29歳の転職は遅い?メリット・デメリットや求められるスキルを解説

29歳の転職は遅い?メリット・デメリットや求められるスキルを解説

転職活動をするにあたって、年齢を気にする人は少なくありません。dodaの調査によると、転職成功者の平均年齢は31.7歳(※)となっているため、一つのラインと言えるでしょう。

では、29歳という年齢は転職する際にネックとなるのでしょうか。30代目前ということもあり、どう評価されるか気になるところです。

スキルなしで未経験の業界へチャレンジするのが厳しいのか不安な人も多いかもしれません。

そこで今回は、29歳で転職は遅いのか29歳で転職するメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 29歳の転職が遅いかどうか
  • 29歳で2回目の転職ができるかどうか
  • 29歳で転職するメリット・デメリット
  • 29歳の転職で求められるスキル

また、転職を成功させる5つのコツも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

出典:コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

29歳で転職は遅い?

スーツを着た人

結論から言うと、29歳での転職は決して遅くありません。理由としては、まだ20代であり成長する伸びしろがあると考えられるからです。

 今までの社会人経験を活かせるという点からも、転職が遅いのではなく「即戦力」として考えてくれる企業もゼロではないでしょう。

しかし、新卒や第二新卒などと違い、経験を考慮されるため評価の基準が厳しくなる点を忘れてはいけません。

2回目の転職になると難しい?

29歳で転職が2回目となれば、印象は悪くなるかもと心配する人は少なくないでしょう。その点については、今までの経験から得たスキルを期待されます。

また、まだ20代ということから将来性も踏まえ、企業にとっては魅力的な人材と捉えられる要素は十分にあるのです。

ただし、企業によっては早期退職を懸念される可能性は否めません。一社にいた期間が決して長いとは言えないため、また辞めてしまうのではと考えられてもおかしくないのです。

転職をした理由にもよるため一概には言えませんが、決して負い目に感じる必要はないでしょう。

スキルなしでも転職可能?29歳で転職する4つのメリット

スーツを着た男性

1.未経験・異業種に転職できる

スキルがなければ転職できないのではないかと不安になる人もいるかもしれませんが、29歳で転職をするメリットとして、今まで経験していない仕事・業界にチャレンジできる点が挙げられます。

30代目前で転職には遅いと考えられる一方で、まだ20代という見方もできます。

 つまり、未経験・異業種への転職に関しては、若さ・柔軟性を活かしたポテンシャル採用が期待できるのです。

今の仕事とは別の業種で、昔から働いてみたかったものがある人は、ぜひ29歳の内に転職を選択してみましょう。

チャレンジしたい仕事・業界がある人は今がまさにチャンスかもしれません。

2.社会人経験があることから期待してもらえる

新聞を読む人

29歳という年齢的に、社会人としての経験をある程度積んでいることがわかります。今までに得た知識を業務・業務外のそれぞれで活かせるため、戦力として捉えてもらいやすいです。

