25歳は転職のチャンス?成功させるコツやメリット、失敗例も紹介

25歳は転職のチャンス?成功させるコツやメリット、失敗例も紹介

社会に出て数年が経った25歳というタイミングで、転職しようかどうかと悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。そこで気になるのが、25歳の転職事情です。

25歳での転職は遅い?転職しやすさはどうなの?どう転職活動をすればいいの?と気になることも多いですよね。
そこでこの記事では、25歳での転職についての疑問を解消していきます。
この記事でわかること
  • 25歳の転職事情
  • 25歳で転職するメリット
  • 25歳の転職でよくある失敗例
  • 25歳での転職を成功させるポイント

25歳におすすめの転職エージェントについても紹介していきます。これからの人生を考えるきっかけにしてみてください。

25歳での転職は遅い?

初心者マーク

結論から言うと、25歳での転職は遅くありません。

 転職市場における25歳は、第二新卒に分類されるピークの年齢になります。

第二新卒に明確な定義はありませんが、一般的に第二新卒は大卒入社後3年以内を指すのが基本です。企業によっては新卒よりも第二新卒を積極的に採用するケースもあり、チャンスもたくさんあるでしょう。

第二新卒が採用されやすい理由
  • 新卒よりも社会人としての基礎があると判断される
  • 中途採用よりも柔軟性が高く会社になじみやすい

また、女性にとっても、25歳の転職はちょうどよいタイミングでしょう。出産後も働き続けたいなら、産休や育休の取得までに信頼関係を築いておくのがベストです。

25歳で転職し2~3年働いて出産という流れなら、復帰後して活躍し続けられる可能性が高いでしょう。

25歳で転職する4つのメリット

スーツを着た男性

メリット①実務経験をアピールできる

大学卒業して新卒採用された場合、3年間同じ企業で働き続けた実績と実務経験があります。

 第二新卒の枠の中で一番長く社会経験のある25歳は、実績や経験もアピールできるため、最も有利です。

若さや成長性に加え、実務経験やスキルもアピールポイントに含めることができるため、経験の浅い第二新卒よりも優位に立つことができるでしょう。

メリット②未経験の業種にもチャレンジしやすい

ガッツポーズをするスーツ姿の男性

基本的に中途採用は即戦力としての力が求められるため、実績やスキルの有無がものを言います。しかし、25歳はまだまだ若く、仕事をしながらスキルを積むことも充分にできる年齢です。

 未経験の業種にチャレンジしたいと考えているなら、25歳の今がチャンスだとも言えるでしょう。

「新卒で希望した職に再チャレンジしたい」「今と全く違う業種で頑張ってみたい」という人は、将来性を見込んで採用してもらいやすい25歳の間に行動するのがおすすめです。

今後未経験の業種に転職したい場合は、ハードルが高くなってしまうでしょう。

メリット③ポテンシャル採用も使える年齢

仕事に対する熱意や意欲といったポテンシャル採用が有効なのも、25歳での転職のメリットです。

 今現在のスキルではなく、育成ありきのポテンシャルを重視してもらえる可能性があるでしょう。

社会人経験によるマナーや一般常識を身に付けており、かつ若さならではの柔軟性もあると判断されると、内定への道が開けます。

簡単に言うと、やる気があってコミュニケーションが取れること、これがポテンシャル採用の最低条件です。

メリット④経験がないため企業側も採用のハードルが低い

ミーティングをする人

ある程度年齢を重ねスキルもある中途採用の場合、給与は高くなりますが、まだ経験やスキルが少ない25歳の給与はそう高くないでしょう。

 そのため、採用する企業目線で考えると、採用のハードルが低いということになります。

そこを踏まえて、大手企業に挑戦するのもいいかもしれません。

25歳で転職するべき人は?

