リクルート求人広告代理店 株式会社yell(エール)のトップ

求人募集に関するご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ0120-951-231受付 平日9:00~18:00

プロが教える採用ノウハウCOLUMN

短所も魅力!?血の通った求人広告の創り方とは

短所も魅力!?血の通った求人広告の創り方とは

  • シェア
  • ツイート
  • G+ Share
  • はてなブックマーク

2017.08.25

業界最高水準の給与。休日はたっぷり。
福利厚生や待遇も申し分なし。
オフィスには最先端の設備が整っていて、観賞植物といい匂いで満たされている。
駅からも近く、キャリアアップもスピーディー。
中途入社のハンデや社歴に関係なく、実力に応じた昇進が狙える。
もちろん仕事のやりがいは言うまでもなく、その上職場の雰囲気はアットホーム!
気の合う仲間とともに自分らしい毎日が送れます!

――ここに、そんな謳い文句の会社があったとします。

では、そんな会社が「働く人が足りません!」という“求人広告”を出していたとしたら、印象はどうでしょうか。

「本当にそんなにいい会社なら、辞める人なんていないのでは…?」
「それでも人が足りなくなるなんて、他になにか重大な問題が…?」

などと疑問に思ったり、あるいは怪しんだりしてしまうのではないでしょうか。

「裏」の「裏」を読もうとするユーザー

転職はいわば、新たな環境へ自ら飛び込みに行くようなもの。

求職者は常に、自分が次に行く場所を見極めようと目を凝らしています。
失敗しないように、あるいは、これを最後の転職とするために。

中には少しでも疑問に感じたところにはチェックをつけていく人もいるそうです。
時には「こんなにいい条件ばかり書いてあるなんて、本当はウソなんじゃないか」と疑り深くなってしまうこともあることでしょう。

すべての転職希望者に当てはまるわけではありませんが、『会社に入る前に感じていたイメージと、入った後の事実に差があった』と感じたことのある人は、潜在層も含めれば相当な数にのぼるはずです。

「思っていた会社と違う…」
「こんなはずではなかったのに…」

そんな悲しい失敗を繰り返さないために、求職者が慎重になるのは道理かもしれません。

入社後のミスマッチを防ぐために

欠点が一切ない人間がいないように、会社にも「不得意な分野」があるのは当然のこと。
どれだけ急成長中の新鋭ベンチャーであったとしても「大手並みの安定した歴史がない」といわれてしまえばそれまでです。

反対に、どれだけ業界の老舗として名を馳せている大手企業だとしても「年功序列制が染みついていそう」と穿った見方をされる可能性からは逃れられません。

本当にほしいのは、その企業が持つ“いいところ”だけでなく“弱いところ”まで認め、すべてを含めた上で一緒に成長していこうとする人材ではないでしょうか?

欠点があるのなら、そこを美しい言葉で飾り立てて隠すのではなく、あえてさらけ出してみる。
その上で、「欠点を補って余りある魅力」を打ち出した方が、求職者に本来の魅力が伝わるはずです。

実際にあった事例:「中小企業のコンプレックス」を超える

「どうせ今時、大手企業じゃないと応募なんてこないんでしょ?」

これは、私たちが担当させていただいたお客様の中からいただいた実際の声です。

このお客様は、業界こそ人気のあるジャンルでしたが、社員数20名以下という小規模な企業体制に対して“コンプレックス”に近いものを感じられていました。

「大手と同じ土俵で戦っても負ける」
とおっしゃるお客様に対して、私たちが行ったのはこんな提案です。

「それでは、大手企業様とは別の土俵で戦いましょう!」

確かにその企業様は企業規模こそ大手企業には敵わなかったものの、少数精鋭だからこそ実現できる『フットワークの軽さ』や『対応スピードの速さ』、そして『お客様との距離の近さ』に関しては、実行までに多くのフローを必要とする大手には決して勝てない強みがありました。

そこで私たちは『自分たちは大手ではない』ということを記載した上で、『中小企業ならではの魅力』を全面的にアピールする原稿を作成。

取材で行ったヒアリングをもとに、“少数精鋭の環境で働きたい!”というターゲットに響くような文言をふんだんに散りばめました。

結果、見事にターゲット層の採用に成功!

「もともと大手にいたんですけど、何をするにも決裁を取らなきゃいけないのが動きづらくて……。だから新しく入る会社では、社員1人1人の顔が見える環境で、どこよりもお客様に近い仕事がしたかったんです!」

そう語る新入社員の方は、とてもいい表情をされていました。

まとめ

これから新しく採用する方は、いずれ会社の一員となるメンバー。
入社前にどれだけウィークポイントを綺麗に覆い隠したとしても、いざ働き始めてしまえば、いずれ実情はわかるもの。

今ある長所の魅せ方を工夫するのは大切ですが、弱点を背伸びする必要はありません。
むしろ「欠点も魅力」ととらえることで、本当にほしいターゲットへの訴求を強めた方が、お互いにWin-Winな関係が築けそうですね。

リクナビNEXT特別キャンペーン実施中!

yell_staff執筆者プロフィール関口 裕美

求人広告ライターおよびディレクター。中途採用領域を中心に、新卒採用、アルバイト採用など幅広い求人広告制作を担当。

株式会社yellへのお問い合わせ

当社サービスにご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

0120-951-231受付 平日9:00~18:00

 お問い合わせ

個人情報保護方針TOPへ

お問合せは、お電話・メールにて受け付けております。