 新卒と違いある程度の経験があるため、教育の手間が省ける点は採用する側にとってメリットと言えます。

また、業界に対する知識や理解が備わっている可能性があることから、後輩社員等への教育に期待ができる点も企業側にとって魅力です。

新卒に比べると社会経験が長く、基本的なビジネススキルが身に付いているのも強みですね。

3.今までのキャリアを活かせる

これまでの経験から得た知識を次の仕事で活かせる点も、29歳で転職をする人に期待が寄せられるポイントと言えます。

積み上げてきたスキルは、ビジネスシーンで働くにあたって非常に重要です。転職先が元々の業界で同じであれば、なお強みになると言っても過言ではありません。

新たな戦力として企業に利益をもたらしてくれる人材と捉えてもらえるため、転職成功率アップが期待できるでしょう。

能力が評価されることで、前職より収入アップとなる可能性も生まれてきます。

4.Uターン転職ができる

仕事をする人

最近では都市部ではなく元々生まれ育った地元へ戻り働く「Uターン転職」を希望する人は少なくありません。実は、29歳という年齢はUターン転職に適しています。

 得た知識を活かせる、かつまだまだ若い年齢であることから、組織に馴染みやすい点は一つの魅力です。

都市部の企業で経験したことや多くの人との出会い、そして身に付けたノウハウを地元企業へ持ち帰ることは、まさに貢献に繋がる要素と言えます。

29歳社員は体力も期待できることから、企業にとって活力を与えてくれる存在です。

これだけは知っておきたい!29歳で転職する4つのデメリット

仕事をする人

1.経験がリセットされる

今までとは違う新たな業界へチャレンジするにあたって、転職により経験がリセットされる点はデメリットとして挙げられます。

29歳という年齢からそれなりに積み重ねてきた経験を活かせない業種へ飛び込んだ場合は、一から始めるくらいの覚悟が必要かもしれません。

 同じ業界内での転職でも、企業により働き方に違いがあることは珍しくないでしょう。つまり、今までの経験が活かせない可能性はゼロではありません。

なるべく戦力となれる、かつ自分にとっても働きやすい環境作りをするためにも、事前の企業調査や働き方、取り組む業務内容等のリサーチは重要です。

2.年収ダウンが懸念される

お金

転職する業界にもよりますが、未経験職種となれば年収ダウンが懸念されます。同じ業界であれば経験を考慮してもらいやすいですが、新たな挑戦となればそうはいきません。

 転職をする際は、必ず事前に推定年収をチェックしておいてください。求人情報の詳細におおよその年収を掲載している場合があります。

年収は仕事への意欲に繋がる要素と言っても過言ではありません。高い意識で取り組めるよう、今の年収よりなるべく下げない、下がったとしても許容範囲内であることは重要です。

未経験の業界へチャレンジする際は、どのくらい収入に差が生じるかもシミュレーションしておきましょう。

3.離職の可能性を疑われる

29歳で転職をした人は、今までの仕事にある程度慣れていたことが想定されます。また、ある程度の実績を積んだことにより、それなりの年収を獲得していることも予想されるでしょう。

 それにも関わらず転職をしたことは、新たに雇う側にとって「また辞めてしまうのではないか」と疑われても仕方ありません。

また、仮に初めてではなく転職が2回目ともなれば、より離職を疑われる可能性は高くなってしまいます。

環境を変えてまで転職を決意した熱意やキャリアプランをしっかりと伝えることが大切です。

4.実績がなければ転職が難しい場合がある

パソコンを操作する人

29歳という年齢から、それなりに社会人として経験を積んでいることが想定されます。つまり、採用する側からすると即戦力となり得る人が欲しいと言えるでしょう。

そのため、年齢的に実績がなければ転職の実現は難しいかもしれません。以前の職場や業界にて実績がなければ、中途採用に求められる「即戦力」の期待が薄れます。

 「実績がない=業務遂行力に欠けている」と判断されてもおかしくありません。そうなると、内定獲得までの道のりは難航する可能性が危惧されるでしょう。

また、実績を出せていないことは単純に能力が乏しいと判断されるだけでなく、仕事への意識が欠けている・環境への適応能力がないと認識されても仕方ありません。

「こんな29歳が欲しい!」転職時に求められるスキルとは?

仕事をする人

社会人としての基本的な所作・常識

29歳という年齢的に、社会に出てそれなりの年月を過ごしていると言えます。そのため、ビジネスシーンにおいて求められる基本的な所作・常識は備わっていると認識されるでしょう。

 業務以外の部分を教えるとなれば、時間と労力を使うため負担となります。29歳になれば、基本的な部分は身に付けていると考えられて当然と言っても過言ではありません。

どのように業務遂行のため取り組むべきか、利益を上げるためには何が必要かなど、自分で考えて行動する能力が求められます。

業務で活かせる資格・スキル

仕事をする人

29歳という年齢で中途採用する場合、企業としては即戦力を欲することはほとんどと言っても過言ではありません。そのため、業務で活かせる資格やスキルを有することは重要です。

