弁護士におすすめの転職エージェント5選!転職成功のコツも紹介

弁護士におすすめの転職エージェント5選!転職成功のコツも紹介

年収を第一に仕事を選ぶうえで、弁護士という選択肢を持っている人は少なくありません。

難易度の高い試験に突破しなければいけないものの、安定した収入を確保できます。

そこで今回は、弁護士転職成功のコツについて徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • 弁護士におすすめの転職エージェント
  • 弁護士の主な転職先
  • 弁護士への転職を成功させるコツ

あわせて、転職エージェントの利用がおすすめな弁護士の特徴も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

弁護士は転職エージェントの利用がおすすめ

書籍とノート

弁護士に特化したキャリア相談ができる

転職エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーによるサポートを受けられます。

なかには弁護士業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、弁護士に特化したキャリア相談が可能です。

どのような書類が魅力に感じてもらえるか、面接ではどういったやり取りが良いかなどをアドバイスしてくれます。

応募したい法律事務所の内情を知れる

書籍とメガネ

転職エージェントによっては法律事務所や企業などと深い繋がりを持ち、求人票には載らない内部情報を提供してくれる場合があります。

 採用計画や勤務しやすさなど、転職するうえで重要な情報が少なくありません。独自に分析した結果を共有してくれるため、転職活動において有効な情報です。

弁護士業界に特化している転職エージェントでは、特に強い繋がりが期待できるでしょう。

スカウトを受けられる場合もある

転職エージェントによっては、求職者側だけでなく採用側からスカウトを送れる場合があります。スカウトが届けば面接確約などの期待もあるため、転職成功率が高くなるでしょう。

弁護士におすすめの転職エージェント5選

MS Agent

MS Agent

おすすめポイント
  • 創業から30年以上の信頼と実績を持つ管理部門・士業特化型!
  • 弁護士業界に精通したキャリアアドバイザーが徹底サポート!
  • セミナー・個別相談会を常時開催!

創業から30年以上の信頼と実績を持つ、管理部門・士業に特化した転職エージェントです。弁護士・公認会計士などの有資格者は、年間3,000名以上が登録し600名以上をサポートしています。

 弁護士業界などの法律領域に高い専門性を持つキャリアアドバイザーが在籍しており、徹底したバックアップのもと転職活動に取り組めます。

採用側との年収交渉や応募書類の作成、面接対策なども実施している点が特徴です。MS Agent独自の非公開求人も保有しており、他では出会えない仕事も少なくありません。

セミナー・個別相談会を全国各地で常時開催しているため、マメに情報をチェックしておきましょう。
運営会社 株式会社MS-Japan
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 応募書類の作成サポート(サンプルの提供・添削)
  • 企業との各種交渉
  • 非公開求人の紹介
  • 転職相談会・セミナーの開催
  • キャリア診断
公開求人数※2021年12月7日時点 5,780件
対応エリア 全国

出典:MS Agent公式

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート!
  • 応募書類の添削・面接対策など徹底したバックアップ!
  • 非公開求人が多く新たな仕事との出会いにも期待!

弁護士業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍していることにより、理想の転職を叶えるためのサポートを実施してくれます。求職者のスキルに合わせた仕事提案も特徴です。

 求人紹介だけに限らず、提出する書類の添削や面接対策、さらにはキャリアアドバイザーが独自に分析した弁護士業界の情報も提供してくれます。

非公開求人の保有数が、転職エージェント業界において最大級です。2021年12月7日時点で20万件を超える数を保有しているため、新たな仕事との出会いも期待できます。

内定を勝ち取った後も、キャリアアドバイザーが年収交渉や入社日の調整など最後までサポートしてくれます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年12月7日時点 150,188件(非公開求人204,797件)
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント公式

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 登録すると企業やヘッドハンターからスカウトが届く!
  • 年収1,000万円以上の求人が多い!
  • 職務経歴書の書き方もしっかりサポート!

