       レコメンド機能は使えば使うほど精度が上がっていくため、「希望条件の求人が紹介されないから」という理由で利用を止めてしまうのは勿体ありません。

      毎日紹介される求人を振り分けることで、良質な求人に出会える確率が上がっていきます。そのため、毎日紹介されるレコメンド求人は面倒くさがらずに振り分けておきましょう。

      キャリトレ以外の転職サイトを併用する

      ストレスの少ない仕事に就く人

      転職を成功させたければ、キャリトレ以外の転職サイトを併用しましょう。転職サイトも様々あり、各サービスで得意としている分野が異なります。

       また、キャリトレなどの転職サイトではコンサルタントからの転職サポートを受けることができません。

      リクルートエージェントやdodaのような大手転職エージェントでは、書類添削や面接対策など転職活動に対する手厚いサポートが受けられます。

      キャリトレと他の転職サイトやエージェントを利用することで、バランスのとれた転職活動ができます。

      転職サイト・エージェントは2〜3社利用するのがよいと言われています。

      キャリトレの利用の手順をご紹介

      転職エージェント/50代アイキャッチ画像

      キャリトレに登録したいと考える方は、早速登録して求人検索をしてみましょう。ここでは、キャリトレの利用手順をご紹介します。

      キャリトレ 利用手順

      STEP1. 会員登録

      STEP2. 求人検索・応募

      STEP3. 面接・内定

      順番に解説します。

      STEP1. 会員登録

      まずはキャリトレの公式サイトにアクセスして、「転職をお考えの方(無料登録)」というボタンをクリックします。

      クリックすると以下のようなフォームが表示され、順に入力していくと基本情報の登録が完了します。

      次に就業状況・希望条件の入力画面が表示されるので、指示に従い入力してください。

      入力が完了すると職務経歴のフォームに移ります。

      現在の就業状況を正直に入力しましょう。

      希望条件や職務経歴書の内容が不足しているとスカウトを受けにくくなるので、過不足なくしっかりと入力することをおすすめします。これで会員登録は完了です。

      STEP2. 求人検索・応募

      会員登録が完了すると「求人検索・応募」に移ります。

       キャリトレでは、人工知能が登録した情報をもとにあなたの希望にあった求人をピックアップしてくれるので、希望にあった求人が見つけやすいと思います。

      気に入った求人があれば、「応募する」のボタンを押しましょう。

      応募のためには書類の提出も必須になるので、書類の書き方が分からない人はキャリトレの「転職関連情報」を参考にしてください。

      また、キャリトレにはスカウト機能があり、スカウトを受け取った場合はその企業の面接が確約されます。

      STEP3. 面接・内定

      企業に応募して書類選考が通ると、いよいよ面接です。面接は2〜3回行う企業が多いです。

       面接を経て内定を獲得したら、内定者に発行される「内定通知書」の内容をしっかりと確認しましょう。

      内定通知書には不利な条件が記載されている可能性があるので、内定が出たからといって浮かれてはいけません。

      内定通知書の内容を確認した上で、内定を承諾するようにしましょう。

      内定を辞退したい場合は、必ず企業もしくはヘッドハンターに連絡するようにしましょう。

      キャリトレと併用したいおすすめの転職エージェント3選

      リクルートエージェント

      リクルートエージェント

                おすすめポイント
                • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
                • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
                • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
                • 完全無料

                リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

                 保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

                全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

                また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

                あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
                ※2021年6月30日現在
                運営会社 株式会社リクルートキャリア
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 職務経歴書エディター
                • 面接力向上セミナー
                • 担当者面談
                公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
                拠点 全国対応可

                丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

                マイナビエージェント

                マイナビエージェント

                おすすめポイント
                • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
                • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
                • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
                • 完全無料

                マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

                 転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

                公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

                初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
                運営会社 株式会社マイナビ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 履歴書添削サービス
                • 面接対策
                • サポート期間は無期限
                公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
                拠点 全国対応可

                京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

                ビズリーチ

                ビズリーチ

                おすすめポイント
                • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                運営会社 株式会社ビズリーチ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • タレント・ハイクラス会員制度
                • ヘッドハンター
                • スカウト
                公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                よくある質問

                キャリトレとは?
                キャリトレは、株式会社ビズリーチが運営している転職エージェントです。ビズリーチが管理職や即戦力、グローバル人材などのハイクラスな転職サイトである一方で、キャリトレはカジュアルさを売りにしています。
                キャリトレの特徴は?
                20代をターゲットにした求人が中心となっており、企業と直接やり取りができたり、スカウト機能を有していたりという点が挙げられます。隙間時間を使い、気軽に求人をタップするだけで応募できる点も特徴です。
                キャリトレのマッチング機能とは?

                キャリトレには自動マッチングシステムがあるため、転職者と企業側の双方にお互いの情報を知らせてくれます。しかし、人工知能を使っているが故にミスマッチに繋がる可能性もゼロではありません。例えば、情報収集のため幅広く興味のある業界を登録すると、あまり興味のない業界とマッチングしてしまうこともあり得ます。きちんと自分の進みたい道をサイトに擦り込むことで、有益な転職情報を届けてくれるでしょう。

                キャリトレの良い口コミは?
                気軽に利用できる点やスカウト制度、そして高待遇求人が多い点などは良い口コミに繋がっています。高評価を得られているものは、キャリトレの特徴と言えるものが多いです。また、自分が市場でどのように見られているかを実感できる点も、キャリトレを活用する魅力と言えるでしょう。
                キャリトレのイマイチな口コミは?
                自動マッチングは便利な機能ではあるものの、人工知能を使っているが故にミスマッチに繋がる可能性がある点はイマイチな口コミとして挙げられています。また、合格率とスカウトは比例しないという点にも、苦言を呈している人は少なくありません。必ずしも、スカウトが届いたから内定を勝ち取れるとは限らないのです。そして、応募以外の手続きは自分で進める必要があるため、手厚いサポートを求めている人にとっては不向きである可能性もあります。
                キャリトレのメリットは?
                キャリトレは20代向けのサービスであるため、未経験者に寛容な企業が多いです。また、優良ベンチャーから大手企業まで多数の企業求人を保有するため、グローバル進出も視野に入れた転職も可能かもしれません。業界別の求人特集もあるため、自分に合った企業を選びやすいです。
                キャリトレのデメリットは?
                転職サポートは受けられないため、応募以外の手続きは自分でする必要があります。また、20代向けであることから30代以降は希望の年収・業務内容の求人を見つけにくいかもしれません。その際は、同じ企業が運営している「ビズリーチ」の利用をおすすめします。

                まとめ

                この記事では、キャリトレの口コミから評判・評価を調査し、サービスの特徴についても解説しました。

                気軽に利用できる点や、スカウトにより新たな可能性を見出すきっかけになる点などを高評価している口コミが多いです。また、自分の市場価値を知るきっかけになる点も魅力と言えます。

                20代など若い人向けであり、優良ベンチャーから大手企業まで多数の求人を保有する点から、若いうちにキャリアアップを見据えて転職したい人は要チェックです。

                ちょっとした隙間時間を活用して仕事探しができるため、在職中の人でも利用しやすいです。

                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                おすすめの記事