年収300万円の手取りは?生活レベルや住民税、住宅ローンも解説

年収300万円の手取りは?生活レベルや住民税、住宅ローンも解説

就職・転職などの際、仕事内容や会社の雰囲気などとともに、待遇面を意識して選ぶ人が多いでしょう。

給与については年収だけでなく、手元に残るお金である手取りの把握が重要です。

そこで今回は、年収300万の手取りはどれくらいになるかを解説します。

この記事でわかること
  • 年収300万円の手取り額
  • 年収300万円の生活レベル
  • 年収300万円から収入を増やす方法

また、年収300万円が目安の職業や、住宅ローンは組めるかどうかも解説します。年収アップにおすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひチェックしてみてください。

年収300万円の手取りは?住民税や健康保険料はいくら?

年収300万円の手取りは?住民税や健康保険料はいくら?

年収300万円の手取りは、およそ240万円になります。そのため、月の手取りは約20万円ほどです。

日本の平均年収は、国税庁の発表によると461万円(※)になるため、年収300万円は下回る数字です。なお、性別で分けると男性の平均年収が567万円、女性が280万円となります。

※:国税庁

住民税・健康保険料

年収300万円の住民税は、およそ16万円~22万円ほどです。住んでいる地域により税率は異なるため、自身の金額を知りたい場合は各市区町村に問い合わせましょう。

健康保険料については、東京都千代田区での単身世帯(65歳未満)での金額を参考にすると、平成30年度で年間224,013円(※)と発表されています。

モデル世帯の国民健康保険料(年額)

年収300万円の職業とは

年収300万円の職業とは

事務職

事務職は男性・女性問わずに働ける人気の職業で、求人を募集している企業は少なくありません。

 dodaの調査によると、事務職として働く人の平均年収は男性で391万円・女性で317万円、全体平均が約332万円と発表されています。

事務職はさまざまな業界にて求人があり、それぞれで平均年収は異なります。なかでも、貿易事務として働く人の平均年収は380万円ほどになり、最も高いとの調査結果が出ているようです。

出典:doda「平均年収ランキング」

サービス業

年収300万円の職業とは

サービス業の平均年収は、国税庁の発表によると3,633,000円となります。サービス業とは、簡単に言うと顧客の要望に応える仕事です。

主なサービス業
  • 販売職
  • 技術職
  • 専門サービス職
  • 公共サービス業

なお、サービス業のなかでも技術サービス業では平均年収は4,979,000円となり、種類により大きく異なるため把握しておきましょう。

出典:国税庁

営業職

年収300万円の職業とは

営業職の平均年収は、442万円との調査結果が発表されています。年収300万円を大きく上回っており、かつ営業職の良いところは成果をあげるほど給与アップが図れるところです。

 最近では実力主義の企業が多くなっており、成績優秀な社員にはインセンティブがあり高年収が狙えます。

営業職でも業界の違いにより平均年収にも差が出る場合があるため、事前にリサーチしておきましょう。

出典:doda「平均年収ランキング」

年収300万円は結婚できない?

年収300万円は結婚できない?

結論から言うと、年収300万円で結婚はできます。額面が300万円の場合の手取りはおよそ240万円で、月の給与は約20万円です。

 もちろん家賃は日々の生活費によりますが、20万円あれば生活は送れる金額と言えます。

なお、仮に家賃の高いエリアに住むことになり夫の毎月の手取り20万円で厳しい場合は、配偶者の収入も合算して考えるとある程度の余裕が生まれるでしょう。

年収300万円の生活レベルは?

年収300万円の生活レベルは?

実家暮らしの場合

実家暮らしの場合、年収300万円であれば余裕のある暮らしができるでしょう。毎月の手取りが約20万円あれば、仮に親へ生活費として10万円を渡したとしても残り10万円が手元に残ります。

10万円あれば交際費や娯楽なども十分楽しむことができ、かつ余った分を貯金にまわせるくらいの余裕はあるでしょう。

実家暮らしのシミュレーション
  • 親に渡す金額:10万円
  • 交際費・娯楽費:3万円
  • 貯金:7万円

毎月7万円が貯金できれば、1年で84万円となります。実家暮らしの間に将来へ向けてお金の準備が可能です。

また、急な出費が発生した場合でも7万円が残っていればある程度は対応できるでしょう。

実家暮らしの間に、結婚・子育てなどに備えて貯金しておくことをおすすめします。

一人暮らしの場合

年収300万円の生活レベルは?

年収300万円の人が一人暮らしをする場合、どのような生活レベルとなるか見ていきましょう。

一人暮らしのシミュレーション
  • 家賃:6万円
  • 食費:2万円~3万円
  • 光熱費・通信費:1万円
  • 交際費:3万円

上記の合計は13万円となります。手取り20万円として手元に7万円が残るため、十分余裕を持った生活が送れるでしょう。

貯金にまわせるくらいの余裕もあるため、将来に備えることが可能です。なお、家賃については給与の30%が目安と言われています。

家賃相場は地域により異なりますが、参考として把握しておきましょう。

夫婦の場合(2人暮らし)

年収300万円の生活レベルは?