職務経歴書を登録することで、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届く仕組みです。自身の市場価値を知れる点も、ビズリーチを活用する魅力と言えます。

 保有する求人数は2021年12月7日時点で66,981件あり、そのうち3分の1以上は年収1,000万円超えとなるハイクラスな仕事を取り扱っています。

在籍するヘッドハンターは一定の基準を満たした優秀な人材であり、弁護士転職を全面的にバックアップする点が特徴です。スカウトが届きやすい職務経歴書の書き方もアドバイスしてくれます。

スカウトを増やすための工夫なども提供されているため、魅力的な求人が集まるようチェックしておきましょう。

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • ヘッドハンティング
  • おすすめ求人紹介
  • プレミアムステージ(有料プラン)
  • 職務経歴書の書き方アドバイス
  • 転職コラム
公開求人数※2021年12月7日時点 66,981件
対応エリア 全国

出典:ビズリーチ公式

iX転職

iX転職

おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を多数保有!
  • 市場価値を徹底的に長期でサポート!
  • ヘッドハンティングと求人紹介の両方を提供!

ハイクラス転職をサポートしてくれる転職エージェントで、年収800万円以上の求人を多数保有しています。弁護士求人のスカウトを、ヘッドハンターが厳選して届けてくれる点が特徴です。

 2021年9月時点でヘッドハンターは約2,500人在籍しており、職務経歴書の見せ方や面接対策などを含め、自身の市場価値向上を長期でサポートしてくれます。

また、iX転職ではヘッドハンティングサービスと求人紹介サービスの2つを提供しており、効率良い転職活動が可能です。企業からの直接スカウトも今後リリース予定となっています。

弁護士のようなハイクラス求人を多数保有するため、転職活動において大いに活用できるでしょう。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • ヘッドハンティング
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 内定手続き代行
  • 転職の悩みQ&A
  • 転職のコツ
公開求人数※2021年12月7日時点 非公開
対応エリア 全国

出典:iX転職公式

弁護士転職.jp

弁護士転職.jp

おすすめポイント
  • 法曹業界10年の実績から適切なサポートを提供!
  • 専任のエージェントが希望に沿った求人を紹介!
  • さまざまな職場の弁護士求人を保有!

法曹業界に10年携わっている実績から、充実した転職サポートを実施してくれる点が特徴です。弁護士の生き方・素顔に焦点を当てたAttorney’s MAGAZINEも編集・発行しています。

 法曹業界事情に精通・特化したエージェントだからこそ、最新の業界情報や独自に抱えている求人情報を提供可能です。

エージェントは専任制となっており、応募相談が気軽にできます。希望に沿った求人紹介はもちろん、自身で直接応募も可能なため使い勝手が良い転職エージェントと言えます。

外資系や企業勤務など、さまざまな弁護士求人を保有しているため選択肢が広いです。
運営会社 株式会社C&Rリーガル・エージェンシー
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 直接応募求人の保有
  • 非公開求人の保有
公開求人数※2021年12月7日時点 非公開
対応エリア 全国

出典:弁護士転職.jp公式

弁護士の主な転職先

スーツを着た男性

弁護士の転職先には、いくつか種類があります。転職先で扱う業務や収入面などは異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

弁護士の主な転職先
  • 五大法律事務所
  • 一般民事法律事務所
  • 外資系法律事務所
  • 企業法務系法律事務所
  • 一般企業内弁護士

五大法律事務所

五代法律事務所とは、西村あさひ法律事務所、アンダーソン・毛利・友常法律事務所といった、いわゆる大手法律事務所を指します。国内・海外の業務を経験できるうえ高年収な点が特徴です。