どっちの道か悩むスーツ姿の男性

25歳は転職においてベストな年齢です。とはいえ、絶対に転職するべきとも言い切れません。勢いで転職してしまい後悔しないためにも、慎重に考える必要があります。

ここでは、25歳で転職するべき人について紹介します。

25歳で転職するべき人
  • 挑戦したい職種・業界がある
  • 今の会社であまり成長が感じられない
  • ストレスで体調に支障をきたしている

それぞれ、みていきましょう。

挑戦したい職種・業界がある

25歳で転職した方が良いケースの1つ目は「挑戦したい職種・業界がある」場合です。

 新卒で入社したものの、働いていくうちに他の職種や業界に挑戦したいと思うことは不思議ではありません。

例えば、「事務職として入社したがものづくりに興味を持った」「プログラマーに挑戦したい」など他の職種が魅力的にみえることはあるでしょう。

25歳なら未経験でも受け入れてくれる企業がたくさんあります。「挑戦したい職種・業界がある」場合は、転職を検討しましょう。

自分のやりたいことが見つかった場合は、早めに行動しましょう。

今の会社であまり成長が感じられない

転職

25歳で転職した方が良いケースの2つ目は「今の会社であまり成長が感じられない」場合です。

 25歳は若くて吸収力のある年齢であるため、成長が感じられないと仕事のモチベーションを保つことが難しくなるでしょう。

この場合に重要なのが、「ある期間においてどれくらい成長したのか」を振り返ってみることです。

成長実感を得るためには、始まりの期間と終わりの期間を設定して差分を意識しましょう。

ある期間において成長を実感できない場合は、25歳の若さを考えると大きな機会損失になりかねません。

何を持って成長と判断するかは人それぞれですが、あなたが理想とする成長が見込めないようであれば、転職を検討しましょう。

ストレスで体調に支障をきたしている

25歳で転職した方が良いケースの3つ目は「ストレスで体調に支障をきたしている」場合です。

人間関係や仕事の忙しさのストレスは自分では解決することができません。以下のような職場は、注意が必要です。

注意が必要な場合
  • サービス残業や休日出勤が当たり前
  • 上司のセクハラ・パワハラが横行している
  • 社内の人間関係が修復不可能

25歳という年齢でこのような職場で働くことは機会損失になります。

 また、職場の環境が原因で、「眠れない」「食べられない」「気分が沈む」「胃腸が痛い」のような症状が続いているなら、なおさら注意が必要です。

万が一、鬱病を患ってしまったら、完治するまで大変長い時間を要する可能性があります。ストレスで体調に支障をきたしている場合は、今すぐに転職を検討すべきでしょう。

25歳で転職すべきでないのはどんな人?

25歳は転職におすすめの年齢ですが、当然すべての人が転職すべきというわけではありません。ここでは、いくつかの例にに当てはまるなら、改めてどうすべきかを考えてみましょう。

具体的な転職イメージができていない人

バツが書かれた紙

25歳で転職を考えている人の中には、「今の会社や仕事が嫌だ」という理由だけで転職を決めてしまう人もいるでしょう。

しかし、転職イメージができていないと、転職先でも同じような事態に陥り、転職を繰り返してしまうことにもなりかねません。

漠然としたまま転職活動を進めるのではなく、どんな職種に就きたいのか、どうなりたいのかを、具体的にイメージすることから始めましょう。

転職でキャリアアップを目指したい人

転職でキャリアアップを目指す場合、中途採用枠で応募するのが一般的です。第二新卒枠では、特別なスキルがない限り、基本的にキャリアアップには直結しません。

現在と同じ業界や職種でキャリアアップを目指したいなら、今の職場で経験を積み、経験者として転職するのがベストでしょう。

転職のタイミングを見極めることも大切です。

転職回数が2~3回以上

25歳の時点で転職回数が2~3回以上だと、どうしてもネガティブな印象がつきまといます。

 複数回の退職に納得してもらえるような理由が説明できないと、内定への道は厳しくなるでしょう。

それができないようであれば、今の仕事を長く続ける方法を模索してみるのもいいかもしれません。

25歳の転職でよくある失敗例

頭を抱えるスーツ姿の男性

経歴を過大評価しすぎている

前職が大企業だった場合、そのネームバリューに頼ってしまうスキルを過大評価してしまうといったこともあるかもしれません。新卒は売り手市場と言われており、大企業への就職の難易度は低めです。

