28歳の転職は遅い?5つのメリットや成功させるためのポイントも解説

28歳の転職は遅い?5つのメリットや成功させるためのポイントも解説

30歳が目前と迫った28歳にもなると、今後のキャリアについて考えるでしょう。しかし、「28歳は転職の適齢期を過ぎてしまい、遅いのではないか」と転職を諦めてしまう人もいるかもしれません。

28歳での転職事情はどうなっているのか、気になるところです。

そこで今回は、28歳の転職について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 28歳の転職事情
  • 28歳で転職するメリット・デメリット
  • 28歳の転職を成功させるポイント
28歳の転職で利用したいおすすめの転職エージェントもご紹介するので、転職を考えているならぜひ参考にしてみてください。

28歳の転職は厳しい?実はキャリア形成に絶好の機会!

スマホとパソコンと履歴書

28歳での転職が遅いと言われることもありますが、決してそんなことはありません。ある程度の社会人経験がある28歳は社会の視野も広がっており、今後のキャリアプランを考えるに適した年齢です。

28歳の転職市場における価値を、正しく理解しておきましょう。

28歳の市場価値①即戦力になる

28歳は新卒入社であれば6年目になる年齢。社会人の経験をある程度積んでいるため、新しい職場でも即戦力として働くことができるでしょう。

 自分の仕事をこなすことに加え、後輩の指導や社内全体と、広く目を向けられる点も強みです。

即戦力として採用され仕事で結果が出せれば、年収アップやいずれは管理職を目指せるなど、キャリアアップも夢ではありません。

後輩を指導した、チームをまとめたといった経験があれば、即戦力としての説得力も増します。

28歳の市場価値②適応力が高いと判断される

握手

社会人経験が6年ほどなので最低限のビジネスマナーは備えつつも、会社に染まり切っておらず、新しい会社にもなじめる適応力があると判断されます。

職場でのコミュニケーションにも慣れているため、転職先でも早くなじめると思われやすいでしょう。

 企業側としては、以前の会社に染まりきっていると新しい会社になじめるのか不安に思うものです。

28歳であれば管理職よりも若いことが多く、指導しやすいと判断される点もポイントになります。

30歳を過ぎると年下ばかりで新しい職場になじみにくいということも少なくありません。

28歳で転職する5つのメリット

仕事をする人

1.キャリアやスキルを武器にできる

28歳なら、これまでの仕事の経験や実績という説得力の高いアピールポイントがあります。仕事で経験を残していたり、マネジメントや指導の経験がある人もいるかもしれません。

 キャリアやスキルを武器にできるという点は、20代前半にはないメリットでしょう。

これまでの経験を踏まえ、新しい会社での仕事に役立ちそうなことがあれば積極的にアピールするのがおすすめです。

これまでと同じ職種でなくても、ビジネスマナーや仕事に対する姿勢は、十分アピールできるでしょう。

2.仕事を経験したうえで適職を検討できる

ガッツポーズをするスーツ姿の男性

新卒入社する会社を検討するタイミングでは、自分の希望も明確ではないことも多々あります。これ!と思った仕事が向いていなかったり、理想と違っていたりすることもあるはずです。

 仕事をした経験を踏まえて自分のこれからのキャリアや適職を検討できるのは、大きなメリットだと言えます。

入社後に「こんなはずではなかった」と感じるミスマッチが起こりにくいでしょう。早期退職が起こりにくいという意味から、転職者を受け入れる企業にとってもメリットになります。

自分に合った仕事を取捨選択できるのは、それなりの社会人経験があってこそです。

3.ポテンシャル採用も叶う

28歳は新卒や第二新卒から抜けた年齢でありますが、まだポテンシャルが評価対象になる時期です。キャリアやスキルに自信がなくても、採用してもらえる可能性があるでしょう。