夫婦2人暮らしの場合、年収300万円ではどのような生活となるか見ていきましょう。

夫婦2人暮らしのシミュレーション
  • 家賃:10万円
  • 食費:4万円~5万円
  • 光熱費・通信費:1万5千円

上記の合計が16万5千円です。年収300万円の月々の手取り20万円とすると、だいたい3万5千円が手元に残る計算になります。

一人暮らしに比べて家の広さを確保しなければいけないこと、かつ食費や光熱費が上がることを踏まえると、毎月の残りは何か急な出費があれば不安を覚える金額です。

 しかし、夫婦で暮らす場合は一人暮らしより出費が多くなるものの、配偶者の収入と合算できるという強みもあります。

仮に配偶者の手取りが15万円ほどあれば生活にも余裕が生まれ、将来のために貯金をすることも可能です。

ファミリー世帯の場合

年収300万円の生活レベルは?

ファミリー世帯の場合、年収300万円ではどのような生活となるか見ていきましょう。

ファミリー世帯のシミュレーション
  • 家賃:11万円
  • 食費:6万円
  • 光熱費・通信費:2万円

上記の合計が19万円となります。子どもの年齢にもよりますが、毎月の手取りが20万円となればぎりぎりの生活です。

 配偶者の収入があればゆとりはできますが、子育てで働きに出れない場合は家賃を可能な限り抑える方が良いでしょう。

世帯主の手取りだけでは貯金をする余裕はないため、副業をするなどの対策が必要です。子どもの将来を考えても、なるべく収入アップは早めに図る方が良いでしょう。

年収300万円で住宅ローンは利用可能?

年収300万円で住宅ローンは利用可能?

結論から言うと、年収300万円でも住宅ローンを利用できる場合があります。住宅ローンを利用するには、所定の審査に通過しなければいけません。

審査基準は一般に公表されていないため、年収300万円で確実に利用できるとは言い切れないのです。では、審査に通過するにはどういった点を押さえておけば良いのでしょうか。

審査に通過しやすくするコツ

年収300万円で住宅ローンは利用可能?

審査に通過しやすくするコツとして、以下が挙げられます。1%でも審査通過の確率を上げるため、事前に把握しておきましょう。

審査通過のために押さえるポイント
  • 頭金の用意
  • 収入合算
  • 借りやすい制度を利用

頭金の用意

頭金が多いほど融資額は少なく済みます。つまり、元本が少なくなるため返済見込みは立ちやすくなるわけです。

 多額の頭金を用意できたことは信用実績にも繋がるため、ローン審査に通過できる可能性は高くなります。

そのため、年収300万円で月々の手取り20万円でも、将来のためを考えて可能な限り貯金をしておきましょう。

収入合算

年収300万円で住宅ローンは利用可能?

住宅ローンを利用するにあたって、収入面に不安がある場合は配偶者との合算も検討しましょう。仮に夫の年収が300万円でも、妻の年収が200万円ほどあれば合算で500万円になります。

世帯年収が上がれば返済見込みも立ちやすくなるため、審査に通過できる可能性は高くなるでしょう。

借りやすい制度を利用

住宅ローンにはいくつか種類があり、なかには借り入れしやすいものがあります。なかでも、「フラット35」は融資基準が民間ローンよりも優しいと言われているため要チェックです。

住宅ローンについて悩んだときは、アドバイザーに相談するという方法もあるため、一度問い合わせてみることをおすすめします。

年収300万円から収入を増やす方法

年収300万円から収入を増やす方法

昇進を目指す

年収300万円から収入を増やすには、現在の仕事で昇進し給与アップを目指す方法があります。管理職になれば給与がアップするため、生活にも余裕が生まれることになるでしょう。

昇進方法は企業により異なりますが、最近では実力主義の傾向が強いため成果をあげることが重要です。営業職であれば、案件獲得が多いほど評価され、昇進できる可能性は高くなるでしょう。

年功序列の風習が薄れつつあるため、20代や30代などの若い世代でも高収入が狙いやすいです。

資格を取ってキャリアアップを目指す

年収300万円から収入を増やす方法

キャリアアップのために、資格を取得することも年収を上げるための方法となります。職種により活かせる資格は異なりますが、取得者であれば高年収の仕事やポストにつける場合があるのです。

キャリアアップにおすすめの資格
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 宅地建物取引士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • ITパスポート

ファイナンシャルプランナー(FP)は、税金・保険・年金などの幅広い知識を持つお金の専門家です。

 資格取得者は金融や保険、不動産など幅広い業界で求められる人材であるため、キャリアアップに最適と言えます。

また、宅地建物取引士は資格手当がもらえるため、収入アップに最適な資格です。司法書士や行政書士は独立開業を狙えることから、将来的に高年収を獲得できる期待が持てます。