資格を取得していることは、きちんと必要な知識が身に付いていると言えます。つまり、業務の根本は理解できているため、指導をする時間・労力を短縮できるのです。

 さらに、資格を保有することで「資格手当」を受けられる場合があります。転職がしやすくなるだけでなく、金銭面でも魅力を感じられるでしょう。

転職先が今までと同じ業界で、既に保有するスキルや取得している資格が活かせる場合は、内定率アップが期待できます。

別業界に転職する際は、どういったスキル・資格が求められるかをリサーチが必要です。

前職での実績

仕事をする人

転職前の職場や業界にて、きちんと実績を出している人は人材として魅力的です。そのため、採用する側にとってはぜひ獲得したいと感じるでしょう。

 29歳は年齢的に若く、そのなかで実績をあげているとなれば能力が高いと期待できます。他の人と差別化を図れる点も、内定獲得へ向けたアピールとなる要素です。

転職活動において、実績はきちんと数値で伝えることが重要になります。営業であれば「月間成績〇週連続1位」「売り上げ目標達成率〇〇%」など、わかりやすい方が良いです。

積み上げてきた実績を、新たな転職先でどのように活かせるかを伝えられると大きなアピールに繋がります。

リーダーシップ

スーツを着た男性

29歳は30代を目前としているため、企業ではいわゆる中堅社員という位置づけになります。つまり、中途社員として獲得するにあたって、リーダー性は欠かせません。

 管理職として働くことがそう先ではないと想定されるため、社員をまとめられるリーダーシップは重要です。

以前の職場で少数ながらも社員をまとめていたという経験があれば、戦力として捉えてもらいやすくなります。

チームリーダーだけでなく、後輩社員の指導にあたっていた経験も、リーダー性と捉えてもらえる可能性があるでしょう。

29歳での転職が難しいのはどんな人?

パソコンを操作する人

先のキャリアがイメージできていない

29歳という中堅社員の位置となる年齢にも関わらず、先のキャリアをイメージできていない場合は、獲得したい人材とは言えません。

思い描くキャリアがないことは、成長にブレーキをかけていると言っても間違いではないでしょう。目標をきちんと持って働くことは、成長するうえで極めて重要です。

 理想とするキャリアプランを持っている人は、「いつまでにどうなるべきか」という考えを持ち行動しているため、仕事で成果をあげることが期待できます。

転職活動において、「転職理由」を明確に説明できることは欠かせません。面接でもキャリアプランを聞かれることは多々あるため、答えられなければ内定獲得は難しいでしょう。

転職理由がネガティブ

腕時計

以前の仕事を辞めて転職した理由がネガティブな場合、企業からすると魅力的な人材と感じにくいです。主に、以下の理由で転職をした場合は、獲得したい人材と捉えられにくくなります。

ネガティブな転職理由
  • 仕事内容が自分に向いていなかった
  • 上司との相性が合わなかった
  • 企業方針とのずれを感じた

業務における環境が劣悪で、働くことが困難な場合などは納得せざるを得ない部分です。しかし、転職理由があまりに軽率では、「また辞めてしまうのでは」と懸念されかねません。

「〇〇を実現したいために転職をした」というように、前向きな行動はプラスの評価に繋がりやすいでしょう。

あまりにスキルが不足している

スーツを着た男性

業務に対する専門的な知識・スキルが欠けている場合は、これからの成長に期待できます。しかし、あまりにも不足していると戦力に数えられないため、欲しい人材とは言えないでしょう。