 30歳を超えると、ポテンシャルだけではなかなか採用につながらなくなります。

やる気があり新しい職場でも成果が出せそうか、将来会社をマネジメントする素質があるかという点から判断するのが、ここで言うポテンシャルです。

若さによるポテンシャルをしっかりアピールすることで、希望の転職が叶う可能性も十分にあるでしょう。

4.未経験転職にもチャレンジできる

仕事

28歳という年齢であれば、社会人としてはまだまだ若手に分類されるため、これまでと全く異なる未経験職種に転職できる可能性もあります。

 同じ職種での転職であれば年齢を重ねても可能性はありますが、未経験職種の場合は若いに越したことはありません。

最近では、人手不足やスキル不足といった理由から、社会人経験のある未経験者を積極的に採用し、スキルは入社後に身に付けてもらおうと考える企業も増えています。

30歳以降は経験者採用が多く、最後のチャンスかもしれません。気になる業種には、早めに飛び込んでみるといいでしょう。

5.公務員への転職も目指せる

公務員の場合、公務員試験を受けることができる年齢上限が職種ごとに定められています。28歳であれば、公務員の転職も目指せるタイミングです。

 公務員採用試験を受け、公務員を目指すのもいいでしょう。

28歳を過ぎると、受験資格のある公務員試験は少なくなります。公務員という選択肢があるうちに、早めに行動しておくのがいいでしょう。

公務員の種類や自治体によっても受験要項は異なるため、まずは確認してみましょう。

28歳で転職する2つのデメリット

仕事

1.収入が減る可能性がある

経験のある職種のキャリアアップ転職であれば、年収がアップすることもありますが、未経験職種やベンチャー企業への転職の場合、年収は少なくなる可能性が高いでしょう。

 給料はもちろん重要な要素ですが、収入への優先度をどこに置くか考えておく必要があります。

年収が下がっても転職したいという場合は、今後どのように上がるのかという実績を確認しておくようにしましょう。

家族がいる、近い将来家族をもつといった場合には、支えていけるだけの収入が期待できるかも考える必要があります。

2.転職のライバルが多い

20代後半から30代にかけて、これからのキャリアを考える人も多く、転職を検討する人も多いでしょう。25~34歳の転職者は多いため、必然的にライバルが多くなります。

 そのため、人気のある転職先の場合、実績がないと不利になることもあるかもしれません。

自分のスキルや強みをきちんと把握し、アピールポイントを探る事前準備を怠ると、思うような結果が出ないこともあります。

会社の求める人物像を見極め、自分が活かせる会社を見つけることが、成功率を高めるポイントです。

同業種の場合、現在の仕事で実績を残してから転職活動する方がスムーズに進む可能性もあるかもしれません。

28歳の転職で失敗する人の特徴は?

どっちの道か悩むスーツ姿の男性

ここでは、28歳の転職で失敗する人の特徴を紹介します。

28歳の転職で失敗する人の特徴
  • 企業研究をしっかりと行わなかった

  • 転職の目的が曖昧だった

  • 自分の能力を偽った

  • 内定が決まる前に退職をした

それぞれ、解説しますね。

企業研究をしっかりと行わなかった

28歳の転職で失敗する人の1つ目の特徴は、「企業研究をしっかりと行わなかった」ことです。

 給料や待遇だけに飛びついて職場を選んでしまうと、入社してからのギャップにがっかりしてしまうケースが少なくありません。

例えば「年収が上がるから転職したけど残業や休日出勤が当たり前の会社だった」「待遇は良かったけど仕事がつまらなかった」のようなギャップです。

このようなギャップを感じると気持ちが沈んでしまい、再度気持ちを上向けることは難しいでしょう。入社後のギャップを防ぐためにも、企業研究はしっかりと行うことが大切です。

企業研究は求人情報だけでなく、会社のホームページや転職サイトの口コミなどを確認することをおすすめします。

転職の目的が曖昧だった

28歳の転職で失敗する人の2つ目の特徴は、「転職の目的が曖昧だった」ことです。

転職の目的が曖昧であると転職してからしばらく経った時に「なぜこの会社に転職してしまったのだろう」と気持ちが沈むことがあります。

転職活動をするうえで、転職の目的を明確にすることは大切です。転職の目的を定めるポイントは以下を参考にするとよいでしょう。

転職の目的を定めるポイント
  • 自分のスキルや経歴を活かせる会社かどうか
  • 転職先で何がしたいのか
  • 転職後のビジョンはあるのか

転職活動を始める前に上記を洗い出し、転職の目的を明確化することをおすすめします。

転職の目的が曖昧では、理想の転職が叶いにくくなります。

自分の能力を偽った

28歳の転職で失敗する人の3つ目の特徴は、「自分の能力を偽る」ことです。良いところに転職したいからといって、自分の能力を偽ってはいけません。

 自己PRは大切ですが、あくまで本来の自分に基づいた範囲で自己PRをしなければ、結局は自分の首を絞めてしまいます。

偽った能力で転職できたとしても、配属先でボロが出てしまうことは珍しくありません。転職活動は、偽った能力で自分を大きく見せようとせずに、誠実な気持ちで臨むことが大切です。

自分に合った職種や業界を理解していれば、能力を偽らなくてもあなたを採用したいと考える企業は存在します。

内定が決まる前に退職をした

28歳の転職で失敗する人の4つ目の特徴は、「内定が決まる前に退職した」ことです。内定が決まる前に退職してしまうと収入が途絶えます。

転職活動が長引いた際に、妥協して転職先を選んでしまい、理想の転職が叶わなかった人は少なくありません。現職を続けながらの転職では、経済面でも余裕があるので、冷静な判断で転職先を選ぶことが可能です。