経験・実績を積むうえで適した事務所ということができ、弁護士業界でも一目置かれる存在と言っても過言ではありません。

一般民事法律事務所

男性の後ろ姿

クライアントは個人であり、主に離婚・借金・交通事故などの問題を扱います。依頼者との距離感は近く、仕事へのやりがいを感じやすい点は大きな特徴です。

ワークライフバランスが整いやすい点も、一般民事法律事務所に勤務するメリットと言えます。

外資系法律事務所

海外に拠点がある法律事務所の日本支部に勤務する、あるいは海外事務所と提携している事務所勤務となります。国際的な法律案件を扱うことが特徴です。

年収も比較的高く、かつワークライフバランスが整っている点も外資系法律事務所の魅力と言えます。

企業法務系法律事務所

パソコンを開いて話し合う人物

中小企業の顧問弁護士として勤務し、業務としては契約書チェック・M&A案件・訴訟対応・コンプライアンス対応などが主です。

外資系ほど高くはありませんが、比較的年収も高めの設定となっていることが多いです。

一般企業内弁護士

インハウスローヤー・社内弁護士と言われます。企業内法務が主な業務内容で、法的な視点から企業を守ることが役割です。

 一般企業内弁護士は、刑事事件や一般民事に携わることはありません。

ワークライフバランスを整えるため、企業内弁護士として働くことを希望する人は増加傾向にあるようです。

弁護士の転職事情

弁護士

弁護士の転職を検討している方は、弁護士業界の転職事情を把握しておきましょう。転職市場を知っておくことで計画的に転職活動を進めることができます。

ここでは、弁護士の転職事情を紹介します。

弁護士は売り手市場

新型コロナの影響で採用を一旦停止にしたり、内定を取り消したりする業界がある中で、弁護士業界はあまり影響を受けなかったと言われています。

 元々弁護士業界は不況に強い分類であるため、景気に左右されない職種とも言え、現在は売り手市場です。特に、知名度が低い法律事務所は募集をかけても応募すら来ない状況が続いています。

また、大手法律事務所はさらなる拡大を目指して、積極的な採用活動を行っています。ただ売り手市場だからといって、スキルや経験の少ない人がすぐに転職できるわけではありません。

例えば、大手法律事務所の場合は、ポテンシャル採用であれば修習生を育てればいいだけの話です。かといって中小法律事務所は、育成に工数をかけられないため、経験者採用を優先します。

このように、弁護士業界は売り手市場であるものの、スキルや経験がないと転職は難しいことを覚えておきましょう。

弁護士業界は転職希望者が大手に集中してしまい、中小事務所への応募が少ない傾向があります。

企業内弁護士のニーズが高まっている

転職エージェント

企業内弁護士の数が年々増加しています。企業内弁護士とは、一般企業や学校法人などに所属し、社員や役員として働く弁護士のことを言います。

 近年、コンプライアンスの普及により、企業内の法務の重要性が高まっているため、企業内弁護士のニーズも高まっているのです。

そのため、積極的に採用して法務体制を強化したいところですが、法務人材は待遇の良い大手法律事務所に属しているため、優秀な方は転職市場には出てきません。

だからといって新卒を雇うのはリスクと考える企業が多いため、中途採用として企業内弁護士を募集する傾向が強くなっています。

法律事務所で弁護士として働いた経験があれば、企業内弁護士を目指すのも有りですよ。

40代以降の転職となるとそれなりのスキルが必要

一般的な転職では「35歳限界説」が唱えられていますが、弁護士業界は少し異なります。

弁護士業界では30歳前後で資格を取得し働き始める方が多いです。

よって、30代は若手の評価を受けます。しかし、40代以降となると即戦力が求められるため、スキルや実績がないと転職は難しいと言えるでしょう。

 弁護士業界はスキルや経験、実績が重要視される業界なので、焦らずに実績を積んでいくことが大切です。

弁護士への転職を成功させるコツ

LAWERと書かれたブロック

将来像を明確にする

弁護士への転職を成功させるには、先のビジョンを明確にすることが非常に重要です。漠然と転職したいと考えるだけでなく将来像を持つことで、面接等でアピールに繋がります。

描くべき将来像一例
  • どのような業務に取り組みたいか
  • 給与はどれくらい手にしたいか
  • どのようなワークライフバランスを希望するか
  • 希望する勤務先はどこか