1社目の経歴を過大評価してしまうようなアピールは、25歳の転職には逆効果になってしまうため、ゼロから学ぶという素直な姿勢をアピールすることが大切です。

自分に自信を持つことと過信は紙一重!謙虚さを念頭に置いて転職活動を進めましょう。

転職理由をごまかす

話し合う女性

25歳で転職するということは、3年以内に会社を辞めたということ。そのため、採用する企業は「すぐに辞めてしまうのではないか」という点を不安に感じるでしょう。

 転職理由を明確にしないと、その不安を払拭することができず、内定につながらない可能性が高くなります。

転職理由はどうであれ、ごまかすのではなく正直に伝えるようにしましょう。

企業研究を怠る

転職活動において、企業研究の有無は本気度の有無になります。企業研究を怠ったまま面接に臨んでも、本気度は伝わらないでしょう。

会社に在職したまま転職活動をする場合、新卒のときのように準備の時間が十分に取れないこともあるかもしれませんが、時間を割いて勉強しておく必要があります。

企業の強みや社風、事業内容などを理解し、強みや適性、希望する働き方に見合うかを考えてみましょう。

25歳で転職を成功させる3つのポイント

アイデアを提示するスーツ姿の男性

転職エージェントを活用する

転職しよう!と心を決めたら、転職エージェントを使った転職活動をおすすめします。

転職エージェントとは、転職活動のすべての工程をサポートしてくれるサービスのこと。サポート内容の一例は以下通りです。

転職エージェントのサポート内容
  • 求人探し
  • 求人紹介
  • 求人の応募手続き
  • 応募書類の添削
  • 面接の日程調整
  • 模擬面接
  • 配属先の交渉
  • 入社関連手続き

よく似たサービスに求人サイトがありますが、エージェントサービスのない求人サイトの場合、求人検索から応募まですべて自分ひとりで行わなければなりません。

 担当がつき二人三脚で転職活動を進めていくのが、転職エージェントの特徴です。

また、転職エージェントにより得意とする業界や年齢層は異なります。また、担当者によっても、サポート内容が変わるでしょう。

転職エージェントには、転職サイトに掲載されない非公開求人も!条件のいい求人に出会える可能性も高まります。

自分の強みや適性を理解する

転職活動の第一歩としてすべきことは、何といっても自己分析です。キャリアの棚卸しをして、自分の強みや適性を理解することが、転職活動に役立ちます。

 これまでに自分が携わった業務や経験を書き出し、整理してみましょう。そして、各業務で求められる知識やスキルを当てはめていきます。

これまで経験した業務は、あなたのスキルになります。そして、その中でこれからも続けていきたいことが、強みや適性です。

強みとは人より優れていることはではなく、困難があっても継続できること。強みを仕事にすることで、あなたの価値が発揮できるはず!

今後のキャリアの希望を考える

ステップアップ

仕事で自分がどうなっていきたいのかという、今後のキャリアを考えておくことも重要です。キャリアビジョンが固まっていない場合、転職を繰り返してしまうこともあるかもしれません。

 転職してどんな仕事がしたいのか、将来的にどうなっていきたいのか、あらかじめ考えておきましょう。

きちんと言語化しておくことで、志望動機や自己アピールにも活用することができます。

25歳の転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を含め求人数が多い
  • 質の高いキャリアアドバイザーによるエージェントサービス
  • 転職サポートが充実

株式会社リクルートが運営する転職エージェントが、リクルートエージェントです。独自の人脈を元にした求人数は、公開求人と非公開求人合わせて40万件もあります(2022年2月現在)。

 強みを見つけたり、スキルに合う求人を紹介しリクルートエージェントたりと、各業界に精通したキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれるため、転職経験が少なくても安心です。

独自に分析した情報を提供してもらうこともできるため、企業ごとにしっかりと対策をしていくこともできるでしょう。

保有求人数の多さは、転職エージェントの強みです。求人数を重視するなら、リクルートエージェントは外せません。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月5日時点 162,714件
対応エリア 全国

出典:リクナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 転職活動の疑問を解消してくれるから初めての転職におすすめ
  • マッチング力向上に注力
  • 徹底した面接対策

マイナビエージェントは、各業界ごと専任のキャリアアドバイザーを配置。ひとりひとり担当がつき、初めての転職の悩みや不安にも丁寧に対応してくれます。

また、企業への営業を行うリクルーティングアドバイザーも、求人票ではわからない企業の生の声や情報を教えてくれます。

 マイナビエージェントの魅力は、マッチング力の高さ!企業と求職者それぞれにしっかりヒアリングを行い、最適な求人を提案してくれるでしょう。

また、内定獲得に直結するよう、面接の対策にも力を入れています。面接が苦手な人は、ぜひ受けておくことをおすすめします。

模擬面接によるアドバイスはもちろん、過去の質問内容、伝えるべき情報など、具体的な指導を受けることができます。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月5日時点 34,600件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 公開求人も多く転職サイトと転職エージェント両方の機能を持つ
  • 転職オンライン予備校を毎月開催
  • 転職活動についてのコラムも充実

非公開求人はもちろん公開求人も多く、転職サイトと転職エージェント両方の機能を希望に応じて使い分けることができるのがdodaです。いろいろな検索方法が用意されており、希望に沿った求人を見つけやすいでしょう。