 29歳という年齢からも、ある程度はスキルを有していなければ獲得に向けて動いてもらいにくいです。

また、業務に対するスキルはもちろんですが、ビジネスマンとしての基本的な部分が欠落していては、内定獲得を勝ち取ることは極めて難しいでしょう。

積極性・計画力・説得力など、ポータブルスキルが備わっていない場合も転職成功率は下がると考えられます。

29歳で転職を成功させる5つのコツ

スーツを着た男性

1.転職エージェントを活用する

29歳という年齢で転職成功率を上げるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントに登録することで、以下のメリットが期待できます。

転職エージェントを利用する主なメリット
  • 希望に沿った求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人に出会える
  • 書類添削・面接対策などを受けられる
  • 企業からスカウトを受けられる場合がある

転職エージェントでは、自身の希望をキャリアアドバイザーに伝えることで、求める理想に近い求人を紹介してもらえます。さらに、一般公開されていない非公開求人に出会える点も魅力です。

 応募書類の内容を濃くするために添削をしてくれたり、面接対策を実施してくれたりと、内定獲得へ向けたバックアップ体制が整っています。

また、転職エージェントによっては企業からスカウトを受けられるサービスを提供している場合もあるため、思いも寄らない出会いが期待できるでしょう。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるため、ぜひ登録してみてください。

2.今までの経験・スキルを整理する

仕事をする人

今までの社会人経験で得た知識やスキルなどをきちんと整理することで、どういった職種・業界で活かせるものがあるかを把握できます。

 取得している資格や過去の成果など、大きなアピールに繋がる要素は残さず採用担当者に伝えるべきです。

自身の能力が入社することでどのように活かせるか、しっかりとしたビジョンを描けていると、採用する側も成長が期待できるため獲得に向けて動いてくれるかもしれません。

3.視野を広げて転職先を考えてみる

転職先を考えるうえで、今までとは違った視点から物事を捉えて幅を持たせることも重要となります。29歳という年齢を変に意識せず、異業種へ挑戦することも一つです。

30歳目前ということもあり、未経験の業界へ飛び込むことに怖さを感じてしまう人は少なくないでしょう。しかし、その業界が実は自分の能力を最大限に引き出せるかもしれません。

恐れずチャレンジしてみることで、新たな自分に出会えるきっかけとなる可能性もあります。

4.転職する理由を明確に持つ

パソコン

なぜ転職をしたいか、その目的を明確に持っておくことは非常に重要です。「前職が自分に合わなかった」「社風が気に入らなかった」など、ビジネスマンらしからぬものは好ましくありません。

 「転職をして〇〇を実現したい」「スキルを活かして業界で成果をあげたい」など、具体性があれば採用する側も前向きに考えられます。

自分が描いているキャリアプランを叶えるには、転職が必要だったというように、強い想いが備わっていれば人材として魅力を感じられるでしょう。

面接官が思わず納得するような具体的な理由を用意しておくのがポイントです。

5.企業研究を怠らない

入社してからのミスマッチを防止するために、事前に企業研究はきちんと実施しておいてください。いざ入社してから考えが合わないとなれば、働くことが苦痛となりかねません。

また、企業研究をすることで、「考え方が同じ」という理解のもと、面接でのアピールに繋がります。しっかりと調査してくれていると面接官に感じてもらえれば、好印象となるでしょう。

29歳で転職するなら使いたい!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            まとめ

            この記事では、29歳での転職は遅いのか、そして転職するメリット・デメリットや求められるスキルなどを解説しました。

            29歳は30代目前とはいえまだ若いため、新たな業界へチャンレンジが可能です。また、企業側にとってはある程度の社会人経験があるため、即戦力と捉えてくれる場合があります。

            社会人としての基本的な所作や常識に加え、今までの経験で得たスキルや保有する資格など、転職時に求められる要素を事前に洗い出してアピールに繋げましょう。

            転職エージェントを活用すると、内定獲得へ向けてサポートを実施してくれます。

            記事内では29歳での転職におすすめの転職エージェントを紹介しました。内定獲得に向けて専任のアドバイザーがサポートしてくれるため、スキルがなくて悩んでいる人もぜひ一度相談してみてください。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事