自分の理想とする働き方やキャリアの積み方、そして給与面などを考慮したうえで転職先を選択しましょう。

求められるスキルを身に付ける

書籍と本棚

弁護士に転職して活躍するためには、いかに戦力となり得る人材であるかをアピールしなければいけません。つまり、求められるスキルを保有することは極めて重要です。

 自信がある専門分野をアピールすることに加え、高年収を狙うには海外案件を扱うなどの理由から英語力も必要になってきます。

TOEICなどで高得点を獲得するなど、英語に長けていることを証明できる準備が転職成功に導いてくれる可能性は大いに考えられるでしょう。

第一印象を大切にする

証明写真や面接時の身だしなみなど、第一印象は極めて重要です。見た目の印象が良い人に任せたいと感じる傾向にあります。

弁護士だけに限らず企業等への就職・転職でも同じですが、まずは書類審査を通過するためにも見た目にはこだわりましょう。人と触れ合う仕事なだけに、見た目は信用にも繋がります。

いくら経歴が魅力的でも、見た目が悪ければ書類で落とされる可能性もゼロではありません。

弁護士が転職エージェントを利用するメリット

やむを得ない理由

弁護士の転職では、転職サイトよりも転職エージェントを利用することをおすすめします。前記のとおり、弁護士業界は売り手市場です。

そのため、エージェントを利用することで理想の転職が叶いやすくなります。ここでは、弁護士が転職エージェントを利用するメリットを解説します。

弁護士が転職エージェントを利用するメリット
  • 弁護士業界に詳しい転職のプロからアドバイスをもらえる

  • 職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれる

  • 日程調整や給与交渉を代行してくれる

  • 非公開求人を紹介してくれる

それぞれ、みていきましょう。

弁護士業界に詳しい転職のプロからアドバイスをもらえる

転職エージェントを利用することで、弁護士業界に詳しい転職のプロからアドバイスがもらえます。

転職エージェントは多くの転職実績があるため、あなたの経験や強みを活かせる最適な転職先を紹介してくれるでしょう。

また、客観的な視点で転職先へのアピールポイントの助言模擬面接の実施をしてくれるので、一人での転職活動では得られない魅力があります。

職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれる

即日退職をする人

転職エージェントは求人紹介だけではなく、書類の添削や面接対策を行ってくれます。応募時の書類選考を突破するために、職務経歴書や履歴書の完成度は重要です。

しかし、初めて転職活動をする場合、書類作成に頭を悩ませる人は少なくありません。

 転職エージェントは、職務経歴書や履歴書の書き方を教えてくれるとともに添削サービスも実施されるため、初めて書類を作成する人でも安心できるでしょう。

また、転職エージェントは面接対策も充実しており、模擬面接を行ったり面接のよくある質問などを教えてくれたりします。しっかりと準備した上で、面接に臨むことができますよ。

書類添削も面接対策も全て無料でサポートします。

日程調整や給与交渉を代行してくれる

転職エージェントでは、日程調整や給与交渉を代行してくれます。自分一人で転職活動をすると、現職が忙しい場合は、転職活動にエネルギーを割くことが簡単ではありません。

 仕事を辞めてから転職活動をするのもありですが、「失業保険が切れるまでに転職先を見つけなければ」という心理的なプレッシャーと戦うことになるでしょう。

弁護士転職は難易度が高いので、書類の作成や面接対策に時間をかける必要があります。

転職エージェントは、転職活動で手間になりがちな日程調整を代行してくれるので、あなたの手間は減るでしょう。また、給与交渉も代行してくれるので、直接企業とやり取りする可能性は低いです。

転職エージェントを利用することで、手間な作業は丸投げして、他の準備に集中することができます。

非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントは他の転職サイトには掲載されていない非公開求人を紹介してくれます。