今の会社を早く辞めたい場合でも、転職活動は現職を続けながら行うことをおすすめします。

28歳の転職を成功させるポイント

ポイントと書かれた紙をもつ男性

自己分析を丁寧に行う

中途採用の場合、社会人としてどんな考えを持っているかに注目されるでしょう。そのため、丁寧な自己分析で、自分の考えを明確にしておく必要があります。

 自己分析とは、自分の強みや実績、これからのキャリアプランやライフプランなどを言語化していく作業です。

自己分析を徹底的に行うことで理想が明確になり、求人を探す方向性が固まることにもなるでしょう。

自己分析は応募書類や面接でも必要になります。ここがしっかりできていると、自信をもって自分を売り込めるでしょう。

即戦力とポテンシャルをしっかりアピール

仕事

28歳、即戦力となれるそれなりの経験もありつつ、今後の成長も期待できる絶妙な年齢です。使えるモチ札をしっかり有効活用するためにも、即戦力とポテンシャルの両方をアピールしましょう。

 周囲から学びたいという意欲やこれまでの仕事で培ったマネジメント力がアピールできるのがベストです。

特に重要となるのは、新しい職場のやり方を受け入れられる謙虚さでしょう。これまでの職場にとらわれず、成長したいという気持ちを示すと、ポジティブな印象を与えることができます。

今後のキャリアプランを明確にしておく

28歳の転職を叶えるためには、今後どんなキャリアを進んでいきたいのかを明確にしておかなくてはなりません。キャリアプランが描けていないと、計画性がないと判断され採用にはつながらないでしょう。

 数年後のビジョンをきちんと言語化し、面接でも伝えられるようにしておく必要があります。

自分の目標はもちろんのこと、会社にどう貢献できるかという点まで考えておけば、将来的なポテンシャルを評価してもらえるかもしれません。

自分のキャリアプランが会社の方針と合っているかどうかも、転職先を決める判断材料のひとつです。

転職エージェントを活用する

パソコン

現在の仕事の傍ら転職活動を進める人も多く、いかに時間を確保するかが最重要課題になります。忙しい、自分だけで転職活動をするのに不安があるといった場合には、転職エージェントがおすすめです。

 転職エージェントは、転職のプロが転職活動の工程を無料ですべてサポートしてくれるサービスのこと。

自己分析や求人の紹介、応募書類の添削、模擬面接など、的確なサポートを受けられるため、効率よく転職活動を進めることができます。

また、転職サイトには掲載されない、比較的条件のいい非公開求人を紹介してもらえる点もメリットです。

応募や条件交渉なども代行してくれるため、希望の転職を叶えられる可能性も高まります。

28歳の転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を保有※公式サイトの文言による
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 独自分析した業界や企業の情報を提供

「リクルートエージェント」は、豊富な求人数を誇る大手の転職エージェントです。公開求人だけでも十分多いですが、非公開求人はさらに多いため、選択肢が広がります。

 さまざまな業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるため、未経験業界へチャレンジしてみたい28歳にもおすすめです。

リクルートが独自に分析した業界や企業の情報を提供してくれるため、利用しない手はないでしょう。

保有求人の多さは転職エージェントの強みです。選択肢を広げたいなら、ぜひ活用しましょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月25日時点 197,349件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界専任のキャリアアドバイザーが転職をサポート
  • リアルな企業情報を提供
  • 夜間や土曜日の相談も可能

「マイナビエージェント」で担当してくれるのは、各業界専任のキャリアアドバイザーです。転職活動の不安や疑問に向き合い、最適な求人を提案してくれます。

 求人票だけではわからない詳細な情報は企業営業担当者が提供してくれるので、リアルな情報が得られるのもポイントです。

夜間や土曜日の相談も受け付けてくれるため、仕事をしながらの転職活動と両立がしやすいでしょう。

求職者と企業両方のマッチング力を強化するため、ヒアリングを大事にしている転職エージェントです。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月25日時点
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

おすすめポイント
  • 20代×未経験求人に特化した転職エージェント
  • マイナビの転職ノウハウがある
  • 自己分析に役立つ適性試験が受験できる

「マイナビジョブ20’s」は、20代の転職に特化した転職エージェントです。未経験OKの求人が70%を占めているので、はじめての職種への転職でも安心して利用することができるでしょう。

 多くの就職・転職に関わってきたマイナビのノウハウにより、転職をしっかりサポートしてもらうことができます。

登録後、適性診断を受けることが義務付けられており、転職活動で必要な自己分析にも役立てることができるでしょう。

個別相談会も定期的に実施されており、転職するか悩んでいる、情報収集がしたいという人にもおすすめです。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
  • スカウトサービス
公開求人数※2022年5月25日時点
対応エリア 全国