 転職活動に役立つ転職オンライン予備校は毎月開催!セミナーや個別相談を、転職活動の第一歩にしてみるのもおすすめです。

転職活動の流れや応募書類のテンプレート、転職エピソードなど、転職にまつわるコラムも充実しており、転職活動の疑問を解消することもできるでしょう。

転職のプロのサポートを受けるなら、エージェントサービスがおすすめ!業界最大級の求人も魅力です。

運営会社 パーソナルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月3日時点 121,219件
対応エリア 全国

出典:doda

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 20代の転職をサポートする転職エージェント
  • 紹介するのは適正があると判断した求人のみ
  • 1社ずつ企業に合わせた面接対策を実施

ハタラクティブは、スキルや経験の少ない第二新卒や既卒、フリーター、ニートなど、20代向けの転職エージェントです。

未経験歓迎の企業や研修・教育体制がしっかりした企業など、20代が安心して働ける求人を提供しています。

 学歴や職種に関わらず利用できるのが、ハタラクティブの魅力です。

向いている可能性が高い求人を厳選して紹介してくれるため、仕事選びで迷いにくいでしょう。平行して何社も選考を進めるのではなく、ここ!と決めた1社ずつしっかり面接対策をしてくれます。

企業に合わせてしっかり対策するから、内定に直結しやすくなります。平均2~3週間以内に内定を獲得しているそう!

運営会社 レバレジーズ株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
求人数※2022年2月5日時点 非公開求人を含め常時2,300件以上
対応エリア 全国

出典:ハタラクティブ

DYM就職

DYM転職

おすすめポイント
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした転職エージェント
  • 未経験業種への転職も可能

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した転職エージェントです。

 取り扱いしている求人の中には未経験歓迎の求人が豊富に用意されています。

ひとりひとり担当がつき、内定まで親身にサポートしてくれるため、初めての転職でも安心です。

企業とのつながりも強く、書類選考なしで面接に進める企業もあり、効率的に転職活動を進めることができます。

運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2021年12月時点
対応エリア 全国

出典:DYM就職

よくある質問

25歳での転職は遅いのか?
25歳での転職は遅くありません。転職市場における25歳は第二新卒のピーク年齢です。新卒よりも第二新卒を優先する企業が増えてきているので、25歳での転職は全く遅くありません。
25歳で転職するメリットは?
「未経験業界にチャレンジできる」「ポテンシャル採用が使える年齢」が挙げられます。ある程度年齢を重ねてスキルもある中途採用の場合は、給与が高くなりがちです。しかし、実績が少ない25歳の給与は高くないため、採用ハードルが下がります。
25歳で転職すべきではない人は?
「具体的な転職イメージができていない人」は転職すべきではありません。転職のイメージができていないと転職先でも同じような事態に陥るでしょう。転職をするからには転職目的を明確化することが大切です。
25歳の転職でよくある失敗例は?
「企業研究を怠る」「経歴を過大評価している」が挙げられます。転職活動において、企業研究は重要であり本気度の有無に繋がります。企業研究を怠った状態で面接を行っても採用担当者に熱意は伝わらないでしょう。また、経歴を過大評価するのも良くありません。ゼロから学ぶという姿勢をアピールするようにしましょう。
25歳の転職を成功させるポイントは?
「自分の強みや適性を理解する」「今後のキャリアを考える」「転職エージェントを利用する」が挙げられます。まずは自分のキャリアプランを明確化させましょう。客観的な意見が必要な場合は、転職エージェントを利用すると良いです。
25歳におすすめの転職エージェントは?
「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」をおすすめします。大手の転職エージェントで第二新卒の求人を数多く取り扱っています。また、転職支援も充実しているので、転職が初めての方でも安心して利用できますよ。
25歳で転職すべき人は?
「挑戦したい業界・職種」がある場合は、転職を検討しましょう。25歳は未経験業界に挑戦しやすい年齢なので、はやめに行動することをおすすめします。

まとめ

第二新卒枠で採用してもらえる25歳は、転職に有利なタイミングです。しかし、安易な転職は失敗の元!自己の強みや転職後のキャリアの希望を明確にして、着実に転職活動に駒を進めていきましょう。

スキルはなくとも若さがある、これは25歳の大きな価値です。やる気を前面に出して転職活動に臨みましょう。

転職活動の進め方がわからない場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロにしっかりサポートしてもらうことが、転職に有利なタイミングで転職を成功させる近道です。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事