ITパスポートは、ITに関する基礎的知識を証明する経済産業省認定の国家資格です。これからの時代はパソコン・インターネットが当たり前の時代であるため必要な人材と言えるでしょう。

各業界で求められる資格を取得することで、必要な人材として確保したいという考えから高収入が期待できます。

副業をする

年収300万円から収入を増やす方法

メインとなる仕事以外でお金を稼ぐことで、収入アップを図れます。そのためには、効率良く稼げる副業に取り組むことがおすすめです。

おすすめの副業
  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • 日払いバイト

クラウドソーシングは、企業案件を自宅などで気軽に取り組めることから注目されており、うまくいけば月に10万円近く稼げます。

 クラウドソーシングはデータ入力などPC業務が多く、普段の仕事で得たスキル等を活かせる場合もあるため、ぜひ求人をチェックしておきましょう。

また、ブログを書いて広告収入を得るアフィリエイトや、引っ越しや現場仕事などの日払いバイトも副業としておすすめです。

転職する

年収300万円から収入を増やす方法

今の企業では収入アップが見込めない、あるいは随分と先になってしまう場合は、思い切って転職することも一つの方法となります。なお、転職をする際は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントのメリット
  • 転職に精通したキャリアアドバイザーに求人を紹介してもらえる
  • 書類添削や面接対策などのサポートが受けられる
  • 非公開求人に出会える
  • 内定後のサポートも受けられる

各業界の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーによる求人紹介や書類添削・面接対策など、手厚いサポートを受けられるため転職活動が充実したものになります。

 一般には公開されていない非公開求人に出会える点も、転職エージェントを利用する魅力です。

内定獲得まで二人三脚で歩んでくれるうえ、企業側との年収交渉や入社日調整なども代行してくれます。

効率良く転職活動ができるうえ、基本的には無料で利用可能なため使わない手はありません。

年収アップを目指すなら適正年収を調べてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            年収アップを目指す人におすすめ転職エージェントは?
            大手となるリクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントは要チェックです。求人数も多く、他では出会えない非公開求人を保有している点も特徴となります。また、dodaではスカウトサービスが提供されており、企業側からのアクションがある点も魅力的です。
            年収300万円の手取りは?
            年収300万円の手取りは、およそ240万円になります。そのため、月の手取りは約20万円ほどです。国税庁によると日本の平均年収は461万円と発表されているため、決して良い金額とは言えないでしょう。
            年収300万円の職業は?
            代表的なものでは、事務職・サービス業・営業職などが挙げられます。成果をあげる、もしくは昇進すれば年収300万円以上を狙うことは可能です。また、あくまで平均年収での調査となるため、一つの目安として捉えておきましょう。
            年収300万円は結婚できない?
            年収300万円でも結婚はできます。月々の手取りはおよそ20万円となるため、夫婦で暮らしていくことは可能です。ただし、住むエリアによっては家賃が高くなり手元に残せるお金も少なくなるため、万が一の出費に対応できない恐れがあります。配偶者の収入があれば、合算することで生活にも余裕が生まれるでしょう。
            年収300万円の生活レベルは?
            実家暮らしや一人暮らしでは、それなりに余裕のある生活が送れます。夫婦や子どもがいるファミリー世帯の場合は月々に必要なお金も多くなるため、配偶者の収入と合算しなければ厳しい場合があるでしょう。
            年収300万円で住宅ローンは利用可能?
            年収300万円でも、住宅ローンを利用できる場合があります。ただし、ローン審査の基準は公表されていないため、通過しやすくなるよう頭金を多く準備する・配偶者の収入と合算する・借りやすい制度を利用といった対策を把握しておきましょう。
            年収300万円から収入を増やす方法は?
            昇進や転職、副業など収入アップを図る方法がおすすめです。また、キャリアアップをするためにも社会的にニーズのある資格取得を目指しましょう。転職をする際は年収アップが目的と伝え、キャリアアドバイザーによるサポートを受けながら内定獲得を目指すと、理想に近い働き方が叶う可能性は高まります。

            まとめ

            この記事では、年収300万の手取りはどれくらいになるかを解説したうえで、生活レベル住宅ローンは組めるかなどを紹介しました。

            手取りはおよそ240万円となるため、月の手取りは約20万円です。決して多いとは言えませんが、実家暮らしや一人暮らしでは貯金ができるほど手元にお金は残せるでしょう。

            しかし、夫婦2人暮らしや子どもがいる場合でも生活は可能ですが、出費が多くなるため配偶者の収入と合算しなければ厳しい状況になりかねないと理解しておきましょう。

            住宅ローンを組むことは可能ですが、審査に通りやすいよう頭金の用意や収入合算など対策を講じることをおすすめします。

            さらなる年収アップを目指す人は、転職エージェントの利用を検討してみると良いでしょう。

            記事内で紹介した転職エージェントは無料でさまざまな転職サポートを受けることができるため、ぜひ上手く活用してみてくださいね。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事