出典:マイナビジョブ20’s
※公式サイトの文言による

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職に強い
  • 幅広い求人を保有しマッチングを重視して提案
  • 保有している求人のほとんどが非公開求人

「DYM就職」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した転職サービスです。研修が充実している、未経験歓迎といった求人が多く、スキルに自信がなくても安心でしょう。

 一部上場企業からベンチャー企業と幅広い求人から、マッチングを考えた提案をしてくれます。

公開求人は少ないものの、保有している求人のほとんどが非公開求人です。よって、自分一人では見つけられなかった好条件の仕事に出会えるかもしれません。

内定後も入社手続きの代行や退職の相談と、しっかりフォローしてくれます。

運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月25日時点
対応エリア
  • オンライン:全国可
  • 対面:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡

出典:DYM就職

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 若い世代向けの仕事紹介カウンター
  • 専任キャリアコーディネーターと直接面談
  • 訪問取材した求人のみを取り扱う

「就職Shop」は、若い世代向けに仕事紹介を行うサービスです。転職できればいいというスタンスではなく、「ここで働きたい!」と思えるような転職をサポートするため、100%訪問取材した求人のみを取り扱っています。

重視しているのは、求人票にあるような情報だけでなく、働く様子がイメージできるような情報を集めること。

 直接顔を合わせてひとりずつ面談することが、就職Shopでの転職活動の第一歩です。

未経験の若い世代の採用・育成経験があり、未経験歓迎、書類選考なしで面接重視といった求人がメインのため、経験やスキルに自信がなくても安心です。

面談必須のため、まずは就職Shopの店舗が近くにあるか確認してみましょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年5月25日時点 10,000件
対応エリア 首都圏、関西

出典:就職Shop

よくある質問

28歳の転職は難しいのか?
28歳は転職に有利な年齢です。新卒入社であれば、社会人6年目に相当し「即戦力になる」可能性があります。また、社会人6年目はビジネスマナーを備えつつも、今の会社に染まりきっていないので、新しい会社にもすぐに馴染める「適応力」が魅力です。
28歳で転職するメリットは?
「キャリアやスキルを武器にできる」「ポテンシャル採用が叶う」「未経験転職にもチャレンジできる」ことが挙げられます。28歳は若手に分類されるため、ポテンシャル採用が期待できます。よって、未経験分野に挑戦したい人はチャンスになるでしょう。
28歳で転職するデメリットは?
「収入が減る可能性がある」「転職のライバルが多い」ことが挙げられます。未経験分野への転職は年収が下がる可能性があるので注意しましょう。また、25歳〜34歳の転職者は多いため、必然的にライバルも増えます。
28歳で転職を成功させるポイントは?
「即戦力とポテンシャルをアピールする」「今後のキャリアプランを明確にする」「転職エージェントを利用する」が挙げられます。28歳はそれなりの経験もありつつ、今後の成長も期待できる年齢です。即戦力とポテンシャルはしっかりとアピールしましょう。
28歳で転職を失敗する人の特徴は?
「企業研究を行わなかった」「退職してから転職活動をした」が挙げられます。退職してから転職活動をするのはおすすめしません。収入が途絶えることから、焦って転職先を決めてしまい、理想の転職が叶わなくなります。
28歳で転職したほうが良いケースは?
キャリアップのためなら転職する方がよいでしょう。職場環境を変えるだけでも、キャリアップは簡単になることがあります。28歳は市場価値も高く、キャリアアップが実現しやすい年齢です。また、今の職場に大きなストレスを抱えている人も転職することで解決するかもしれません。
28歳の転職におすすめの転職エージェントは?
「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「DYM就職」がおすすめです。これらは28歳向けの求人数が豊富であり、転職サポートも充実しています。

まとめ

今回は28歳の転職について、メリットやデメリット、成功させるポイントなどを解説しました。

28歳の転職は決して遅くはありません。むしろ、即戦力とポテンシャルの両方をアピールポイントにできる絶妙な年齢です。転職したいと考えているなら、まだ若い20代のうちに行動に移すことをおすすめします。

転職経験が少ない20代は、転職のプロがサポートしてくれる転職エージェントを活用するのがいいでしょう。

求人の紹介はもちろんのこと、煩わしい転職の工程をしっかりサポートしてくれるため、忙しい中でも安心して転職活動を進めることができます。

記事内では無料で利用できる28歳におすすめの転職エージェントをご紹介したため、自分に合ったサービスを上手く活用しながらぜひ希望の転職を叶えてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事