 非公開求人は特定の資格や経験を対象にした求人が多く含まれます。

弁護士の高い法律知識を求める事務所もありますから、非公開求人にアクセスできるだけでも転職エージェントを利用する価値はあるでしょう。

非公開求人は良質な案件が多いのが特徴です。

転職エージェントの利用がおすすめな弁護士の特徴

書類を記入する男性

大きな事務所へのキャリアアップを目指したい人

年収アップを図りたいなど、キャリアアップを目指したい人は転職エージェントの利用がおすすめです。

 キャリアアドバイザーが求職者の希望や将来像を丁寧にヒアリングし、それをもとにキャリアプランを一緒に考えてくれます。

何は必要か、どのように進めれば良いかなどをアドバイスしたうえで二人三脚で歩んでくれるため、理想の働き方に近づける可能性があります。

新たな領域で活躍したい人

ネクタイを締める男性

今までよりも業務の幅を広げたい場合、転職エージェントを利用することで実現できる期待が持てるでしょう。企業内弁護士や外資系など、同じ弁護士でも勤務地により仕事内容は異なります。

新たな領域に飛び込みさまざまな経験を積みたいとキャリアアドバイザーに伝えることで、今までの経験からアピールできるポイントを整理してくれます。

 即戦力となり得るスキルがある、これまでに得た知識がどのように活かせるかなど、応募書類・面接でアピールすることが大事です。

弁護士業界に精通したキャリアアドバイザーの目線から採用側に伝えるべき内容をピックアップしてくれるため、これまでと違うキャリアに挑戦できる可能性が高まります。

自分の市場価値を知りたい人

転職エージェントによってはスカウト機能があり、企業等から面接確約のオファーが届く場合があります。

オファーは自分の市場価値を知れるきっかけになるため、転職エージェントを利用する一つの意味と言えるでしょう。

よくある質問

弁護士におすすめの大手転職エージェントは?
リクルートエージェント、ビズリーチ、iX転職などが挙げられます。リクルートエージェントは求人数が豊富で、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍することから、弁護士転職の成功が期待できるでしょう。また、ビズリーチ、iX転職はスカウトされる仕組みであるため、自分の市場価値を知れるきっかけにもなります。
弁護士におすすめの特化型転職エージェントは?
弁護士転職.jp、MS Agentがおすすめです。弁護士に特化している点から、内部事情にも詳しいなど総合型にはない魅力があります。弁護士業界などの法律領域に高い専門性を持つキャリアアドバイザーが在籍しているため、バックアップも手厚いです。
弁護士の主な転職先は?
主に、五大法律事務所・一般民事法律事務所・外資系法律事務所・企業法務系法律事務所・一般企業内弁護士などが挙げられます。それぞれで業務内容やワークライフバランス、年収は異なるため事前にチェックしておきましょう。
弁護士への転職を成功させるコツは?
将来像を明確にする、求められるスキルを身に付ける、第一印象を大切にすることが重要です。どのようなキャリアを積みたいか、それに見合うスキルを身に付けているかなど、採用側にとって魅力的な人材と感じてもらう必要があります。また、使用してもらう弁護士であるためには、見た目も非常に大事です。
弁護士の転職に転職エージェントの利用がおすすめな理由は?
弁護士に特化したキャリア相談ができること、応募したい法律事務所の内情を知れること、スカウトを受けられる場合もあることなどが挙げられます。
転職エージェントの利用がおすすめな弁護士の特徴は?
大きな事務所へのキャリアアップを目指したい、新たな領域で活躍したい、自分の市場価値を知りたい人などです。キャリアアップなどを徹底的にバックアップしてくれるため、個人で転職活動をするよりも効率良く進められます。
転職の際に知っておきたい弁護士の平均年収は?
求人ボックスによると、弁護士の平均年収は約596万円です。年収幅は約354万円~約1,144万円となっており、高年収であることがわかります。

まとめ

この記事では、弁護士転職成功のコツなどについて詳しく解説しました。

どのようなキャリアを積みたいか、活躍できるスキルを身に付けているかなどが転職成功に求められるため、確固たる考えを持ち能力も有しておきましょう。

弁護士業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍するなど、転職エージェントの活用は内定獲得において重要です。

記事内では弁護士の転職におすすめの転職エージェントを紹介したため、スムーズに理想の転職を実現するためにもぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事